エンタメ

カズオ・イシグロが語った“僕のセールスプロモーション”

2017年10月09日更新
カズオ・イシグロが語った“僕のセールスプロモーション”
『日の名残り』で英国最高の文学賞・ブッカー賞を受賞したのが12年前。作家として初来日したイシグロさん。日本語は5歳レベルで止まっているが、「内なる日本」は成長しつづけた。彼の中に日本はどのように影を落とし、どのようにして世界的なベストセラー作家になったのか。 出典:週刊文春2001年11月8日号「阿川佐和子のこの人に会いたい」 (#1〈カズオ・イシグロに阿川佐和子が聞いた 「初恋」と「私の中の日本人」〉より続く) ◆ ◆ ◆ ボブ・ディランが好きで、100曲ぐらい曲もつくった 阿川 イシグロさんはピアノもギターもお上手で、最初は音楽の道に進みたいと思っていらしたんでしょう? イシグ...

キーワード

  • イシグロ
  • 日本
  • イギリス
  • 小説
  • 作家
  • 世界
  • 探偵
  • 長編
  • 特別
  • アーティスティック
  • プロモーション
  • 80年代
  • 感動
  • 純粋
  • 葛藤