美容

メイク落としが綺麗な肌を作るんです。クレンジングの選び方と肌を傷めないクレンジン...

2017年01月11日更新
メイク落としが綺麗な肌を作るんです。クレンジングの選び方と肌を傷めないクレンジン...

クレンジングが一番大事? クレンジングの重要さ最近は落ちにくさをうたった化粧品が多く出ていますが、メイク汚れがきちんと落とせていないと、肌荒れやニキビの原因になります!綺麗に見せるためのメイクが肌荒れの原因になりかねません。

クレンジングの選び方 乾燥肌の人 乾燥肌の人は、ミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。

できるだけ肌に刺激が少ないクレンジングを選びましょう。

美容成分が入ったものなら、クレンジング後の肌も柔らかく仕上がります。

オイリー肌の人 テカりの気になるオイリー肌は、乾燥のせいで皮脂の過剰分泌されている可能性があります。

ミルクタイプやクリームタイプ、リキッドタイプのクレンジングを選んで、メイク落としと同時に保湿も重視してください。

オイルクレンジングは? メイクをしっかり落とすことができるオイルクレンジングは、肌の保湿成分まで落としてしまう恐れもあります。

パーティーメイクをした日など、しっかりとメイクした日に使用しましょう。

肌を痛めないクレンジングの仕方 アイメイクは別に落とす 落としにくいアイメイクを基準にクレンジングをチョイスすると肌への負担が心配です。

ポイントメイクは専用のものを使い、優しく落としましょう。

ぬるま湯でこすらずに クレンジングの際に使うのは30度~35度くらいのぬるま湯がベスト。

こすることが肌への負担になるため、できるだけこすらずに流すようにしてください。

クレンジングの注意点マッサージはやめてクレンジング剤はマッサージには適しません。

それどころか、クレンジングの際に余分な力を加えることは、肌への負担となってしまいます。

マッサージの際には専用のものを使用してくだい。

メイクしていない日は使わない 油汚れを落とすためのものなので、メイクや日焼け止めを使っていない日まで使用するのは避けましょう。

クレンジングも肌へ負担をかける行為の一つです。

最低限の利用にとどめて肌への負担を少なくしてください。

クレンジング剤はケチらず使う クレンジング剤は定められている適量を目安に使用しましょう。

少ない量でのクレンジングは、クレンジング剤を広げるために必要以上に肌をこすることにもなりかねません。

適量をきちんと確認するようにしてください。

肌に合わないなら使用しない肌に合っていないクレンジング剤は肌荒れの原因にもなってしまいます。

使用し始めたものが合っていないと感じたら、もったいないからと言って使い続けず、即刻使用を控えるようにしてください。

アフターケアもしっかりと綺麗な肌を作るためのクレンジングについてお届けいたしました。

いかがでしたか?クレンジングをおろそかにすると、肌荒れは解消されません。

綺麗な肌のためには、スキンケアはもちろんのこと、毎日のクレンジングが重要です。

毎日の丁寧なクレンジングが綺麗な肌への第一歩。

正しいクレンジング方法を心がけるようにしましょう。

キーワード

  • クレンジング
  • メイク
  • 使用
  • 負担
  • 綺麗
  • 肌荒れ
  • マッサージ
  • オイルクレンジング
  • ぬるま湯
  • オイリー
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ
  • 適量
  • 専用