エンタメ

海堂尊×阪本順治「革命家ゲバラの存在を通じて、日本人に伝えたいこと」

2017年10月31日更新
海堂尊×阪本順治「革命家ゲバラの存在を通じて、日本人に伝えたいこと」
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの没後50年となる2017年10月――。 ゲバラに魅了された二人の表現者が相次いで作品を発表した。 ベストセラー作家・海堂 尊は、ゲバラの生涯と激動のラテンアメリカを描いた四部作『ポーラースター』の第二巻『ゲバラ漂流』を刊行。 日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した名監督・阪本順治は、ゲバラから戦士名を授けられた無名の日系人を主人公とした映画『エルネスト もう一人のゲバラ』を送りだした。 二人の男が惚れた「エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ」の魅力に迫る。 ◆◆◆ 『ゲバラ漂流 ポーラースター』(海堂 尊 著) 阪本 チェ・ゲバラをめぐる四部...

キーワード

  • ゲバラ
  • キューバ
  • 映画
  • 海堂
  • フレディ
  • エルネスト
  • 小説
  • ポーラースター
  • ラテンアメリカ
  • 日本人
  • フィクション
  • 医師
  • チェ・ゲバラ
  • 革命
  • 人称