恋愛

子供おばさんは「自分だけが不幸」だと思う/子供おばさんから大人女子になる方法

2017年08月22日更新
子供おばさんは「自分だけが不幸」だと思う/子供おばさんから大人女子になる方法

コラムニスト・ひかりさんによる、恋愛に関する心構えや幸せになる秘訣などを伝える人気シリーズ、「子供おばさんから大人女子になる方法」。

今回は、「自分だけが不幸」だと思うっている子供おばさんが大人女子になる方法についてお伝えします。

子供おばさんは「自分だけが不幸」だと思っています。

自分の置かれている環境が良くないのも、周りに気が合う人がいないのも、全て環境や人のせいにして、「どうして私ばかり、こんなに不幸なの?」と思っています。

でも、子供おばさんだけが“世界で選ばれし不幸者”になるほど、特別な存在のはずはありません。

みんな多かれ少なかれ、色々な悩みを抱えながら生きています。

不幸な環境から抜け出し、幸せになる人の多くは、“自分で切り抜ける力”を持っています。

例えば、子供の頃、家庭環境が悪かったら、早く自立して家を出ようとします。

職場の待遇が悪ければ、実力をつけて、さらに良い環境に身を置けるようにします。

恋人ができないのであれば、気になる相手に好かれる自分になれるように変わります。

結婚できないのであれば、恋人が結婚したいと思うような関係を築いていきます。

逆に離婚したいのにできない場合は、まずは1人でも生きていけるくらいの経済力を持つようにします。

誰もが皆、理想通りの生活を送っているわけではありません。

なにかしらの不満は抱えている中で、それを切り抜けられるような方法を見つけたり、我慢できる程度のことであればやり過ごしたりしているものなのです。

結局、「自分だけが不幸だ」と思う人は、自分の殻に閉じこもってしまうから、周りが見えていないのでしょう。

でも、自分が不幸なのは、ツイていない環境だからではなく、「自分が切り抜けられる力を持っていないことが原因でもある」ことに気付きましょう。

幸せになれる人は、子供おばさんとは違って、幸せになることに“受け身”でいることなく、「自分で自分を幸せにしようとする自立心」があるから、幸せになりやすいもの。

世の中には理不尽なこともあるし、色々と残念な人もいます。

でも、「だから、自分が不幸だ」というのは、理屈に合いません。

自分が対応力を身に付けたり、その嫌な環境やその残念な人から離れられる力を持てば、そこに巻き込まれることはないからです。

さらに、大人女子は、子供おばさん以上に不幸から抜け出せる力を持っています。

なぜなら、大人女子は、「自分が幸せになれること」を信じているからです。

その信じる力があるからこそ、自分を幸せな方向にもっていくことができます。

さらに、幸せになることに能動的なので、不幸をただ嘆いていないで、「自分がそこから抜け出せばいい。

じゃあ、どうしたら抜け出せるのか?」というのを、冷静に考えます。

だからこそ、現実的にも、幸せになることができるのです。

不幸から切り抜ける方法とは? とは思いますが、例えば、シンプルなことで言えば、「自分の得意なことで、人を喜ばせるようになること」も方法の1つです。

それができたら、自分も人も幸せになれます。

仕事でも、合わないことを嫌々やっていても、自分も不幸ですし、周りにも嫌な思いをさせてしまうことはあります。

そんなときは、勇気を出して自分が得意だと思える職種に転職して(もしくは、異動願いを出して)、社内の人やお客さんを喜ばせられるようになったら、より自分の置かれている環境はよくなるでしょう。

不満のある環境に文句ばかり言っているくらいなら、行動を起こしましょう。

ここまで読んで、気付いた人はいるかもしれませんが、「自分が幸せになりたければ、まずは人を幸せにする」というのは、とても大切なことなのです。

それができていないから、今、自分の置かれている立場があまりよくないこともあるからです。

人に幸せを与えた分、チャンスが増えることは多いもの。

自分の不幸を嘆いてばかりいないで、人を幸せにして、より居心地の良い居場所を作っていきたいものですね。

・子供おばさん…「自分だけが不幸なのだ」と思い込み、自分の置かれた環境や周りの人をただただ恨み続ける。

・大人女子…自分の得意なことで人を喜ばせることを心がけ、不幸な環境から抜け出す。

キーワード

  • 不幸
  • 幸せ
  • 子供おばさん
  • 環境
  • 大人女子
  • 周り
  • 得意
  • 子供
  • 残念
  • 不満
  • 結婚
  • 恋人
  • 色々
  • おばさん
  • チャンス