エンタメ

「拾われた男」松尾諭 #6 「方南町の親方の家で謝って、泣き疲れるまで泣いた日」

2017年08月20日更新
「拾われた男」松尾諭 #6 「方南町の親方の家で謝って、泣き疲れるまで泣いた日」
上京してすぐに運良くモデル事務所に所属、ではなく預かりとなったからと言って、華々しい芸能生活が始まるわけはない。モデル事務所であるが故に美男美女向けの募集が大半で、三の線にはほとんどこないオーディションを待つばかりの日々が始まり、一銭もかせげないまま「役者です」とは言うものの、肩書だけではメシは食えるわけもなく、結果アルバイトをすることとなる。 まつお・さとる/俳優。1975年生まれ。「連続ドラマW アキラとあきら」に出演。WOWOWプライムにて放送中(全9話) 彼女がいない事以外とくに不自由のない生活が、いつしか暗闇に落ちていく 役者にとってのバイト探しは少々面倒で、オーディ...

キーワード

  • バイト
  • 親方
  • 借金
  • 仕事
  • 電話
  • 部屋
  • オーディション
  • 役者
  • タイル
  • バカヤロー
  • 生活
  • ひとり
  • 映画
  • レンタルビデオ