エンタメ

「見やすいドラマ」と高評価を受ける、A.B.C-Z塚田僚一出演『さくらの親子丼』第2話

2017年10月19日更新
「見やすいドラマ」と高評価を受ける、A.B.C-Z塚田僚一出演『さくらの親子丼』第2話
“塚ちゃん”に相談したら、あんなに真剣に聞いてくれなさそうなところがGOOD A.B.C-Z塚田僚一が出演するドラマ『さくらの親子丼』(フジテレビ系)の第2話が、10月14日に放送された。平均視聴率は3.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)となり、第1話の4.2%から0.7%ダウン。第1話放送後には視聴者から「ちょっとテーマが重い」との声もあったため、その影響が少なからずあったようだ。 同作は、主人公の九十九さくら(真矢ミキ)が営む古本屋「九十九堂」の店の奥にある、「たまりば」と呼ばれる場所が舞台。そこでさくらは、空腹で訪れた客に無料で“親子丼”を提供していた。そのウワサを...

キーワード

  • さくら
  • あざみ
  • 風花
  • たまりば
  • ドラマ
  • 展開
  • 息子
  • 親子丼
  • 俊太
  • 恭子
  • 子ども
  • 予告
  • 視聴者
  • シーン