エンタメ

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

2017年06月11日更新
東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学
「父のことを知るために」―司馬遼太郎作品との出会い 司馬遼太郎さんの作品を手に取ると、いつでも父との思い出が蘇ってきます。実家にある父の本棚には、司馬さんの作品が並んでいました。父は同じ本を何度も読み返すタイプで、本棚の歴史小説をひっぱり出しては読んでいる姿が、印象に残っています。 今から考えると恥ずかしいのですが、子供の頃の私は学校の授業で、歴史科目が大嫌いでした。ある時、歴史好きの父に「日本史や世界史なんか勉強してなんになるの」と、言ったことがあります。すると父に「それはお前がわかってないだけだよ。多くの先人たちから学ぶべきことはたくさんあるんだぞ」と諭すように返されたのです。...

キーワード

  • 司馬
  • 河井
  • 歴史
  • 小説
  • 幕末
  • 物語
  • 久坂
  • 主人公
  • 人物
  • 空海
  • 姿
  • 坂の上
  • 発見