美容

どうしても痩せたい人は必見!ダイエットの成功と失敗22の分かれ道

2017年09月05日更新
どうしても痩せたい人は必見!ダイエットの成功と失敗22の分かれ道

「痩せたい!」「お腹の脂肪をどうにかしたい!」という思いでダイエットをしようと決意をしても、意思が続かなかったり、食欲に負けてしまったり、運動するのが疲れてしまったり・・・、そして、ダイエットに失敗してしまうこともありますよね。

一方では、食欲に負けず意志を貫きちょっぴりハードな筋トレも頑張ってダイエットを成功させる方もいるんです。

この成功と失敗の狭間にある分かれ道で成功を選ぶためのポイントを紹介します。

pc-ad-article-content-top[ mb0 ]どうしても痩せたいなら1:ダイエット宣言したらすぐに実行する、が成功の道 ©Alena Ozerova - Fotolia ダイエットは始めなければ痩せられません。

つい「明日から始めよう」と考えてしまいがちですが、明日からという考えを持ってしまうと、ついつい先延ばしにしてしまう危険性が高くなります。

明日が来週へ延び、来月へと延びてしまったらいつから始められるのでしょうか。

ダイエットしたい気持ちはあるのにきっかけを失って痩せられないまま過ごすはめになってしまいます。

「痩せたい」「ダイエットをしたい」と思った今がきっかけになっているのですから、何も日を改めることはないのです。

明日になったら気持ちが薄れてしまうかもしれないのですから、その瞬間からスタートしたっておかしくないですよね。

「ダイエットをする」と決めたら、すぐに実行することが成功への第一歩です。

pc-ad-article-content-1[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら2:特別な運動を意識しない、が成功の道 ©Andrey Popov - Fotolia ダイエットするからには「ウォーキングしなきゃ!」「ランニングを始めよう!」と思い立つ方も多いですよね。

しかし、毎日外へ出る時間が取れないかもしれません。

一度のつまずきで、ダイエットがそこで失敗に終わってしまうこともあります。

成功させるためには運動は毎日続けることが大切だということは分かっているので、日常生活に組み込めるエクササイズを始めてみましょう。

朝起きたら目覚めのストレッチをする 呼吸に気をつけながら1駅分歩く オフィスの階まで毎日階段を使う 立ち姿勢・座る姿勢に気をつける 歯磨きをしながらスクワットをする お風呂タイムに足のマッサージをする など、頑張らなくても続けられそうな運動がたくさんあるんです。

これらを習慣にして無理なく毎日続けられるようにしましょう。

pc-ad-article-content-2[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら3:運動の習慣を作る、が成功の道 ©bernardbodo - Fotolia 意気込んでランニングを始めたけれど、雨が降って1回中断したら次の日から続けるのが億劫になってしまう・・・、なんてこともありえますよね。

「毎日必ずランニングをする」というような厳しいルールを作るのではなく柔軟に対応できるルールを作っておいた方が良いでしょう。

ランニングができないときは筋トレしたり、体を動かす習慣が中断しないようにすることが大切です。

pc-ad-article-content-3[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら4:旅行先でもできる運動をする、が成功の道 ©annaartday - Fotolia 旅行などのように普段通りに生活できない場合は決めていたルーティンがこなせないこともあります。

中断してしまうと再開するのに、いろんな意味でエネルギーが必要になってしまうものです。

なので、ぱったり運動しなくなってしまうのではなく、ストレッチだけ行ったり、なるべく体と意識にダイエット中であることを忘れさせないことが大切です。

そして、旅行から帰った後も疲れを言い訳にせずできることを続けるようにしましょう。

ストレッチや軽い筋トレを続けます。

「疲れが取れたら始めよう」では再開するきっかけがつかめなくなってしまいます。

先延ばしにしないことが重要です。

pc-ad-article-content-4[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら5:食生活を見直す、が成功の道 ©chandlervid85 - Fotolia 太ってしまっている原因の多くは「食べ過ぎ」にあります。

食べ過ぎて体が重く億劫になってしまうために、運動不足へつながってしまいます。

これは、消費するエネルギーよりも補給されるエネルギーの量が多いから太ってしまうのです。

ダイエットスタート時に運動を習慣付けることは少しハードルが高いので、痩せるためにはまず食生活を見直しましょう。

現在の食生活で、やめられないと思っている悪習慣があったら、ダイエットを成功させるために考え方を変えてみましょう。

pc-ad-article-content-5[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら6:ビールと揚げ物は控えめに、が成功の道 ©gontabunta - Fotolia 1日の終わりに晩酌を楽しみにしている方もいらっしゃいますよね。

一方で、ダイエットのために、アルコールは控えた方が良いと考える方も多いでしょう。

もちろん、ビールには糖質が含まれているので、ダイエット向きとはいえません。

しかし、「アルコールで太る」原因の多くは、おつまみにあります。

とくに、唐揚げやポテトフライなどの揚げ物は、ビールのおともについつい食べてしまいカロリーオーバーになってしまいます。

ダイエット中には、1杯だけ飲んでも良いルールを決めましょう。

そして、おつまみの揚げ物は控えます。

味の濃いおつまみではお酒の量も進んでしまうので、1杯分に見合うだけの薄味のおつまみに変えてみて下さい。

pc-ad-article-content-6[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら7:チートデイを設ける、が成功の道 ©chandlervid85 - Fotolia ダイエットをするなら食事制限をする必要があります。

しかし、我慢ばかりしているとストレスが溜まってしまいダイエットを続けるモチベーションも下がってきてしまう可能性があります。

そこで、ストレスを溜めないために、1カ月に1回程度「食べてもいい日(チートデイ)」を設けてみましょう。

「食べてはいけないのに食べてしまった」という罪悪感よりも、「今日は食べてもOK」という満足感を感じることはダイエットを続けていく上で大切なことです。

1日くらいお腹いっぱいに食べても、いきなり太ってしまうことはありません。

初めのうちはその日を楽しみに我慢することができるでしょう。

そして、数カ月経った頃には我慢が身に付いてたくさん食べたい欲求がなくなってくるものです。

pc-ad-article-content-7[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら8:ゆるっと糖質制限をする、が成功の道 ©karin - Fotolia ダイエットを成功させるには、糖質を制限することで、とても効果を実感しやすくなります。

一番手っ取り早いのは主食であるごはん類を制限することです。

とはいえ、ごはんやパンなどの炭水化物が好きで3食食べなければ気がすまないと思っている方も多いでしょう。

しかし、「毎食ごはんを食べなければ!」という考えは思い込みで、むしろ今までが摂取し過ぎたために太ってしまったのかもしれませんよ。

そんな方におすすめの方法は、朝・夕は炭水化物を減らした食事で、お昼は好きなものを食べても良いというダイエットです。

「〜してもよい」というルールはストレスを感じずにダイエットを続けるには効果のある方法だといえます。

pc-ad-article-content-8[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら9:ラーメンはご褒美の時に、が成功の道 ©Eiki Photography - Fotolia さすがに、ラーメンばかりを食べていては痩せられないどころか、肥満へ直結してしまいそうです。

ですが、ラーメンが大好きな人にラーメン禁止としてしまうとストレスが溜まってしまいますよね。

そこで、「ラーメンを食べても良い日」を作って、ほかの日は自制した食生活を送ってダイエットしましょう。

pc-ad-article-content-9[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら10:食べ物のクーポンは人に譲る、が成功の道 ©peshkova - Fotolia もし、ダイエット中に食べ物の無料や半額のクーポン券が当たっても使用しない方がいいですよね。

捨てるのがもったいなかったら友人に譲る方法もあります。

大きな誘惑ですが、きっぱりと拒絶する意思が必要です。

「期限が今日までだから今日は食べるけど、ダイエットは明日から始めよう」という言い訳をしてしまったらダイエットに失敗してしまいます。

pc-ad-article-content-10[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら11:甘い誘惑は断る、が成功の道 ©Africa Studio - Fotolia 「ダイエットしているのに家族がドーナツを買ってきたから」 「仕事の休憩中にお菓子をすすめられて、つい・・・」 など、食べてしまう理由をほかの人のせいにしていませんか?断ることができなくて食べてしまうのは自分の意志の弱さです。

「ダイエット中だから」といって断ることも必要です。

pc-ad-article-content-11[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら12:○○だけを食べるはしない、が成功の道 ©IrinaNo - Fotolia 流行っては廃れるダイエット方法の主なものに「○○だけを食べる」というものが多く存在しています。

これは、失敗例の多いダイエット方法です。

大抵が一時的に体重が減ってもリバウンドするという結果になりやすいダイエットです。

原因の1つは同じものを食べ続けるのはすぐに飽きてしまうということです。

また栄養も偏ってしまい健康的に痩せることができません。

こういったダイエットをすると大きな反動が起きやすく、痩せないどころかさらに体重が増えてしまうこともあります。

成功へと転換させるためには、ダイエットに効果的だといわれている食材を組み合せて摂取するようにしてみましょう。

脂肪燃焼効果や食欲を抑える効果のある食材をローテーションさせると、摂取品目も増えて健康的なダイエットに変わってくるはずです。

pc-ad-article-content-12[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら13:極端なダイエットをしない、が成功の道 ©VadimGuzhva - Fotolia 世の中にはファスティングダイエットや、断食ダイエットなど体質改善のために食事を絶つダイエット方法があります。

海外のセレブや国内のモデルさんでも実施されている方も多く、メディアにも取り上げられるダイエット方法です。

そういった少し極端なダイエットに安易な気持ちで飛びつくことは危険です。

我慢が必要なダイエットですし、知識も必要です。

安易に始めて簡単に挫折してしまうと体調を崩したり、痩せにくいからだになってしまう危険性も考えられます。

食べないダイエットではなく、食べる量を制限するだけでもダイエットは十分可能です。

自分にあった方法を見誤らないようにしましょう。

pc-ad-article-content-13[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら14:流行のダイエットにすぐに飛びつかない、が成功の道 ©oneinchpunch - Fotolia 注目されるダイエットには、成功者がいてその方の方法をきちんと守ってやり遂げれば成功する可能性が高くなると考えられます。

成功させるためにはやり方や効果をよく学んで、ルールをしっかり守る必要があります。

効果を知らずにマネだけをしても良い結果には結びつかないこともあります。

そして効果がないからといってダイエットをやめてしまってはもったいないですよね。

成功の秘訣が必ずあるはずなので、食事や運動の方法を理解してからじっくりと取り組むと、大きなダイエット効果を期待することができます。

pc-ad-article-content-14[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら15:ダイエット器具を購入して安心しない、が成功の道 ©Jacob Lund - Fotolia 巷にはさまざまなダイエット器具があり、言葉巧みな宣伝文句にダイエッターは心が揺れることでしょう。

「これを使えば痩せられる」という暗示にかかってしまうと買わずにいられなくなってしまうかもしれません。

そして、不思議なことに購入すると安心してしまうのです。

初めのうちはその器具を使ってエクササイズを頑張ることでしょう。

しかし長続きしないことが多いのです。

こういったダイエット器具を買ってしまう方は1度の失敗では懲りずに何度も繰り返し、いくつものダイエット器具が家に眠っている・・・、という方も少なくはないようです。

ダイエットはお金で解決はできないということに気付いてください。

お金をかけなくてもできるエクササイズはあります。

「簡単」「便利」「効果絶大」などという謳い文句にまけず地道なダイエットを続けましょう。

お金のかからないダイエットエクササイズとしては体幹トレーニング(コアトレーニング)がおすすめです。

激しい筋トレとは違い負荷もきつくありませんし、場所も時間もお金もかかりません。

ダイエットに必要なのはお金ではなく「絶対に痩せる!」という意思です。

pc-ad-article-content-15[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら16:ストレスの発散方法を「食べること」にしない、が成功の道 ©Africa Studio - Fotolia ダイエットをしていなくても日頃からストレスを受けて生活している方は多いですよね。

そして、その気持ちのモヤモヤの発散方法を「食べること」としている方も少なくないのではないでしょうか。

嫌な気分を解消させるためにたくさん食べてすっきりするのなら救われますが、ダイエットしたいという気持ちがある人ならば「罪悪感」を感じてしまうのではないでしょうか。

これでは気持ちは晴れませんよね。

ストレスの解消法をほかに見つけましょう。

カラオケでもいいですし、温泉でリラックスでもいいです。

体を動かして汗を流すのもすっきりするし、子供と思いっきり遊んでも心が晴れてきます。

じっとしていて負のエネルギーと余分なカロリーを蓄積するような暴飲暴食はやめて、心も体もリフレッシュできる方法でダイエットにも弾みをつけてください。

pc-ad-article-content-16[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら17:無理な目標設定をしない、が成功の道 ©ijetdo - Fotolia ありがちなのが「1カ月に10kg痩せる」といった無理な数値目標です。

短期間で大幅に体重を減らすことは健康的なダイエットにはあり得ないことです。

とくに、最近では健康的なダイエットがブームになっており、食事もする(制限付き)し運動もするといったダイエットをする方が増えています。

無理な食事制限や激しい運動で短期間に5kgや10kgの減量に成功しても健康を害したり、すぐにリバウンドしてしまっては意味がありません。

今後ずっと痩せている自分でいるためにはダイエットは習慣としてずっと続けていくことが望ましく、無理のないものにしなければなりません。

1カ月に1kgしか減っていなくても痩せる習慣を身につければ、半年後や1年後には3kg、5kg、8kgといった減量につながってきます。

そして太らない習慣が身に付き、その体重を維持していくことも可能になるのです。

pc-ad-article-content-17[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら18:すぐに結果を求めない、が成功の道 ©Yeko Photo Studio - Fotolia 毎日体重計に乗って数値を記録することは大切ですが、数字ばかりを気にする必要はありません。

ダイエットを続けていくと、誰もが停滞期に悩まされます。

ダイエットを続けているのに体重が減らなくなると疑心暗鬼にかられるものです。

「痩せない」「結果が出ない」と決めつけて、ここで諦めてしまってはダイエットが成功しません。

体重は増減を繰り返しながら、徐々に減っていくものだと理解し、数字に一喜一憂しないことが必要です。

それでも減っていない数字を見ると気が滅入る方は、しばらく体重計に乗らないという選択をしてもいいのではないでしょうか。

でもダイエットは諦めないで続けてくださいね。

pc-ad-article-content-18[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら19:理想に向かってダイエットを楽しむ、が成功の道 ©Ekaterina Pokrovsky - Fotolia ダイエットへのモチベーションは成功するか失敗するかの大きなカギとなります。

ダイエットを始めたばかりは今までの習慣を変えていかなければならないので辛く思うことが多いでしょう。

慣れないエクササイズも苦しくて続けることがしんどいかもしれません。

しかし、その捉え方はずっと続くものではありません。

初めは我慢して力を振り絞って頑張ってやっていることでも、人は慣れるものです。

ダイエットを習慣化するところまで生活に浸透させていければ、後は楽しくなるはずです。

体重も減ってくるので、もっと頑張ることができるようになり理想も高まります。

ダイエットは楽しんだ人が成功者です。

pc-ad-article-content-19[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら20:ダイエット宣言とペナルティを設定する、が成功の道 ©tolstnev - Fotolia ダイエットはある意味、精神力の強さが必要です。

「絶対に痩せる」「途中で諦めない」という決意は精神力がなければ貫き通すことは難しいともいえます。

意志が弱いと自覚している方はなおさらです。

ダイエットをしていることを周囲に内緒にしていると自分で逃げ道をつくってあっさりと諦めてしまう可能性が高くなります。

そんな時はまず周囲にダイエットを宣言しましょう。

そして「痩せるまで一切洋服は買わない」など、自分にきつめのペナルティを課します。

また、食べてはいけないと決めてあるのに間食をした時や、ストレッチやエクササイズをさぼってしまった時などに家族や友人に見張っていてもらい罰金を設けるのもひとつの手です。

絶対に痩せたいのなら、必死でダイエットを頑張れる動機づけをしてみて下さい。

pc-ad-article-content-20[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら21:長期的な生涯ダイエットをする、が成功の道 ©georgerudy - Fotolia 「今すぐ痩せたい!」「いつまでに○kg痩せたい!」という思いは多くの人が抱くものでしょう。

ですが、短期的なダイエットで減った体重は、短期的に元に戻ってしまう可能性が非常に高くなります。

短期ダイエットで大きな効果を得られるのが「食事を摂らないダイエット方法」です。

しかし、我慢があだになってリバウンドしやすい危うさがありますよね。

短期集中型のダイエットでは、本来落ちて欲しい脂肪が減っていな可能性もあるのです。

生涯を通じてダイエットに成功したといえるようになるためには、極端な食事制限のある健康を害するようなダイエットはやめて、長期的なダイエットをすることをおすすめします。

まずは痩せやすい体を作り、少しずつでも着実に体重を落としボディメイクをすれば、減った体重以上の成果を上げることができるはずです。

pc-ad-article-content-21[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら22:目標体重になっても油断しない、が成功の道 ©bedya - Fotolia 良くありがちなのが、ダイエットして目標の体重まで痩せることができると、安心してしまい食べ過ぎに歯止めが利かなくなってしまうという失敗談です。

ダイエットの成果とは一瞬だけで良いのでしょうか?違いますよね。

ずっと痩せたままの自分でいたいですよね。

体重が落ちて目標体重になっても、ダイエット期間は継続させることが成功の秘訣です。

痩せた体重をキープしてこその成功なのです。

もうダイエットの習慣はついているはずなので、緩めのダイエットを継続させる気持ちで過ごしましょう。

食べ過ぎる日があっても大丈夫です。

しかし次の日には自制して食事を管理し、運動をプラスすれば体重はキープできるはずです。

pc-ad-article-content-22[ ad-cetner ]どうしても痩せたいなら、正しい選択をしてダイエットの成功者になろう! ©mina92 - Fotolia これまで提案してきたことは極当たり前のことばかりです。

ですが、ダイエットをしている人の心理で考えると分かりきっていることでも選択を間違うことが起こりうるのです。

絶対に痩せたいのであれば、自分のできる範囲で長く続けることが一番重要なことです。

ダイエットに対する自分ルールを作って途中で諦めることなく痩せた自分を手に入れられるように努力してみてください。

一つ一つの選択を間違わなければ「ダイエット成功」を導き出せるはずですよ。

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。

この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくとともに、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。

コレガノ編集部コレガノ編集部です。

キレイを目指す女性のダイエットを応援するダイエットメディア「コレガノ」を運営しています。

健康的に痩せるためのダイエット方法を見つけてください。

pc-ad-article-content-bottom[ ad-300x250 ] pc-ad-page-bottom[ ad-300x250 ]

キーワード

  • ダイエット
  • 成功
  • 体重
  • 運動
  • 習慣
  • ストレス
  • 失敗
  • エクササイズ
  • 食事
  • 我慢
  • ラーメン
  • ルール
  • お金
  • 可能性