ライフスタイル

バレンタインは感謝を伝える愛の日へ 親子、友人、お世話になった人へ贈るチョコ

2017年02月06日更新
バレンタインは感謝を伝える愛の日へ 親子、友人、お世話になった人へ贈るチョコ

バレンタインデーといえば、”女性から男性へ愛を伝える日”というのがこれまでの常識でした。

けれども近年、その傾向がどうやら変わってきているようなのです! ということで今回は、バレンタインデーの新たな楽しみ方をご紹介します。

本命チョコを贈る人は少ない!? 最新バレンタインデー事情 江崎グリコ株式会社が調査した「バレンタイン調査2016」によると、女性がチョコを贈る相手は、”女性の友達”が45.2%でトップ。

一方、告白したい人へ本命チョコを贈る予定の女性はわずか9.3%。

なんと今や、バレンタインデーは女性から男性へ贈るよりも、女性から女性への友チョコが多いという結果となっています。

これは、バレンタインデーが”告白する日”から”感謝の気持ちを伝える日”へと変化しているから。

「いつもありがとう」という気持ちを込めて、チョコをはじめスイーツを贈り合うのが今や定番になりつつあります。

さらに、高校男子の3人に1人がバレンタインデーにチョコを贈ると答えており、男女問わずプレゼントを贈り合う日となっているようです。

バレンタインデーはどんな風に過ごしてるの? 感謝の気持ちを伝える日として、バレンタインデーを彼だけでなく家族や友達と楽しむ人も増えているそう。

いったいみんながどんなふうに過ごしているのかご紹介します。

■カップル愛を伝える日ということで、お相手のいる方はカップル同士で過ごすことがやはり多いよう。

本命チョコを渡して素敵なレストランでディナーを楽しんだり、家でまったり過ごすという人も。

休日だった場合には温泉旅行にでかけるというカップルもいるようです。

バレンタインデーは、2人でゆっくり過ごすというイメージですね。

■家族家族みんなでバレンタインデーを過ごす、という人も多いです。

家族で食事に出かけたりと、イベント化して外食の理由にしているのかもしれませんね。

■友達同士での過ごし方一方女性同士だとワイワイ過ごす人が多いようです。

ホテルの一室を借りての女子会や、気の合う仲間と家に集まってホームパーティなど、バレンタインデーをめいっぱい楽しんでいるようです。

あなたは手作りチョコ派? それとも購入派? バレンタインデーの贈り物といえば、相手が男性でも友達でも家族でもチョコレートが定番。

では、皆さんどんなチョコを贈っているのでしょうか?「バレンタイン調査2016」によると、女性は「板チョコを溶かして手作りする」という人が半数以上。

とくに、中高生にとっては、バレンタインデー=手作りチョコという認識で、82.7%と高い確率でチョコ作りに精を出しているようです。

ただし手作りチョコが多数を占めるのは20代までで、30代になると「チョコレート専門店で購入する」という人が主流になっていきます。

やはり、年齢を重ねるとより味にうるさくなってくるのかもしれませんね笑。

この時期だけは奮発して、一粒何百円もするようなお高めのチョコレートを自分のために購入するという人も多いです。

バレンタインデーは女友達からチョコが欲しい! バレンタインデーに女友達とチョコ交換をするのはもはや定番。

「バレンタイン調査2016」では、チョコレートをもらいたい相手として、20代OLは「女性の友達」が30.8%でトップという結果に。

たしかに、趣味の合う女友達から見た目も味も楽しめるチョコをもらえると、テンションが上がりますよね!そんなチョコにかける予算はというと、平均で3,779円という結果に。

年代別に見ると、20代女性は4,300円、30代女性は6,762円、40代女性は4,881円となっています。

チョコレート専門店の高級チョコは一粒数百円することが多いので、これぐらいの予算はたしかに必要ですね。

「ありがとう」の気持ちを存分に伝えられる日 ここ最近のバレンタインデーは、愛を告白する日というよりは”感謝を伝える日”。

家族でも友達でも、日頃口に出して言えない気持ちを、バレンタインデーというきっかけで改めて伝えられるのは嬉しいですよね。

この機会を上手に活用して、とびっきりの「ありがとう」を伝えてみてはどうでしょうか。

キーワード

  • バレンタインデー
  • チョコ
  • 友達
  • バレンタイン
  • 家族
  • 調査
  • チョコレート
  • カップル
  • 女友達
  • 定番
  • 結果
  • 告白
  • 本命チョコ
  • 予算
  • トップ