エンタメ

宇多丸×真魚八重子「ダメ人間」バリー・シールを演じるトム・クルーズは最高!

2017年11月19日更新
宇多丸×真魚八重子「ダメ人間」バリー・シールを演じるトム・クルーズは最高!
トム・クルーズの新作『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、1970年代に大手航空会社のパイロットとして活躍し、CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で巨万の富を築いた実在のアメリカ人=バリー・シールの生涯を描いた「実録犯罪映画」。 今年7月、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ)の「みんな大好き!“トム・クルーズ”総選挙」で初共演した宇多丸さんと映画評論家の真魚八重子さんに「ダメ人間」を演じるトム・クルーズの魅力と「オススメの実録犯罪映画」について、熱く語っていただきました。 ◆◆◆ 実は雑魚キャラ? 本当のバリー・シール...

キーワード

  • 映画
  • 監督
  • トム
  • バリー・シール
  • 人間
  • トム・クルーズ
  • グッドフェローズ
  • 実録
  • 問題
  • 原作
  • ノンフィクション
  • バリー
  • 時代
  • 作り手
  • 主人公