グルメ

甘く、深く、ほろ苦い。媚薬のごときチョコレートにおぼれてみたい【女の本棚】

2017年02月06日更新
甘く、深く、ほろ苦い。媚薬のごときチョコレートにおぼれてみたい【女の本棚】
もうじきバレンタインです。そして私はチョコレート中毒。1日5回、チョコレートのかけらを口に放り込むと、うっとりと自然に目をつぶってしまいます。 そして、たまに思うのです。とろとろのチョコレートにダイブしてみたい......。甘すぎるものは苦手です。でも、ビターすぎるものもちょっと......。少しほろ苦くて、深みがあって、舌で溶けつつ甘味が鼻にするっと抜けるようなチョコレートが好みです。 2月14日、愛の告白も素敵ですが、まずは極上の一品をセレクトして、誰よりも自分に買ってあげなくてはなりません。 sweet 甘くの章 チョコレートは人をただ満足させるだけではありません。たいていの...

キーワード

  • チョコレート
  • 食材
  • 存在
  • 仕事
  • 引用
  • 一口
  • 人間
  • 主役
  • 料理
  • 調和
  • 感覚
  • 先輩
  • ランチ
  • 即効性