エンタメ

羽生善治、村山聖、森内俊之…将棋界「羽生世代」の青春

2016年11月25日更新
羽生善治、村山聖、森内俊之…将棋界「羽生世代」の青春
もっと画像を見る 近年注目される将棋界において、ひときわ輝く「羽生世代」。全タイトルを独占し、将棋界の歴史を変えた男。29歳で夭折し、伝説になった男。盤上で彼らはいかに戦ってきたのか――。 正確な読みで“天才”と呼ばれながら、29歳で逝去した村山聖九段。その壮絶な生涯は大崎善生の小説『聖の青春』で知られ、このたび松山ケンイチ主演で映画化、11月19日に公開された。ライバルの羽生善治を東出昌大が演じることも話題となった。 村山は1969年生まれ。70年生まれの羽生善治三冠を代表とする、いわゆる“羽生世代”に属する棋士だ。他にも森内俊之九段(70年生)、佐藤康光九段(69年生)、...

キーワード

  • 将棋
  • 弦巻
  • タイトル
  • 羽生
  • 合計獲得
  • 棋士
  • 村山聖
  • コンピュータ
  • 森内俊之
  • 勝負
  • 村山
  • 羽生世代
  • 姿
  • 羽生善治
  • 三浦弘行