エンタメ

2020年東京五輪に並々ならぬ熱意をかける椎名林檎、彼女の誇る「日本」とは何なのか

2017年07月25日更新
2020年東京五輪に並々ならぬ熱意をかける椎名林檎、彼女の誇る「日本」とは何なのか
椎名林檎「日出処」ユニバーサルミュージック 椎名林檎(38)が7月24日付の朝日新聞にて、3年後に控える2020年東京オリンピックに向けて「日本人がどのようにあるべきか」を熱く語っている。 ▼媚びないおもてなしを 椎名林檎さんが思う東京五輪 昨年のリオデジャネイロ五輪閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニー(五輪旗の引継ぎ式。“安倍マリオ”の登場が話題になった)に、演出・音楽監督として参加した椎名林檎。2020年東京五輪での開閉会式に対しても、並々ならぬ気合が入っているようだ。開閉会式で、日本が他国を凌駕するような見事なパフォーマンスをするために、日本国民全員が参加・協力したら...

キーワード

  • 日本
  • 椎名林檎
  • 演出
  • 椎名
  • 東京五輪
  • 内訳
  • 東京オリンピック
  • 文化
  • 美徳
  • 組織委員会
  • オリンピック
  • パフォーマンス
  • 朝日新聞
  • フレーズ