エンタメ

『ママがおばけになっちゃった!』作者・のぶみが語る、32年越しの母との和解

2016年05月25日更新
『ママがおばけになっちゃった!』作者・のぶみが語る、32年越しの母との和解
「母親の死」を取り上げた絵本『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)が2015年7月の刊行以来、異例の大ヒットとなり現時点での累計部数は38万部を超えた。「ママは、 くるまに ぶつかって、 おばけに なりました」という衝撃的な一文で始まるこの絵本の著者、のぶみさんはこれまでに160冊以上の絵本を手がけ、その累計部数は100万部を超えるという超人気絵本作家。今回はのぶみさんに、永遠のテーマである親子関係、そして32年越しで訪れたのぶみさん自身と母の「和解」について聞きました。 「ママが死ぬかもしれない」から生まれる愛の形 ――この絵本では、1ページ目でお母さんが死んでしまいます。「母...

キーワード

  • のぶみ
  • 子ども
  • お母さん
  • 絵本
  • ママ
  • 母親
  • おばけ
  • 仮面ライダー
  • シリーズ
  • 悪さ
  • 学校
  • 一人