エンタメ

生理用ナプキンを生んだ“ニッポンのノブレス・オブリージュ”

2017年10月28日更新
生理用ナプキンを生んだ“ニッポンのノブレス・オブリージュ”
日本で初めて(世界初でもある)現在のような使い捨て生理用ナプキンが発売されたのは、今から56年前、1961年の11月のことである。 坂井泰子さんという1人の若い主婦が、女性が安心して月経日を過ごせるようにしたいとの一念から会社(のちにアンネ社と命名)を立ち上げ、協力者たちとともに発売した「アンネナプキン」は、瞬く間に日本中の女性たちの支持を得、ただひたすら憂鬱なものとされていた月経のイメージそのものまで変革した(月経を「生理」と呼ぶのはNG!? アンネナプキンの登場によって劇的に変わった月経観)。 アンネ社がアンネナプキンを発売しなくても、遅かれ早かれ他のメーカーが使い捨て...

キーワード

  • アンネ
  • 坂井
  • ライオン
  • アンネナプキン
  • ノブレス・オブリージュ
  • ナプキン
  • 先生
  • 発売
  • メディア
  • 取材
  • 坂井泰子
  • 日本
  • 生理
  • 生徒
  • 森部