恋愛

「よろしくお願いします」を英語で言うと?よくあるシーン別表現5例

2016年12月15日更新
「よろしくお願いします」を英語で言うと?よくあるシーン別表現5例

オンライン英会話「DMM英会話」の人気ブログとのコラボ企画!覚えておきたい英語表現や英文、海外旅行や海外生活のお役立ち情報を、朝時間.jp 編集部がピックアップ!朝ごはんのトーストを焼いている間や通勤中…朝のスキマ時間にサクッと読んで、英語力、海外への理解度アップを目指しましょう♪ 1日に何度言ったり書いたりするかわからない「よろしくお願いします」。

でも、それを英語で言うと?…なかなか思い付かないのではないでしょうか。

「よろしくお願いします」は、 “英語にできない表現” の代表格である「いただきます」や「ごちそうさまでした」同様、英訳が難しいと言われる表現のひとつ。

なぜなら、「よろしくお願いします」は、いろいろなシチュエーションや目的で使われるフレーズなので、その時々によって、英語での表現もガラッと変わるからなんです。

そこで今回は、5つのよくあるシーンごとの「よろしくお願いします」の英語表現をご紹介します。

【1】初めて会った人への「よろしくお願いします」 まず初めて会った人との挨拶を日本語で見てみましょう。

A:はじめまして。

佐藤まり子と申します。

よろしくお願いします。

B:はじめまして。

山田幸夫と申します。

こちらこそよろしくお願いします。

英語には、このシチュエーションにおける「よろしくお願いします」に当たる表現がありません。

このようなシチュエーションでは、おなじみの “nice to meet you” を「よろしくお願いします」の代わりに使うのが一般的です。

上の例文を英語にしてみると以下のようになります。

A:Hi, I’m Mariko Sato. Nice to meet you. B:Hello, I’m Yukio Yamada, Nice to meet you too. もし相手が目上の人で丁寧に言いたいときや、「会えて嬉しいです」という気持ちを強く伝えたいときは “it’s pleasure to meet you” や “Pleased to meet you” を使うこともできます。

【2】これから一緒に働く、または何かするときの「よろしくお願いします」 新しい会社に入社した後や、職場内で異動した後、または同じチームで一緒に作業する人たちに挨拶として「よろしくお願いします」と言うことがありますね。

これを英語にするにはどうしたら良いでしょう。

I’m excited to work with you.(=一緒に働くことにワクワクしています。

) I have been looking forward to working with you.(=一緒に働けることを楽しみにしていました) もし「”楽しみにしています”は何か違う…」と感じるときは I’ll do my best.(=最善を尽くします。

/ がんばります。

) という言い方が、前向きでやる気が感じられて好感をもらえるはずです。

【3】別れ際の「今後ともよろしくお願いします」 ミーティングが終わったあとや、仕事関係の人との別れ際に「では、今後ともよろしくお願いします」やシンプルに「よろしくお願いします」と言うときには、こんな表現がよく使われます。

It was nice meeting you. / Nice meeting you.(=お会いできて良かったです。

) I’m looking forward to seeing you next time.(=次回、お会いできるのを楽しみにしています。

) “I’m looking forward to” の代わりに、主語を変えて “We are looking forward to” にすると、日本語で「私ども」と言うのと同じように、「会社」としての気持ちを伝えることができます。

【4】お願いごとの「よろしくお願いします」 仕事を頼みたいとき、買い物をお願いしたいときの「よろしくお願いします」は、初対面の挨拶や別れ際の「よろしくお願いします」と比べて、とてもわかりやすいです。

なぜかというと、 “Can you … (〜してくれますか?)” のフレーズを丁寧にするだけで、「よろしくお願いします」というニュアンスになるからです。

Can you give me a breakdown of the estimate by 7pm?(=見積書の詳細を7時までにくれる?) この“Can you” を “Could you” や “Could you please〜” に変えると、とても丁寧な言い回しになります。

覚えておくと◎。

【5】メール文末の「よろしくお願いします」 文末で書かない日はないくらい、「よろしくお願いします」は、メールを締めくくる定番の決まり文句になっていますね。

これを英語にするなら、 このような表現になります。

Best Regards Kind Regards もう少し付け加えたい場合は、日本語の「次回お会いできるのを楽しみにしています」や「ご連絡お待ちしております」に当たる文章を入れて、「よろしくお願いします」の代わりにすることもできます。

I look forward to seeing you next time.(=次回お会いできるのを楽しみにしています。

) I look forward to hearing from you.(=ご連絡をお待ちしております。

) …いかがでしたか? 改めて見直してみると、日本語の「よろしくお願いします」は、ものすごくたくさんのニュアンスを含んだ言葉だということがわかりますよね。

シチュエーションや相手、目的に合った「よろしくお願いします」の英語表現ができると、ネイティブの方とのコミュニケーションがぐっと円滑になるはず! 早朝も、短い時間でもネイティブから英語を学べる「オンライン英会話」などを利用して、朝のすきま時間に「よろしくお願いします」のリアルな使い方を学んでみては? その他、シチュエーション別「よろしくお願いします」の英語表現について、さらに詳しく知りたい方はこちら(DMM英会話ブログへ)↓ ▼シチュエーション別「よろしくお願いします」の6つの英語表現はこちら >> (記事公式協力:オンライン英会話ランキング8部門で満足度 No.1 DMM英会話) この記事を忘れずに保存しておきたい!そんなあなたは「お気に入りクリップ」機能が使えてベンリなiPhoneアプリをダウンロード♪ → http://apple.co/1pWvasG 「朝時間.jp」iPhoneアプリをダウンロード >>

キーワード

  • お願い
  • 英語
  • シチュエーション
  • 楽しみ
  • 日本語
  • 英語表現
  • have been looking forward to working with you
  • looking forward to seeing you next time
  • look forward to seeing you next time
  • look forward to hearing from you
  • 別れ際
  • 丁寧
  • 挨拶
  • ネイティブ
  • ニュアンス