メイク

眉毛の整え方と描き方をタイプ別で紹介!道具と注意点もまとめました♡

2018年01月26日更新
眉毛の整え方と描き方をタイプ別で紹介!道具と注意点もまとめました♡

正しい眉毛の整え方、ちゃんとできてる?♡ 出典: www.instagram.com 顔の印象を左右するといわれている、眉毛。

眉毛は人の顔の中でもとても重要なパーツなんです。

しかし、地眉毛は人それぞれ違うもの。

トレンド眉毛や自分のなりたい眉毛の形に合わせて整えるなんて難しそうですよね?でも、ポイントをおさえれば、誰でも簡単に正しい眉毛に整えられるんです!自己流の整え方で、眉毛の形を整えていませんか?正しい整え方で、自信を持てる美眉を目指しましょう♡ 眉毛を整えるのに必要な道具はこちら♡ 眉切りはさみ 眉切りはさみは眉毛のケアには必要不可欠なアイテムです。

眉切りはさみで、長さを調節しましょう。

≪切りはさみを使いこなすコツ≫・刃は切る方向に合わせること眉毛カットをするとき、はさみの刃の方向を考えずに寝かせて切っていませんか?実は、切りすぎる原因になっているんです。

眉切りはさみの刃は、切りたいラインと平行にして切るのがポイントです♡・眉尻は一本一本切る眉尻は毛が薄いことが多いです。

そして、形の印象を左右する重要な眉尻。

一番丁寧に整えないといけない部分なので、一本一本切りましょう。

アイブロウで好みの形をなぞってから、はみ出た部分をカットするのがおすすめです! アイブローブラシ&コーム アイブローブラシとコームも眉毛の流れを整えたり、眉カットの切り過ぎを防止する重要なアイテム。

≪アイブローブラシ&コームを使いこなすコツ≫・眉山から眉尻は下向きにとかしてはみ出た毛先をカット・眉頭から眉山は上向きにとかしてはみ出た毛先をカット 毛抜き 毛抜きは余分な毛を抜くときに使います。

必要な部分まで抜きすぎないように注意してくださいね!≪毛抜きを使いこなすコツ≫・毛流れに沿って抜く・根元を挟んで抜く 眉毛を整えるのに必要な道具④フェイスシェーバー眉・顔用の電動シェーバーは、カミソリや毛抜きと違って肌に負担がかかりずらいのでとってもおすすめなんです。

≪フェイスシェーバーを使いこなすコツ≫・上の輪郭は、上から下へ刃を動かす・下の輪郭は、外側から内側へ刃を動かす 眉毛の正しい整え方をマスターしましょう! ♡:眉毛の黄金比率って知ってる? 眉毛を整える前に、眉毛の黄金比率をおさえておきましょう。

眉毛の黄金比率のポイント①眉頭と眉尻は平行に。

②眉頭は目頭より少し内側に。

③眉山は黒目の外側の延長線上から目尻の間(眉全体の2/3くらいの位置)④眉尻は小鼻と目尻の延長線上どうですか?黄金比率の眉毛になっていますか?この黄金比率をおさえれば、バランスの良い眉毛になります。

美眉毛をゲットできちゃいますよ!♡ 出典: www.instagram.com 正しい眉毛の形に整えるポイント①眉頭眉頭は眉の始まる場所。

顔の正面の印象は眉頭で決まります。

左右の眉頭の幅が狭いと、少しキツめの印象になってしまいがちです。

逆に、左右の眉頭の幅が広いと、なさけない印象になりやすいといわれています。

一般的に左右の眉頭の幅は、小鼻と同じくらいがちょうど良いんです。

②眉山眉山は眉の中で一番高い位置で、山になっているところ。

顔の正面と横顔の境界線といわれていて、顔を立体的にしれくれるので日本人には重要ですね!眉毛を上げたときに出てくる筋肉をチェックすると眉山を見つけやすいんです。

一般的に黒目の外側から目尻の間にあります。

1センチくらいのなだらかな眉山が、バランス良く見えるのでおすすめです。

③眉尻眉尻は眉の終わる場所。

顔を正面から見たときに、小鼻から目尻を結んだ延長線上の内側に入るようにすると良いといわれています。

延長線からはみ出るほど長くしてしまうと、顔が平面的に見えてしまうので要注意です! ♡:眉毛を描く 自分に合った、理想的な眉毛の形が分かったら、眉毛の形を描いてみましょう。

理想の眉毛の形を描いてからカットすると失敗も少なくてわかりやすいんです♡逆に、すっぴんの状態で行うと切ってはいけなかったはずの、必要な部分までカットしてしまう可能性があります。

さらに、不要な部分を切り忘れてしまう原因にもなってしまいます。

♡:毛並を整える 出典: www.instagram.com 理想的な眉毛が描けたら、眉毛の毛並を整えましょう。

やらなくても大丈夫だろうと思われがちなこの工程。

実はこの一手間が大切なんです!眉毛の切り過ぎ防止にもなりますよ!スクリューブラシで、眉頭、眉山、眉尻の順に毛流れに沿ってとかしていきましょう♡ ♡:眉下のラインからはみ出た部分だけカット 眉毛の毛並を整えたら、早速カットしていきます!まずは、眉下のラインからはみ出た部分だけをカットしましょう。

カットするときは、眉毛カット用のハサミを使ってください。

そして、ハサミは寝かせず、片側の刃を肌に垂直に当てたまま、眉下のラインからはみ出た毛先を切りましょう!はみ出た部分が多い方は、ハサミを大きく開いて一気に切るようにしてみましょう♡1本1本切ると、仕上がりがギザギザになってしまいがち。

注意してくださいね! ♡:根元からはみ出てた部分は抜く 眉切りはさみではみ出た部分をカットしたら、次は毛抜きを使います♡毛抜きで、眉下のラインから根元からはみ出てた部分を1本1本抜きましょう。

毛流れに沿って、根元を挟んで抜くと痛みが少なくなります。

眉切りはさみやシェーバーでも良いですが、毛抜きで抜いた方がより長持ちするのでおすすめ♡ ♡:眉毛まわりのうぶ毛をきれいに処理する 眉切りはさみと、毛抜きである程度形が整ってきたら、シェーバーで眉毛まわりのうぶ毛をきれいに処理していきます。

眉の周りに産毛があると、眉がくっきり際立たないんです!そのため、アイメイクにも影響がでてきてしまいます。

しっかりシェーバーで処理しておきましょう。

主に、眉間と眉上の不要な毛を剃っていきましょう♡カミソリよりも肌に負担が少ないのでできれば電気シェーバーがおすすめです! ♡:髪色に合わせて脱色 どうでしたか?♡眉毛はきれいに整えられましたか?最後に、髪色に合わせて脱色していきます。

暗めの髪色であれば大丈夫ですが、明るめの髪色だと眉マスカラだけでは、カバーしにくくなる場合があります。

明るい髪色の方は脱色をおすすめします! 【注意すること】 ♡:抜いていいのか 出典: www.instagram.com 眉毛は抜いていいの?という疑問をよく聞きます。

結果からいうと、眉毛は抜いてもいいのです!ただし、抜いていい場所だけです。

その場所とは「眉下のラインから根元からはみ出てた部分」のことです。

また「眉間と眉上などの眉毛まわりのうぶ毛」も抜いてかまいません。

眉山や眉頭などは抜かないようにしましょう。

間違った部分を抜いてしまうと、必要な部分に毛が生えてこなくなっていまう可能性があるからです! ♡:眉山はどうするか 出典: www.instagram.com 眉山はどうしたらいいの?こちらも気になる疑問ですね!眉山のラインは、基本的にカットしたり抜いたりしないようにしましょう。

眉毛は、眉を上げ下げしたときに盛り上がる「眉丘筋」という筋肉に沿って生えているんです。

眉丘筋を無視した眉は不自然になってしまいがち。

そのため、眉山はカットしないのが基本とされているんです。

眉毛の形のラインが、ガタガタになってしまう人は、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーで埋めてみてください!+α眉毛の起点となる眉頭は、カットしたり抜いたりして、位置を変えたり細くしたりすると、全体のバランスが悪くなってしまいがちです。

両眉の間のむだ毛以外は触らないようにしましょう。

♡:ポイントは、ありのまま 出典: www.instagram.com 眉毛の整え方は難しいようで簡単。

1番のポイントは、ありのままです!無理に眉の形を変えようとしなくていいんです。

自分の自然な眉の形をいかすのが大切♡そして眉毛を整えるときは、鏡で全体のバランスを確かめながら行ってくださいね♡注意点を意識して、正しい眉毛の整え方をマスターしてください! 【描き方】 眉毛を正しく整えたら、次は眉毛の書き方です♡眉毛の形ごとに描き方をまとめていきます!まずは、基本的な眉毛の書き方。

基本的な眉毛の描き方①アイブロウペンシル等で輪郭を描きます。

眉頭の上のラインは強調しすぎるとキツい印象になりやすいので描きません。

基本的な眉毛の描き方②アイブロウパウダーで毛の間を塗りつぶすように埋めていきます。

ここでも眉頭は濃くなりすぎないように注意しましょう! 基本的な眉毛の描き方③最後に、自分の髪色に合わせて眉マスカラを塗っていきます!だまにならないように素早く塗りましょう♡ ♡:ナチュラル眉 出典: www.instagram.com それでは、タイプ別に眉毛の書き方を紹介していきます。

まずは誰もが憧れる【ナチュラル眉】ナチュラル眉とは、無理に形を変えようとせず自分のありのままの眉毛の形を生かした眉毛です。

自分の顔に似合う、とっても自然な眉毛。

正しく整えていれば、描き方は簡単なんです♡ ナチュラル眉の描き方①眉尻の位置を決めるポイントは、描き始める前に仕上がりをイメージすること!眉の最後は、小鼻の端と目尻を一直線につないだラインの先。

ナチュラル眉の描き方②アイブロウパウダーを塗る毛並に沿ってアイブロウパウダーを塗ります。

特に眉山から眉尻にかけて、眉毛1本1本の間を埋めるように塗りましょう♡(眉毛が細かったり、眉毛の量が少ない人は、アイブロウペンシルで眉毛の上のラインと眉尻まで下のラインを繋げるように描きましょう。

その後で、ラインをぼかしながらアイブロウパウダーで埋めていきます。

) ナチュラル眉の描き方③スクリューブラシでぼかす眉頭は、スクリューブラシを斜め上方向に動かして、自然にぼかしましょう。

毛流れも整えられますよ♡ナチュラル眉の描き方④最終チェック最後に、一度左右対象かどうか鏡で最終チェックしてみましょう!修正したい部分があれば、綿棒などを使ってそこだけ消して、描き直してみてください。

ナチュラル眉の完成!とっても自然で万人ウケするナチュラル眉になりました♡どんな眉毛にするか迷ったら、初めはナチュラル眉に挑戦してみてはいかがですか?♡ ♡:太くて濃い眉 出典: www.instagram.com 次は一世を風靡してからじわじわブームが続いている【太くて濃い眉】トレンドの太くて濃い眉は、ただボサボサした太い眉ではないんです!太さと濃さはあっても、色みはふんわりと柔らかくてナチュラルなイメージの太くて濃い眉が話題♡私は太くて濃い眉は似合わない!と思っている人も、自分に似合う太くて濃い眉を作ってみてください♡ 太くて濃い眉の描き方①完成図を考えるまずは、理想的な太くて濃い眉の形を考えます。

1. 眉山の角度はほとんどつけない2. 眉の太さ(ベース)はおよそ8ミリ3. 眉頭は鼻柱の骨の延長線上4. 眉頭のはじめは目頭の延長線より内側に1〜2ミリ5. 眉尻と眉頭はほぼ同じ高さ 太くて濃い眉の描き方②スクリューブラシで毛並を整え、アイブロウパウダーで全体の色をそろえる眉全体をスクリューブラシで内から外へ、流れに沿ってとかしましょう!アイブロウパウダーの薄い方の色をブラシにとって、全体の眉の色が均一になるように左右にブラシを往復させて軽くなじませてください♡ 太くて濃い眉の描き方③さらに濃い色のアイブロウパウダーをのせる全体的に太さを出すために、眉間の上を濃い色のアイブロウパウダーで描き足ます。

ポイントは、地眉の上に1本1本眉を生やすイメージで上に向かって描くこと!眉頭の角も少し四角くて大丈夫♡この時に、眉幅をおよそ8ミリになるように整えるのがベストです! 太くて濃い眉の描き方④眉山の下に描き足して直線に整える眉山の下のくぼみに、同じように眉を生やすようにアイブロウパウダーで描き足しましょう。

全体の眉の流れが直線になるようなイメージで描くのがコツです♡このとき、眉頭と太さがそろうようにすると自然な印象を作れます! 太くて濃い眉の描き方⑤眉尻と眉頭をそろえるように描く仕上げに眉尻を眉山からさっ抜くようにして描きましょう。

あえて細く描かない方がトレンドっぽくなります♡自然にすぼまっていくようなイメージで! 太くて濃い眉の描き方⑥眉マスカラでカラーを自然にする最後に眉マスカラで髪色と合わせます。

太くて濃い眉は暗すぎると重い印象になりやすいので、少し明るめの色の眉マスカラがおすすめです♡ 太くて濃い眉の完成!いかがですか?♡太くて濃い眉にすることで「小顔効果」や「目力アップ」が期待できちゃうんです♡ぜひ一度挑戦してみてください! ♡:ふんわり薄い眉 出典: www.instagram.com 最新のトレンドなのが【ふんわり薄い眉】やわらかくて女の子らしい印象になると話題なんです!早速、ウケ抜群のふんわり薄い眉の描き方を紹介します。

ふんわり薄い眉の描き方①スクリューブラシで毛並を整える眉毛をふんわりさせるためには、しっかりスクリューブラシで眉毛の毛並を整えることが重要になってきます。

アイブロウブラシでとかすだけで何が変わるの?と思ってしまいがちですが、ナチュラルな印象になる、大切な工程なんです。

ふんわり薄い眉の描き方②薄く上のラインを描く明るめのアイブロウペンシルか、リキッドか、アイブロウパウダーで眉毛の上のラインに合わせて描いていきます。

濃くなり過ぎないようにスピーディーに描きましょう。

ふんわり薄い眉の描き方③薄く下のラインを描く上のラインを描いたら、次は下のラインです。

眉頭と平行になるイメージで薄く描きましょう。

こちらも、アイブロウペンシルだと濃くなりやすいので初心者さんは、リキッドやアイブロウパウダーがおすすめ。

ふんわり薄い眉の描き方④眉マスカラで隙間を埋めていく最後に眉マスカラで1本1本の隙間を埋めるように、塗っていきます。

この時も、ダマにならないように素早くがポイント!そして、毛並に沿って明るい色を塗ることでナチュラルでふんわりした印象の眉毛になります♡ ふんわり薄い眉の完成!ポイントは、隙間は眉マスカラで埋めること!濃くなり過ぎず、ふんわり優しい印象になります。

最新のトレンド眉を先取りしてみては?♡ ♡:平行眉 出典: www.instagram.com そして絶大的に人気なのが【平行眉】定番化されつつある、平行眉の描き方をお教えします♡イメージは、眉頭は太めにすっと流れるように。

もちろん元々の形は関係ありません!上がり眉毛さんも、下がり眉さんも誰でも挑戦できるので安心してください♡ 平行眉の描き方①平行になるように形をイメージする眉頭の上の部分と眉山の下の部分を平行に埋めるイメージです。

他の部分まで描き加えてしまうと、不自然な形になってしまいがち。

太くもなりやすいので、この2点だけを描き加えましょう。

平行眉の描き方②アイブロウペンシルで輪郭を描く平行眉の輪郭をアイブロウペンシルで形どるように描いていきます。

この時に、濃くならないように薄く描くのがポイントです。

曲がってしまわないように注意して丁寧に描きましょう♡ 平行眉の描き方③アイブロウパウダーで埋める平行眉は、濃い色だと逆に不自然になってしまい間抜けに見えてしまいます。

薄い色のアイブロウパウダーで輪郭の中を埋めましょう。

特に眉頭は薄くです! 平行眉の描き方④もう一度輪郭を描くアイブロウパウダーで埋めたら、輪郭がぼやけてしまうのでもう一度アイブロウペンシルで描き足してみてください。

きれいな平行を作るためには、この工程が重要なんです♡ 平行眉の描き方⑤眉頭やアイブロウペンシルで描いたラインをなじませる眉頭はできるだけ薄く!がポイント。

気になる部分はぼかしてなじませましょう。

平行眉の描き方⑥スクリューブラシで毛並を整える仕上げは、スクリューブラシで、乱れた眉毛の流れを整えます。

眉頭は上に向かって、中間から眉尻に向かって、流れに合わせてとかしていきましょう。

平行眉の描き方⑦眉マスカラで色をなじませる最後に髪色に合わせて眉マスカラを塗りましょう。

実際の髪色よりもワントーン明るい色の眉マスカラを使うのがコツですよ♡ダマにならないようにさっと塗っていきましょう! 平行眉の完成!最近大人気の平行眉もポイントさえ押さえれば簡単に作れちゃうんです。

顔の印象の約8割を決めるといわれている眉毛を、平行眉にすることで優しい印象になります♡ 正しい眉毛の整え方をマスターして、愛され眉をゲット♡ 出典: www.instagram.com いかがでしたか?正しい眉毛の整え方と、眉毛の描き方をマスターすれば、オン眉ヘアやかき上げヘアも怖くありません!逆に、正しい眉毛の整え方や眉毛の描き方は、知っていないと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

自信を持って眉毛を見せられるような眉毛美人になりましょう♡

キーワード

  • 眉毛
  • 描き方
  • 眉頭
  • アイブロウパウダー
  • ライン
  • 眉山
  • 眉尻
  • ナチュラル
  • ポイント
  • カット
  • 平行眉
  • スクリューブラシ
  • 眉マスカラ
  • イメージ