恋愛

彼女の料理がまずい!?男性が「こんな料理食べたくない!」と思う瞬間

2017年10月01日更新
彼女の料理がまずい!?男性が「こんな料理食べたくない!」と思う瞬間

彼女として初めて彼に手料理をふるまう事になった時、なにを作ると喜ばれるのか分からない…という女子は多いはず。

「折角だから時間をかけて凝ったものを」と思うかもしれませんがちょっと待って!女の子がどんなに時間をかけて恋人の為に料理を作ったとしても、それだけではダメなのです。

「料理が得意」な女性がタイプという男性は少なくありませんが、一方で彼女の料理が不味くて困っているという男性が多いのも現実です。

けれど、男性が料理にがっかりするのは、料理がまずい時だけに限らないので、料理が得意なあなたも要注意です。

そして彼の方も、たとえまずくても彼女を傷つけたくなくてなかなか言い出せずにいるようです。

もし、男性が我慢して食べていたらショックですよね。

大好きな彼にせっかくの料理を「まずい」なんて思われる苦い経験をする前に、男性のご飯の好みをまとめた情報でお勉強!今回の記事では、普段口には出さないけれど、男性が抱いている彼女の料理に対する不満をご紹介します。

時にはケンカの原因にもなってしまうほど、食事の好みや理想は人それぞれで難しい問題ですが、それさえクリアすれば彼もあなたに惚れ直すかも?内容をしっかりと読んで、彼に料理を作ってあげる時の参考にしてみてください。

続きを読む >> 目次 味付けが男性の実家と違い過ぎる 料理に彼氏の嫌いな食材が使われている 明らかな手抜き料理ばかり 料理が凝り過ぎている 献立パターンがあまりにも偏っている 味付けが男性の実家と違い過ぎる 彼氏が実家暮らしが長い場合や、同棲したての彼氏彼女などが料理で揉めるよくあるパターン。

カレールーひとつとっても各家庭で使うものは異なる様に、家庭によって味付けの仕方が異なるため、最初のうちはどうしても違和感を覚えてしまうそう。

ただ、段々とあなたの味付けに慣れてくるので時間が解決してくれる場合が少なくありませんが、誰しも実家の味が食べたいと思うものなので、思い切って相手の母親に味付けやレシピを教えてもらうのも方法の一つです。

特に家庭によって使う出汁や具材や味噌の量も異なる味噌汁や、調味料の比率に好みが出る肉じゃがなどの煮物は味に差が出やすいでしょう。

その一方で美味しい味噌汁や煮物を作れる女性がタイプ、という男性も多いので、彼の感想を聞いたり反応をみつつ、彼の実家寄りの味付けに微妙に味を調整してレパートリーを増やしてみましょう。

料理に彼氏の嫌いな食材が使われている 好き嫌いは良くないけど、嫌いな食材が使われていたら不満に思われてしまっても仕方ありません。

特にアレルギーなどは事前にしっかりと確認しましょう。

もし、彼の体のためを思って嫌いな食材でも料理に使うとしたら、野菜などは細かく切って気付かれないようにこっそりカレーやハンバーグに混ぜ込んだりするなどの工夫をしてみましょう。

明らかな手抜き料理ばかり たまになら構いませんが、冷凍食品やお惣菜、コンビニ弁当など"手抜き料理"が続くと男性はガッカリしてしまい「彼女が料理してくれない」「彼女は料理ができない」と思われてしまいます。

仕事をしている女性は時間がとれず、いつもきちんとした料理が作れないこともありますが、冷凍食品や、スーパーのお惣菜、コンビニ弁当などの、あからさまな手抜き料理ばかりが目立つようになると、男性は不満を抱いてしまうようです。

もちろん大事なのは「気持ち」ですが、お休みの日などは彼の作ってほしい料理を聞いて彼が作って欲しい料理をふるまう日を作ってみてください。

料理が凝り過ぎている 彼女に料理を作って欲しいと思うくせに、お店に出る様な凝り過ぎた料理が出てきても…というのがワガママ男子の正直な感想。

カレーライス、ハンバーグ、オムライス、お肉など、男性は分かりやすい人気のメニューランキング上位に入る様な定番メニューを好むもの。

デートに行った時などたまにならいいですが、いくら料理が上手でも毎日凝りすぎたメニューや味付けを毎日は食べれないものです。

また、可愛い形に切られた煮物やキャラ弁、塩を使わないヘルシー料理や、カフェで出てくるようなワンプレートライスなど、自分用ならいいですが、明らかに女性向けのメニューも、男性には不評なようです。

やはり、普段から食べ慣れている、唐揚げやステーキ、カレー、ハンバーグ、オムライス、など好きな食べ物をアンケートした時にランキング上位に来るような定番メニューが人気なようです。

デートに行った時などたまにならいいですが、いくら料理が上手でも毎日凝りすぎたメニューや味付けを毎日は食べれないもの。

「普通の家庭料理でいい」が男性の本音であり、そんなあなたの姿を通して結婚後にキッチンで包丁を握るあなたを想い描く人もいるでしょう。

そんな彼に時には冷蔵庫の中のあり合わせで手際よく料理を作ったり、片付けや掃除まで完璧にこなすあなたを見せることが出来れば、彼からのラブ度アップも狙えるでしょう。

献立パターンがあまりにも偏っている しかし、だからと言って、男性が「唐揚げが好き」と言ったからといって、毎日のように唐揚げなどの肉料理ばかりになったり、いくら簡単にできるからと同じメニューが続くと飽きてしまうもの。

どんなに料理が美味しくても、毎日同じものが続くと飽きてしまって美味しくないと感じてしまいます。

夏は素麺ばかり、冬は鍋ばかりと季節の定番になりがちなのも注意。

普段は普通の家庭料理が良くても、たまには趣向の凝らした料理を作ってあげるくらいが喜ばれるようです。

「男性の胃袋を掴むと、男性の心を掴むことができる」と昔から言いますが、これはけして言い過ぎではありません。

特に普段手料理を食べない一人暮らしの独身男性なら、料理のおもてなしが嬉しいはず。

きっと喜ぶ顔が見られるでしょう。

普段はあまり料理をしないように見える女性も、料理上手なところを見せればそのギャップで彼もぐっとくるはず。

いざという時に失敗しないように日頃から練習をして、その時に備えましょう。

彼にとって自慢の「料理が得意な彼女」になれるように、彼好みの味を探してみてください。

あわせて読みたい 彼氏にしてもらうと嬉しい愛情表現はキスに大きな差をつけてハグが一位! オトナの男女が夜な夜なやってること7パターン あの2人いいなぁ…周囲がうらやむ幸せラブラブカップルの共通点とは?

キーワード

  • 料理
  • メニュー
  • 普段
  • たま
  • ハンバーグ
  • 実家
  • 唐揚げ
  • 手抜き料理
  • 食材
  • 嫌い
  • 煮物
  • 不満
  • 好み
  • 得意
  • 定番メニュー