恋愛

“女の色気”の作れる!? 素敵な女性になるための秘訣とは!

2016年11月21日更新
“女の色気”の作れる!? 素敵な女性になるための秘訣とは!

【相談者:20代女性】 同年齢で、身長があってスラッとしたモデル体型の女の子がいるんですが、とても大人っぽくて「私もあんなだったら……」と憧れてしまう時があります。

姿、形を変えることは難しいかもしれませんが。

女の色気を少しでも身に付けるにためには、一体どうしたらいいのでしょうか? アンケート調査によると、最近は必ずしも「色気=セクシー」という意味合いではなくなっているようです。

ご質問ありがとうございました。

ライターの雪見かおるです。

女の色気を身に付けるにはどうしたらいいのか、というご相談ですね。

「女の色気」ってよく耳にするキーワードですが、具体的にはどういうことなのか、ちょっとピンと来づらいですよね。

私も相談者さんのように、「セクシー」「大人びた」という意味合いが強いのかなと思ったのですが、どうやら最近は色気の定義が変わりつつあるようです。

女性のなかでも色気の解釈は違う!? 『株式会社資生堂』が女性20~49歳の女性600人に、「女性の髪と色気の相関関係に関する印象調査」を行ったそう。

すると、周囲から「色気がある」と言われたことのある女性と、言われたことない女性とでは、色気の考え方に差が出たというのです。

どういうことなのか、具体的に詳しい結果を見てみましょう。

周囲から「色気があると言われたことのある」女性が思う色気は、最も多いもので「自信」と「やわからい雰囲気」で18.0%。

続いて「知性」で17.1%だったそう。

一方で、「色気があると言われたことのない」女性が思う色気は、最も多いもので「色気の正体がよく分からない」という回答で22.9%。

続いて、「異性からモテること」で17.4%、「やわらかい雰囲気」が17.2%でした。

どうですか?若干、結果の内容に違いが見られますよね。

周囲から「色気がある」と言われたことのある女性=色気のある女性と考えるなら、イマドキの色気というのはセクシーではなく、自信や雰囲気、知的による作用が大きいのかもしれません。

女の色気を作る大事なポイント2つ そう考えると、「女の色気」という言葉が、もっと広義な意味に捉えられそうですね。

女の色気の有無に悩んでいる女性に向けて、今回はほかにも色気を増すポイントがないかを考えてみました。

(1)姿勢を正す 女の色気を感じさせるポイントは、内面だけに留まりません。

例えば女性ならではの曲線美を見せるために、きちんと姿勢を正すことも女の色気を感じさせる大事なポイントになってきそうです。

男性と女性とではシルエットが違います。

本来きちんとした姿勢なら、バストからヒップにかけてなめらかな曲線を描きますが、猫背だとそれが台無しになってしまいます。

キレイなシルエットを男性に見せられるよう、日頃からきちんと姿勢を正しましょう。

(2)時間に余裕を持たせる せかせかした女性に、色気を感じる男性は少ないと思います。

気持ちにゆったりと余裕がある女性の方が、相手に真摯に向き合うことができるでしょうし、男性もそうしたあなたの姿勢に、女性の色気を感じやすいのでは? 気持ちに余裕が生まれれば、心身がリラックスし、自然と笑みもこぼれるでしょう。

アンケートにも出ていたように、柔らかい雰囲気を身に付けることもできるはず。

仕事やプライベートに追われている女性は、ちょっと気持ちを落ち着かせる余裕も作ってみてはいかがでしょうか? 素敵な女性になるためには、周りから、少しでも「あの人、素敵だな」と思われることが、女性としての色気を作る近道になりそうです。

「女の色気ってなんだろう?」と考えてしまった際は、紹介したポイントを試してみるといいかもしれません。

【参考リンク】 ・周囲から色気があると言われる女性への調査で判明!イマドキの色気3大要素は、「自信・知性・髪の艶」立正大学心理学部名誉教授 齊藤勇氏が解説する「艶への本能と自己効力」|株式会社資生堂 ●ライター/雪見かおる(恋愛、LGBT専門ライター)

キーワード

  • 色気
  • ポイント
  • 姿勢
  • 余裕
  • セクシー
  • 周囲
  • シルエット
  • ライター
  • 意味合い
  • アンケート
  • 結果
  • 最近
  • 少し
  • プライベート
  • リラックス