エンタメ

『この世界の片隅に』と凶器としての「普通」

2017年03月29日更新
『この世界の片隅に』と凶器としての「普通」
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 私がこうの史代原作のアニメ映画『この世界の片隅に』を見たのは最近のことです。単に出遅れていました。でも、本作が上映され始めたとき、少し衝撃を受けたことはよく覚えています。「祖母と見に行った」「祖母のことを思い出した」というつぶやきがSNSやブログにあふれたのです(注1)。 (注1:例えばこのまとめにある記事など。http://momomomo1232.hatenablog.com/entry/2016/11/30/010619) その時は素直に、これはすごい作品なのかもしれないと思いました。ですが、なぜこんなにも、北條すず(旧姓...

キーワード

  • すず
  • 普通
  • 映画
  • 広島
  • 本作
  • 漫画
  • 原爆
  • りん
  • 子ども
  • 人々
  • 描写
  • 居場所
  • 平凡
  • 問題
  • 戦争