エンタメ

こんな先生がいたらいいのに!魅力的な教師が出てくる学園モノ映画5選

2016年06月30日更新
こんな先生がいたらいいのに!魅力的な教師が出てくる学園モノ映画5選

映画の舞台のひとつ、学校。

学生生活真っ只中の人は自分と重ねて映画を楽しみ、かつて学生だった人は、自分の青春時代を思い出しながら泣いたり笑ったり。

映画の中の素敵な先生の一言で人生が変わった、という人もいるでしょう。

ほんとにいたらいいなぁ、と思うような先生が登場する映画を5本、選んでみました。

焦らず生徒と同じ目線で頑張ってくれる先生『映画 ビリギャル』 さやかは全く勉強せず、仲間と遊びほうける毎日を送る女子高生。

父親には見放され、学校の先生にはクズ呼ばわりされていました。

そんな彼らを見返そうと、慶応合格を宣言したさやか。

ノリがよくて生徒たちと寄り添ってくれる講師・坪田のいる塾で、猛勉強の日々が始まります。

伊藤淳史演じる塾講師・坪田の、生徒への接し方に注目です。

相手に合った話題のチョイスや話し方、そして何より相手を心から信頼している姿は、家庭や会社の人間関係でも見習えるところがいっぱいです。

いつもさやかを否定することなく応援し続ける母の姿にも感動します。

さやか役の有村架純がイメージとは真逆の、金髪ギャル姿で演じたことも話題になりました。

心の中で理想に燃えるクールな先生『映画 鈴木先生』 出典:http://news.music.biglobe.ne.jp/ 国語教師の鈴木先生は、自らが考案した”鈴木メソッド”に基づいて、理想のクラスを作ろうとしています。

見た目は冷静沈着でクール、しかし好みの女生徒との妄想にふけるようなおちゃめな面も。

2学期になり、生徒会役員選挙の準備が始まります。

鈴木先生のクラスから立候補するのは3人の生徒。

その中の1人、出水正に鈴木先生は何か違和感を覚えるのでした。

いわゆる感情爆発型の熱血教師ではなく、内からの情熱を沸々と感じさせる、静かなる熱血教師・鈴木先生。

数々の人気ドラマでもおなじみの長谷川博己が熱演しています。

そして、彼の妄想相手でありクラスの優等生・小川蘇美を演じたのは、今ブレイク中の土屋太凰。

『黒崎君の言いなりになんてならない』『俺物語!!』とヒット作を手がけている河合勇人監督の2012年の作品。

ブレイク寸前の窪田正孝、松岡茉優にもご注目ください。

一生懸命さがとにかくかわいい先生『おっぱいバレー』 出典:http://ameblo.jp/ 戸畑第三中学校に、新任教師としてやってきた美香子。

男子バレーボール部の顧問になった彼女でしたが、部員はたった5人の弱小バレー部。

しかも女の子のことで頭はいっぱい。

そんな彼らを奮い立たせようとつい約束してしまったのが「試合に勝ったらおっぱいを見せる!」。

どうにかもう1人の部員が加わり試合に出ることが可能になったバレー部は、約束のために猛練習するのですが、ある時、その約束が学校側にばれてしまい、美香子は辞職に追い込まれてしまいます。

可愛くてノリが良くて生徒たちに人気。

まるで姉のような存在の先生を、綾瀬はるかが演じています。

子供たちと共に泣き、共に笑う先生『ブタがいた教室』 出典:http://ameblo.jp/ 教師になったばかりの星は、6年2組の担任になります。

そして、彼は生徒たちにひとつの提案をします。

食べることを前提としてクラスで子豚を飼わないか、と。

教頭たちは猛反対しますが、校長から許可が下り”Pちゃん”と名付けられた子豚は運動場で世話されることになります。

実際にあった出来事が元になっている映画です。

明るく、子供たちのことを何よりも考える先生を演じたのは、妻夫木聡。

重いテーマだけに賛否両論ある作品ですが、命について考えるきっかけになる映画です。

ぶっきらぼうだけど、ちゃんと見ていてくれる先生『くちびるに歌を』 長崎県の五島列島にある小さな島。

東京でピアニストとして活躍していたユリは、その島にある中学校に、新しく音楽教師として赴任しました。

友人であるハルコの産休代理で引き受けた仕事でしたが、合唱部の顧問を任されたユリはまったくやる気なし。

ところが、美人先生に惹かれて男子が次々と入部し、合唱コンクールに向けて練習することに。

ユリも仕方なく付き合いますが、実はユリはあることがきっかけでピアノが弾けなくなっていたのです。

新垣結衣主演、『ソラニン』などの三木孝浩監督の作品です。

生徒との関わりを拒みいつも不機嫌そうなユリですが、生徒たち1人1人の抱える問題を知り自分も一歩踏み出そうと決心します。

そして、不器用ですが嘘はつかずまっすぐに生徒たちと向き合い、合唱部と共に成長していきます。

純粋で一生懸命な生徒たちの姿に胸を打たれること間違いなしです。

先生と一言にいってもそのタイプは様々。

型破りな先生、優しく見守ってくれる先生…。

映画に登場するような先生に出会えたら、人生変わるかも?!いえいえ、もしかしたら近くにいるかもしれません。

そんな願いを込めて、魅力的な先生が登場する作品を鑑賞するのもおすすめです。

『ビリギャル』 © 2015映画「ビリギャル」製作委員会 『鈴木先生』 ©2013 映画「鈴木先生」製作委員会 『おっぱいバレー』 ©2009「おっぱいバレー」製作委員会 『ブタがいた教室』 ©2008「ブタがいた教室」製作委員会 『くちびるに歌を』 © 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 ©2011 中田永一/小学館 【関連記事】 今もっとも”お姫様”役が似合う女優!ミア・ワシコウスカのおすすめ作品 『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』樫野零役・藤ヶ谷太輔さんインタビュー 【プレゼント】劇場版『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』オリジナルグッズが当たる!

キーワード

  • 先生
  • 生徒
  • 映画
  • ユリ
  • 鈴木先生
  • クラス
  • さやか
  • 登場
  • 学校
  • 姿
  • 教師
  • くちびる
  • きっかけ
  • バレー
  • おっぱいバレー