エンタメ

格差社会ゆえに過熱する「お受験」。翻弄される母親たちの困惑と、子どもの幸せに対する切なる思いとは/小説『ママたちの下剋上』深沢潮インタビュー

2016年12月28日更新
格差社会ゆえに過熱する「お受験」。翻弄される母親たちの困惑と、子どもの幸せに対する切なる思いとは/小説『ママたちの下剋上』深沢潮インタビュー
深沢潮さん 女性が子どもを持つと周囲から自動的に母と見なされ、ひとりの人間を育てるのにふさわしいスキルと人間性を求められます。しかし母になることに最初から慣れている人などいません。現代の日本社会では誰もが迷い試行錯誤しながら、自ら母となっていくべく自己鍛錬をしなければならないのです。 世の中に子育て指南の類いはあふれていますが、怪しい情報や時代錯誤な押しつけも多いもの。孤独な環境に陥りがちな母親が「何を信じたらよいのか分からない」という心情になるのも不思議ではありません。そのなかで、学歴という分かりやすい指標を信じて子育てに邁進する母親たちがいます。 作家、深沢潮さんの新作『ママ...

キーワード

  • 子ども
  • 母親
  • 学校
  • 専業主婦
  • 受験
  • 社会
  • 学歴
  • 状況
  • 小説
  • ハイスペック
  • 世界
  • なか
  • 環境
  • お受験