エンタメ

【エンタがビタミン♪】高橋みなみ 秋元康とAKB48の歴史を作った“リーダー”卒業の重み

2016年04月09日更新
【エンタがビタミン♪】高橋みなみ 秋元康とAKB48の歴史を作った“リーダー”卒業の重み

峯岸みなみ、高橋みなみ、前田敦子、小嶋陽菜(出典:https://www.instagram.com/atsuko_maeda_official) 4月8日、AKB48劇場で『高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~』が行われた。

同日夜に放送された『中居正広のキンスマスペシャル』では“高橋みなみ”をテーマにAKB48での歴史を振り返るなか、秋元康とのやりとりなどメンバーさえ知らなかった事実が明らかとなる。

『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)には高橋みなみをはじめ、小嶋陽菜、峯岸みなみそして前田敦子が出演した。

前田は放送前日に『前田敦子 atsuko_maeda_official Instagram』にて「AKBの高橋みなみには私が欠かせないと泣くほど嬉しい事を言っていただき、スタジオに呼んでいただきました」とオファーを明かす。

たかみなが「私は前田敦子にはなれない」と気づいて“リーダー”の座を目指したように、初期のAKB48において2人はエースとリーダーという立場で切磋琢磨することとなる。

前田は総合プロデューサーの秋元康とメールでざっくばらんなやり取りをしたと言われるが、一方でたかみなと秋元の間ではグループの将来を左右する言葉が交わされていた。

当時、年上のメンバーもいることから強く言えず、リーダーとしての立ち位置に迷っていたたかみなに秋元から長文のメールが届いた。

「誰からもいい人と思われようとせず、自分の意思を曲げずに伝えればいい。

“嫌われる勇気を持ちなさい”」というものだった。

その言葉で覚悟を決めた彼女はリーダーとして大きく成長する。

やがてAKB48が売れ始めて人気が出ると、メンバーに遠慮してスタッフが強く指示できない状況が生まれた。

そんな姿を懸念して、たかみながスタッフ達に「嫌われる勇気を持ってください」と言い聞かせたこともある。

ある時、メンバーの誕生日パーティーで盛り上がっていると全員に秋元康から一斉メールが届く。

「僕は死ぬ気でやってます。

みなさんは死ぬ気でやってますか。

死ぬ気でやれない人はこの船から降りてください」という趣旨が書かれていた。

「秋元さんは本当に命を削ってやっている」と痛感したたかみなは、数々の名曲で詞を書きながらまだ大賞に選ばれたことが無い恩師・秋元康のためにも『日本レコード大賞』を獲りたいと願う。

その気持ちは他のメンバーも同じだっただろう。

2011年12月30日、『第53回日本レコード大賞』でAKB48の『フライングゲット』が大賞に選ばれる。

そんな彼女たちを襲ったのが、2014年5月25日に岩手で起きた“AKB48握手会傷害事件”だった。

騒然となる会場からスタッフさえパニック状態で状況を伝えきれないなか、秋元康はたかみなからの電話で「秋元先生、AKBは終わりました」と言われて何が起きたかを理解したという。

たかみならが東京に戻ると緊急会議が開かれた。

すると、事件を目の当たりにしていないスタッフは「皆さんを安心させるためにも、握手会を早めに再開した方が良いのでは」と提案するではないか。

戸惑いながらも口を開けないメンバーたちのなか、テーブルを叩いて「何を言ってるんですか! 現場を見ていないからそんなことが言えるんだ! 状況が分かっているんですか!」と反対したのがたかみなだった。

彼女の言葉で以降の握手会延期が決まる。

たかみなと秋元康との間では「高橋はどうしたい? 僕は、解散でもいいと思っている」といった会話がなされた。

「こんなことで終わるのは悔しいが、メンバーのなかに続けられない子が出てくるならば終わるしかない」という秋元に、たかみなは「現時点では答えは出ません」と返した。

その後しばらくして、悩み考え抜いたたかみなはネットにメッセージを発信する。

「ファンのみんなと築いてきた絆とメンバーの思いを舐めないでほしい。

私の大切なAKB 大好きなAKB 私は絶対に負けたくない 負けたくないんだ」と事件やそれを巡る握手会への批判に向けて決意を示した。

彼女の言葉に多くのファンが共感し、警備体制が見直されて41日ぶりに握手会が再開される。

AKB48の楽曲『イキルコト』や『LOVE修行』で曲を手がけたミュージシャンの石井亮輔が、『金スマ』を見た感想を『トークアプリ755 石井亮輔のトーク』に綴っている。

AKB48と長年関わる彼をして「悔しいほどに、僕は10年の歴史をまだまだ知らなかった」という。

「まだまだ甘かった。

僕が感じていたAKB48というグループの圧倒的な情熱。

そんなもんじゃなかった。

とんでもない重力のドラマがあるんだ、このグループには…」そう思ったのはほかでもない、秋元康と高橋みなみの関係を知ったからだろう。

彼はまた、「最後の『桜の花びらたち』で、たかみなさんの斜め後ろで歌っていた横山総監督。

彼女の顔つきを見て、武者震いがしました」とも明かしている。

高橋みなみの歩んで来た道を知るほどに、彼女が横山由依を次期総監督として指名した理由が分かるような気がする。

アイドルとしての華やかさだけではAKB48のリーダーは務まらないのだから。

出典:https://www.instagram.com/atsuko_maeda_official 出典:https://twitter.com/Yui_yoko1208 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

キーワード

  • たかみな
  • メンバー
  • AKB48
  • リーダー
  • 秋元康
  • スタッフ
  • AKB
  • なか
  • 高橋みなみ
  • グループ
  • 秋元
  • 握手会
  • 状況
  • 歴史
  • 日本レコード大賞