美容

フランスのクレンジング法は水!?プラントシステムのクレンジング水

2017年03月31日更新
フランスのクレンジング法は水!?プラントシステムのクレンジング水

クレンジング水とは 水分が多いことから、クレンジング水と呼ばれるタイプのクレンジング剤です。

一般的なクレンジング剤よりも油分が少なく、ローションタイプ・クレンジングウォーターとも言われます。

水の様なテクスチャーで、コットンにたっぷりとなじませて、メイクをふき取るように落とします。

フランスなど硬水の国では水道水を使わずに、クレンジング水でメイクや顔の汚れを落とすのが一般的と言われています。

参考:ままはだ クレンジング水の特徴 クレンジング水は他のクレンジング剤と比べて洗浄力が高いため、すっきりとメイクを落とすことができます。

水などで洗い流す必要がなく、ふき取るだけというお手軽さは忙しい女性にもうれしいポイント。

クレンジング水の多くは保湿成分が含まれていて、メイクを落とすだけでなく化粧水の役割も担ってくれます。

非常に手軽にメイクが落とせるため、忙しい女子に人気を集めています。

水でなぜよく落ちるのか 一般的なクレンジング剤は水分・油分・界面活性剤の3つが主な成分です。

この3つの成分の内、油分を最小に抑えて、水分と界面活性剤を主な成分としているのがクレンジング水。

クレンジング水は、水分と界面活性剤が多く含まれるため、メイクが落としやすいと言われています。

必要な油分を落としてしまう可能性もあるので、使い過ぎには注意が必要です。

参考:スキンケア大学 プラントシステムのクレンジング水 nagi711 様々なクレンジング水がありますが、中でも話題なのはプラントシステムのシリーズです。

個人個人の肌質に合わせて3種類のクレンジング水があります。

乾燥肌、敏感肌など、自分の肌質に合わせて使い分けたいシリーズです。

参考:PLANT SYSTEM clemencegreenbeauty クレンジング水はとってもお手軽なクレンジングの方法です。

しかし、ごしごしとコットンでこすってしまうと、摩擦でお肌を傷つけてしまう可能性があります。

クレンジング水を使う際には、力加減に注意して、優しくふき取るように心がけましょう。

HP

キーワード

  • クレンジング
  • メイク
  • 油分
  • 水分
  • プラントシステム
  • 成分
  • 界面活性
  • シリーズ
  • コットン
  • フランス
  • 注意
  • 可能性
  • クレンジングウォーター