ヘアスタイル

前髪の切り方・セルフカットのやり方7選♡失敗しないコツと用意するもの

2018年02月02日更新
前髪の切り方・セルフカットのやり方7選♡失敗しないコツと用意するもの

前髪の切り方で女の子はグンと可愛くなる♡ 出典: www.instagram.com 前髪の切り方ひとつで、女の子の印象はガラッと変わるもの。

美容院に行ったばかりの時は、可愛い前髪でいられるけど、少し時間がたてば前髪は数ミリくらいは伸びてきてしまいます。

伸ばしかけ前髪の処理って結構たいへん!思うようにアレンジできないし、かといって少し伸びたくらいで美容院に行っている余裕もないし・・・。

でも前髪をセルフカットするやり方を覚えれば、可愛く綺麗に前髪を切ることができちゃいます♪女の子の見た目の第一印象を決める前髪にはたくさんのバリエーションがあります。

ここでは前髪のバリエーションごとの切り方、セルフカットのやり方、失敗しないポイントを紹介しておりますので、美容院にいかなくても出かける前に即効イメチェンもできちゃいます!前髪を切って整えると、印象や雰囲気を変えてくれるだけでなく、顔を小さく見せる効果や顔のバランスを整える効果もあるんです。

女の子の”かわいい”を作るのには欠かせない、前髪の切り方を紹介します。

前髪を切る時に用意するもの 前髪を切るときに用意すると便利な道具を紹介します。

プロ用の高価な道具を揃える必要はありませんが、ハサミなどは安すぎるものを使うと、切れ味がよくなく前髪が綺麗に切れなかったり、髪を傷めたり、怪我をすることもありますので注意してくださいね。

ハサミ&すきバサミ(セニングシザー) ハサミは良く切れるヘアー用のハサミと、すきバサミ(セニングシザー)を用意しましょう。

基本的には普通のハサミを使いますが、前髪の毛量を調整するにはすきバサミのほうが調整しやすいです。

ハサミは切れ味も大事です。

良く切れるハサミを使わないと、前髪が綺麗に整わないので注意!ハサミとすきバサミがセットになっているものがamazonなどでも購入できるので、チェックしてみましょう。

コーム 前髪をセルフカットする時には、髪をしっかりとかす必要があります。

髪はコーム(櫛)を使ってとかしておきましょう。

コームは100均ショップなどでも手に入りますし、比較的リーズナブルに用意できますが、プロ用コームなどは静電気を抑える効果もあって、髪をとかしやすいのでおすすめです。

ブラシでも良さそうに見えますが、髪をすくにはコームのほうが使いやすいのでオススメです。

髪を留めるもの(ピン、ゴム、クリップ、ヘアバンドなど) 前髪をセルフカットする時に邪魔な毛を止めたり、切った後にヘアアレンジするときにはヘアピンやヘアゴムが必須になります。

前髪を切るときにはクリップやヘアバンドも使いやすいので、セルフカットするパートごとに髪を留めるアイテムを使い分けましょう。

大きめミラー 前髪を切るときは必ず鏡で見ながら切りましょう。

小さなミラーだと見にくくて、鏡に近づいて屈んでしまったり、全体のバランスを見ることができなくなったりするので、仕上がりがアンバランスになることがあります。

出来るだけ大きめのミラーを使うことをオススメします! 前髪のセルフカットのやり方 出典: www.instagram.com 前髪のセルフカットのやり方を、様々な前髪のタイプごとにご紹介します。

伸びかけた前髪をいちいち美容院で切ってもらうのは、時間的にも経済的にも非効率ですよね。

セルフカットのやり方を覚えてしまえば、いつでも自宅で可愛い前髪が作れちゃいます♡前髪をセルフカットはポイントを押さえれば簡単に切れちゃいます!女の子らしいぱっつん前髪やサイド流し、オルチャンに人気のシースルーバング、斜めバングやアシンメトリ―やラウンドカットも♪前髪のヘアスタイルごとにセルフカットのやり方をまとめましたので、参考にしてみてください。

前髪のセルフカットのやり方「ぱっつん」 出典: www.instagram.com ぱっつん前髪のセルフカットのやり方を解説します。

ぱっつん前髪は、適度な幼さがでるので可愛い女の子の印象を持たせるのにピッタリ♪男ウケも抜群です!ぱっつん前髪は目が大きく見える効果もあって、女の子なら覚えておきたい前髪の切り方ですね。

丸顔の方が似合う傾向にあります。

面長の方がぱっつん前髪にすると、面長が強調されてしまうのであまりオススメしません。

ぱっつん前髪にするセルフカットのやり方を覚えて、可愛い女の子を演出しましょう♡ 「ぱっつん前髪のセルフカットのやり方」 ①ぱっつん前髪にする範囲を取る乾いた髪の状態でぱっつんする部分を取ります。

前髪のぱっつんにする部分を取るときは、必ず真正面を向きうつむいたりしないようにしましょう。

前髪はおでこの上に二等辺三角形ができるように取ります。

目安は黒目の外側にかかるくらいのボリュームで取りましょう。

②コームで少しずつすくってハサミを縦にして前髪を切る前髪の先端1cmくらいをコームですいて、指でつまんではみ出た部分を少しずつ切っていきましょう。

横着して、いっぺんに切ろうとすると失敗してしまいます。

ハサミを入れるときにも注意が必要です!真横にハサミを入れて切ると、真っ直ぐきれなくて斜めになってしまい、失敗しやすいです。

ハサミは必ず立てて、髪を縦に切っていきましょう。

前髪をある程度切ったら、前髪を下して長さを確かめましょう。

このとき、どこか一部分が極端に長く残っていたとしても、焦らず少しずつ縦にハサミを入れて前髪を整えるように切っていきましょう。

ゆっくり少しずつ丁寧に前髪を切っていくことがポイントです。

ぱっつんに切る位置は、眉に少しかかるくらいがバランス良く見えますが、眉を完全に覆うような重めのぱっつん前髪も顔の面積が少し狭く見えるので、小顔に見せる効果が期待できます。

③はみ出た前髪をハサミを横にして慎重に切る前髪を下して全体の長さが横に真っ直ぐ均等になったら、はみ出た前髪の先端をハサミを横にして慎重に切ります。

これで、ぱっつん前髪の出来上がり♡ 前髪のセルフカットのやり方「シースルーバング」 シースルーバング(シースルー前髪)のセルフカットのやり方を解説します。

シースルーバングは韓国発の人気のヘアスタイルで、韓国の可愛い女の子(オルチャン)のヘアスタイルのイメージがとても強くて有名ですよね♡日本でも石原さとみさんや小嶋陽菜さんなど、芸能人やアイドルの間でも人気です。

赤ちゃんのような可愛らしい印象になれるシースルーバングは、丸顔や面長の方でも良く似合う前髪で、年齢も女子高生から大人の女性まで、かわいらしく見せてくれるヘアスタイルなのです! 「シースルーバングのセルフカットのやり方」 ①髪を左右に分け、真ん中から指1本分くらいの毛束を取る乾いた髪の状態で頭頂から髪を左右に半分に分けます。

おでこの上の前髪部分を指1本分だけ取りコームを使って下にとかします。

コームでとかすと、横幅4㎝くらいの毛幅になります。

この時、おでこの上の分け目に三角形が出来るようになります。

②ハサミを縦にして眉毛の下くらいの長さの前髪を切るハサミを縦にしてコームですくった前髪を少しずつ切っていきます。

いっぺんに切ろうとすると失敗しやすいので注意!真横にハサミを入れるのではなく、必ずハサミは縦にしてすくように切っていきましょう。

シースルーバングは最後に少し前髪を巻くので、眉上に揃えて切ってしまうと、巻いた後に前髪が短くなりすぎてバランスが悪くなります。

前髪の先端は下まぶたにかかるくらいの長さにするのがポイントです。

③顔周りの前髪にカーブを作るようにを斜めにハサミをいれる先ほど切った前髪の端から耳たぶあたりまでカーブを描くように、少しずつ斜めにハサミをいれていきます。

こうすることで小顔に見せる効果も出ます! ④前髪と顔周りの毛を巻くコテでまず前髪を巻きます。

顔周りもふんわり巻いて、全体を前髪をすくようにセットしてシースルーバングの完成です! 前髪のセルフカットのやり方「斜めバング」 出典: ジョエミバイアンアミ(joemi by Un ami)【画像提供:ホットペッパーBeauty】 前髪を斜めに切るヘアスタイルである、斜めバングのセルフカットのやり方を解説します。

前髪を斜めに流しているだけなので、一見簡単そうに見える斜めバングですが、前髪の切り方はポイントを押さえないと失敗しちゃいます。

失敗しないための斜めバングの前髪セルフカット方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

「斜めバングのセルフカットのやり方」 ①前髪を流したい方向と逆方向にまとめ取る乾いた髪の状態で、前髪を流したい方向と反対の方向に、くしで流しながら指ではさみ取ります。

長さはお好みですが、仕上がりイメージより2㎝くらい長く残して切ると、ちょうどいい長さになります。

②ハサミを縦にして指の下の部分の毛を数回に分けて切る髪をはさんだ指を水平にして、ハサミを縦にして切り落とします。

この時ハサミも指に沿って平行にして切ってしまうと失敗しやすいので、必ずハサミは縦にしましょう。

数回に分けて切ることも大事です!まとめて一回で切ろうとすると、切りすぎてしまったりすることがあるので注意しましょう。

③最初に指で取った方と反対側に流すハサミを入れたことで、前髪の真ん中が短く外側が長い状態になっているかと思います。

これを反対側に流すことで内側から外側にかけて緩やかな斜めのラインを作る前髪にすることができます。

これで斜めバングの完成です! 前髪のセルフカットのやり方「アシンメトリ―」 出典: www.instagram.com アシンメトリ―前髪のセルフカットのやり方を解説します。

武井咲さんがやっていたことでも話題になった、左右非対称で不揃いだけどおしゃれな髪型のアシンメトリ-ヘアカット。

アシンメトリ―とは左右非対称という意味で、ジグザグに崩したような前髪の切り方が特徴です。

でも、適当に前髪を切っただけではおしゃれどころがかっこ悪く見えてしまいます・・・。

正しいアシンメトリ―前髪のセルフカットのやり方のポイントを押さえて、清楚で少し個性的な雰囲気を出すヘアスタイルを目指しましょう♪ 「アシンメトリ―前髪のセルフカットのやり方」 ①前髪の上の部分をクリップで留める前髪の前方部分を残して、上部分は頭頂部にクリップで留めます。

②ハサミを縦にして上から斜め下に向けて前髪を少しずつ切る前髪の毛先2㎝位を切っていきます。

この時ハサミは上から斜め下に向けて入れていきましょう。

こうすることでジグザグしたおっしゃれな不揃いの前髪にできます。

これを何度か繰り返して、毛先にジグザグの隙間を空けていきましょう。

③右から左に斜め線を描くようにハサミを入れるさらにハサミを上から斜め下に向けて入れていきますが、今度はアシンメトリ―になるように右から左に斜めに切っていきます。

斜めに切るといってもハサミを斜めにしてはダメです!前髪の右側を切るときは頭頂に近い所から、ハサミを縦にして切っていきます。

左側に近づくにつれてハサミを入れる位置を下の方にします。

常にハサミは縦にして上から斜め下に切っていくことは最後まで変わらず、ハサミを入れる高さを変えるだけです。

こうすることで、前髪を右から左に斜めにジグザグに切ることが出来ます。

④クリップで留めていた髪を下ろして、下ろした毛をすきバサミですく頭頂部にクリップで止めていた髪をおろします。

下ろした前髪をすきバサミで少しずつすいて、毛先を軽くします。

これでアシンメトリ―前髪の完成です! 前髪のセルフカットのやり方「ラウンドカット」 出典: モッズヘア 上尾西口店(mod's hair)【画像提供:ホットペッパーBeauty】 ラウンド前髪のセルフカットのやり方を解説します。

ラウンド前髪とは、ぱっつん前髪にも似ていますが少し違いがあります。

ぱっつんは、前髪が横一直線に揃っているのに対し、ラウンド前髪は前髪の中心は真っ直ぐですが、こめかみ辺りは少し長くなっていて、緩やかな半円を描くような丸っとしたシルエットになっています。

このようにぱっつん前髪よりナチュラルで可愛いラウンド前髪は、女の子らしい前髪の切り方のひとつ。

前髪の真ん中から左右こみかみへのラインの整え方がポイントなので、セルフカットする時は慎重に切りましょう! 「ラウンド前髪のセルフカットのやり方」 ①前髪以外の髪の毛をクリップで後頭部に留める前髪をセルフカットしやすくするために、もみあげより後ろの髪の毛は後頭部の方に流してクリップで留めましょう。

②前髪の中央の長さを決めるラウンド前髪の仕上がりをイメージして、前髪の中央の長さを決めましょう。

切りすぎてしまうとおでこが丸出しになって、バランスが悪くなってしまうので注意! ③前髪の中央を指で挟んでハサミを縦にして少しずつカットするラウンド前髪を作るときに、中央の長さがすべての起点になります。

なので、切りすぎてしまうと全体的に前髪が短くなってしまい不恰好になるので注意!必ずハサミを縦にして、前髪の毛先を少しずつ慎重にすくように切っていきましょう。

④前髪の中央を起点に左右に、毛先が少しずつ長くなるように切る前髪の中央の高さが決まったら、そこから左右に緩やかなカーブを描くように切っていきます。

この時も指ではさみながら、ハサミを縦にしてゆっくり切っていきましょう。

くれぐれも横着してまとめて切ってしまったりしないように!左右の均等なバランスが重要なラウンド前髪は丁寧さが大事です。

これでラウンド前髪の完成です♡ 前髪のセルフカットのやり方「サイド流し」 出典: リノ バイ ユーレルム 吉祥寺(Lino by U REALM)【画像提供:ホットペッパーBeauty】 サイドに流す前髪のセルフカットのやり方を解説します。

サイドに流した前髪は、女の子らしいふんわりとした雰囲気の可愛い前髪スタイルです。

セットの仕方で雰囲気を変えることができるのも、サイド流し前髪の良い所で、厚めの前髪にすればAKB48や欅坂46などアイドル風の前髪になります。

薄めの前髪にすれば大人の雰囲気も出せます。

サイド流し前髪は、ミディアムヘアやロングヘアの方に似合う髪型です。

セルフカットのやり方も簡単なのでおすすめです! 「サイド流し前髪のセルフカットのやり方」 ①カットする前髪の範囲を取り、残りはピンでサイドに留めておく乾いた髪の状態でカットする部分を取ります。

前髪は二等辺三角形に取ります。

黒目と黒目の間くらいの幅で取りましょう。

残った左右の前髪は側頭部にピンで留めておきましょう。

②サイドに流す方向を決めて、その逆方向に髪を持っていきハサミを少しずつ入れるサイド流しの方向を決めたら、それとは反対方向に向けて髪を人差し指と中指ではさみます。

指の下部分に出た前髪を、ハサミを立てながら少しずつすくように切っていきます。

切った後、目にかかるかかからないかくらいの長さが理想です。

③ピンで留めていた前髪をおろし、先に切った前髪中央と同じ長さに切るピンで留めていた前髪をおろして、前工程と同じくハサミを立てながら少しずつすくように切っていきます。

これで前髪全体の長さを揃えていきます。

④前髪を流したい方向にねじって、すきバサミで切ります前髪を1cmくらいだけねじって、先端から2㎝くらいのところをすきバサミで切り落とします。

これを繰り返して前髪全体をすいていきます。

最後に髪をサイドに流すようにセットすれば、サイド流し前髪の完成です! 前髪セルフカットで失敗しないためのポイント 前髪のセルフカットのやり方を紹介してきました。

ここまで紹介してきた前髪の切り方の中にも、共通して言える注意点があったかとおもいます。

これらを守りながらやらないと、前髪のセルフカットは失敗してしまいやすくなります。

髪の毛は切ってしまったら、すぐには元には戻せませんので、前髪のセルフカットを失敗しないやり方はよく覚えておきましょう。

ちなみに前髪を切るのを失敗してしまった方には、美容院に行って綺麗に整えてもらおうとする方も多いかと思います。

でも、失敗して不恰好なまま美容院に行くのも恥ずかしいですし、美容師さんにも苦笑いされそうですよね・・・。

こんな風に前髪の切り方を失敗しないためにも、下記を確認してください。

前髪を切る用具をちゃんと用意する 記事の冒頭で用意するものを紹介しました。

紹介した道具をちゃんと揃えて前髪のセルフカットを失敗しないようにしましょう。

特にハサミはヘア用のハサミを使わずに、工作用のハサミや調理用のハサミなんかを使ってしまうと、前髪が綺麗に切れないだけではなく、手を切ったりして怪我の元にもなります。

決して高価なハサミじゃなくてもいいので、ヘア用・美容ハサミを使いましょう。

コームは安いモノでも大丈夫ですが、クシの幅が広いものと狭いものがあると、使いやすいです。

髪は乾いた状態で前髪を切る どの前髪のセルフカットでも言えることですが、セルフカットを失敗しないためにも、髪は乾いた状態で切りましょう。

美容院で切ってもらうときは髪が濡れた状態が多いので、家でセルフカットをする時も髪を濡らして切ってしまいがちですが、家で切るときは普段通りに乾いた髪にセットして切ったほうが失敗しにくいです。

これは髪が濡れた状態だと、水分の重みで髪の毛が下がっているので、乾いた時に跳ねあがってしまって、思ったより短く切ってしまった!なんてことになってしまうからです。

一度切ってしまった髪はすぐには伸びませんので、切りすぎないためにも乾いた髪でセルフカットしましょう。

大きめの鏡で真正面を見ながら前髪を切る 大きめの鏡を見ながら真正面を向いてセルフカットしましょう。

小さい鏡だと、見にくいため自然に覗き込むように前かがみになってしまいます。

また、前髪の毛をとるときに髪を下に引っ張ることになるので、これにつられてうつむいてしまうこともあります。

こうすると髪を短く取りすぎてしまって、それを基準に前髪を切った時に、思ったよりも短く切ってしまったりする失敗につながります。

必ず前を向いて前髪を取って、ハサミで切りましょう。

そうすれば前髪を取るときに必要な量だけ取ることができて、失敗しにくくなります。

ハサミは縦に入れるのが基本 前髪の切り方の中で紹介した通り、前髪の切り方の基本はハサミを立てながら縦に切っていくことです。

セルフカットを失敗しないためには、ハサミの角度は重要です。

髪の長さを短く切るときには、どうしても下ろした髪に対して横にハサミを持って、バッサリ切ってしまいたくなりますよね。

でもその切り方は大間違いなのです!よほどテクニックが無い限り、思った通り真っ直ぐに切ることはできません。

ぱっつん前髪のように横一線にまっすぐ前髪を切るようなときや、ラウンド前髪のようにゆったりとした弧を描くように前髪を切るときは、そのラインに沿ってハサミを入れてしまいがちです。

でも、これが前髪セルフカットの失敗の原因になります!ぱっつん前髪でもラウンド前髪でも、斜めバングやサイド流しのようにまっすぐなラインで切らない時でも、基本はハサミは縦にしながら切ることを意識しましょう。

絶対に焦らず!少しずつ丁寧に前髪を切る セルフカットを失敗しないために、何より気を付けなくてはいけないのは、少しずつ切るということ。

適当に横着して、前髪をまとめて切ろうとすると失敗してしまいます!失敗しないためには、少しずつ切っては様子をみて、切りすぎないようにしましょう。

切るのは一瞬ですが伸ばすのには時間がかかります!(当たり前ですが・・)少しの焦りで長期間かっこわるい前髪で過ごすようなことにならないよう、丁寧に少しずつ切っていきましょう。

切りたい長さが5cmくらいならいっぺんに3㎝くらい切ってもいいですが、切りたい長さが2㎝未満くらいであれば、2㎜ずつくらいに分けて少しずつ切ることをオススメします。

前髪の切り方を覚えて可愛くなっちゃお♡ 出典: www.instagram.com 前髪の切り方についてまとめさせていただきましたが、いかがでしたか?伸びかけた前髪の扱いに困っていた方も、セルフカットが出来るようになれば毎週のように美容院に行かなくても大丈夫!セルフカットは難しいですが、ポイントを押さえて切れば失敗することも少なくなりますし、いろんなヘアスタイルを楽しむことが出来るが嬉しいですよね!前髪の切り方をマスターして、毎日かわいいヘアスタイルにしましょ♡

キーワード

  • 前髪
  • セルフカット
  • ハサミ
  • やり方
  • 失敗
  • 切り方
  • 斜め
  • ラウンド
  • サイド
  • アシンメトリ
  • カット
  • シースルーバング
  • ポイント
  • ヘアスタイル