メイク

【保存版】2017年秋冬のトレンド眉って?なりたい印象別4大アイブロウの描き方をお教えします!

2017年11月17日更新
【保存版】2017年秋冬のトレンド眉って?なりたい印象別4大アイブロウの描き方をお教えします!

顔の印象を一番左右するパーツはズバリ《眉》!眉の色味、カタチや長さをチェンジすることでキリっとした美人系にもふんわり可愛い系にも、いろいろな私になれちゃう!2017冬トレンドの《今真似すべき眉のカタチ》をタイプ別で4つ大公開♡うまく描くコツもお教えします! 眉にもいろんなカタチがあるけれど 皆さん、普段メイクをするときどの部分に一番時間をかけますか?まつ毛命の方はマスカラに、魅力的なリップに自信がある方はリップに、などなど人によって違うと思います。

ところで、眉にはどれくらいかけていますか?眉って、どれだけメイクが上手な人でも毎日同じカタチを描くのは難しいもの。

コレといったトレンドがあるようでない眉は、参考にする見本が少ないのも事実。

雰囲気で描いている大人女子も多いんじゃないですか?アイブロウに自信が無くて、前髪で隠しているという方もいますが、そんなの勿体ない!アイブロウを変えるだけでお顔の印象って驚くほど変わるものなんです。

そこで今回、《今真似すべき眉のカタチ》4つをご紹介!描く時のポイントも詳しくご説明します♡ 1、正統派美人のきりっと眉 今回ご紹介する眉の中で最も存在感を発揮するきりっと眉。

一歩間違えれば意志の強すぎる表情になってしまうきりっと眉は、ハマれば正統派美人な印象に。

イマドキなきりっと眉に仕上げるなら《毛並み感》を重視して。

眉一本一本を主張させるように、アイブロウブラシを使って毛を立てるのが◎描く時も埋めるように描くのではなく、一本一本を意識しながら描くことで、軽やかなヌケ感が生まれます。

眉山に角度をつけるのも大切なポイント!きちんと角度をつけることでメリハリのある眉に仕上がります。

眉尻はスッと、細めに描きましょう。

正統派美人度をあげてくれるきりっと眉。

主張の強いきりっと眉は、目元をはっきりと見せてくれます。

骨格をも際立たせてくれるので小顔効果も狙えるのだとか!芸能人だと長谷川潤さんや武井咲さん、北川景子さんなどそうそうたる顔ぶれ!美人の代名詞と言っても過言ではないですよね。

プロセス 1、リキッドアイブロウまたはペンシルアイブロウ、透明マスカラを用意。

2、一本一本、眉毛をはやしていくつもりで形づくっていきましょう。

埋めすぎないように注意! 眉頭から眉山までは均等の太さで、眉尻はスッと先細りに。

眉山に角度を持たせて主張させるのがポイント。

3、スクリューブラシなどで眉毛を立てます。

ツヤのある毛並みに仕上げるため、透明マスカラを重ねます。

2、素のカタチを生かしたナチュラル眉 素を生かしたナチュラル眉。

作り込まないナチュラル眉は、親近感や安心感を与えてくれます。

もともとの自分の眉毛の太さやカタチ、色をあまり変えないまま最大限の魅力をひきだしてあげるのがポイント。

メイクした感じをなるべく出さずにあくまでも素の眉毛を引き立てるように。

そこで重要となってくるのが自分の色にぴったりと合うアイブロウ。

そこを押さえていれば太さやカタチに決まりはないので、自分に似合っていればOK♡ これといって決まったカタチが無いので、自由度の高いナチュラル眉。

一人一人が持つ眉の個性をひきだしてくれるのがこの眉の特徴。

芸能人だと佐々木希さんや本田翼さん、綾瀬はるかさんや新垣結衣さんなどがナチュラルな眉メイクをしています。

プロセス 1、アイブロウパウダーを用意。

自分の眉や髪の色に近い色を選ぶのがミソ。

2、柔らかいアイブロウブラシで、輪郭をはっきりさせすぎないように気をつけながら眉全体にふんわりとパウダーを重ねます。

3、もともとの眉のカタチをあまり変えない程度に、作り込みすぎないように気をつけて。

眉尻の輪郭はアイブロウブラシで少しシャープに仕上げるとより洗練されます。

眉尻を長く描くと大人っぽく、短く描くと可愛く仕上がります。

3、色っぽく♡細めのフェミニン眉 太眉が主流となっている昨今、細めの眉が少しずつ返り咲いてきています♡少し古いイメージがある細眉をイマドキに仕上げるコツはずばり《角度》あまり眉山に角度を持たせることなくストレートに描くのがポイント。

眉頭から一定の細さを保ち、メリハリをつけないように。

そうする事で華奢な女性らしさを演出することが出来ちゃいます♡眉間は狭くし、ノーズシャドウを入れることでのっぺり見えを防止しましょう! 華奢な眉は、顔立ちを女性らしく、かつ大人っぽく魅せる効果があり、可愛い顔立ちの童顔さんにも相性ぴったりと言えます。

芸能人だと石原さとみさんや乃木坂46の白石麻衣さんなども細眉の印象。

プロセス 1、アイブロウペンシルまたは、パウダーアイブロウを準備します。

軽やかな印象にしたいので、実際の眉よりも1トーンくらい明るいカラーを選んでください。

2、眉間の幅は普段よりも近づけるように意識して、眉山は作らずにストレートをイメージしながらゆるやかなアーチに。

眉尻は下げすぎないように注意!3、のっぺり見えを防止するためにノーズシャドウをいれてホリを深く。

4、お好みで眉マスカラを。

つけすぎると眉毛一本一本が太くなるので、軽く梳かす程度で薄づきにするのが◎ 4、淡い雰囲気に、ふんわり眉 カジュアルな雰囲気に仕上がるふんわり眉ですが、今年トレンドの《赤み》をプラスしてあげることでより旬でお洒落な顔立ちに。

全体的に明るめのトーンにするとうまくハマります。

秋冬ファッションとも相性抜群ですよ♡淡いふんわり眉は、カタチや毛並みを綺麗に描きすぎないよう、曖昧に描いて仕上げるくらいラフで大丈夫。

むしろそれくらいの方がこなれ感があっていい。

カタチはアーチを意識しつつ、太さはほどよく均等に。

少しぼさっとさせるくらいがピュアさも演出できて丁度いいんです。

女の子らしい、可愛いタイプの女性に多い淡めのふんわり眉。

明るめのトーンで描くので眉自体の存在感がそこまで強くならないので、お顔の印象が柔らかくなります。

芸能人だと吉岡里帆さんや有村架純さんなど、まさしくふんわりとした方々が並びます。

プロセス 1、アイブロウペンシルまたはアイブロウパウダー、眉マスカラ、赤みチークを準備。

赤みのあるカラーがグッド。

なければ明るめのカラーを選んでも大丈夫。

2、輪郭をはっきりさせないように眉に重ねてのせていきます。

カタチは細すぎず、眉山も作らず。

ぼやっとした印象の眉にして。

3、眉マスカラをしっかりとのせて、少し乾いたらその上からチークを重ねて赤みをプラス。

ペンシルやパウダーで、もともと赤みのあるカラーを使用した人はこの手順は無くても大丈夫です。

自分に似合う眉毛を見つけて それにしても眉毛って本当に奥が深い。

なりたい印象別に合わせて眉毛のカタチを変えてあげると、より理想の顔に近づけるし、毎日のメイクにマンネリ気味なら、眉を意識する事で新鮮な自分に出会えてしまう。

ほんの少しのチェンジで日々のメイクをもっと楽しく♡ぜひ試してみてくださいね! この記事が気に入ったらいいね!しよう ふぉーちゅんの最新記事をお届けします

キーワード

  • カタチ
  • 眉毛
  • 眉山
  • アイブロウ
  • ナチュラル
  • ポイント
  • 眉尻
  • 角度
  • 美人
  • プロセス
  • 赤み
  • 少し
  • 芸能人
  • 意識