エンタメ

ナタリーポートマンのセクハラ被害告白に見る「#MeToo」が浸透しない日本芸能界の問題点

2018年02月12日更新
ナタリーポートマンのセクハラ被害告白に見る「#MeToo」が浸透しない日本芸能界の問題点
『ブラック・スワン』DVD(フォックス) セクハラ・性暴力被害を告発するハッシュタグ「#Metoo」が世界中で広がっているが、ナタリー・ポートマン(36)が米雑誌『PORTER』のインタビューでセクハラ被害を訴えたことが新たな話題となっている。ナタリー・ポートマンは、「最初は『私にはセクハラの被害経験はない』と思っていたけど、『ちょっと待って、私にも100件のストーリーがある』に変わった。多くの女性たちが私と同様、『これはプロセスの一部なんだ』と思い込み、我慢してきたのだと思う」と、ハリウッドに潜むセクハラの実態を告白した。 ナタリー・ポートマンが打ち明けたのは、とあるプロデュー...

キーワード

  • セクハラ
  • 被害
  • ナタリー・ポートマン
  • 女優
  • 枕営業
  • ハリウッド
  • 性暴力
  • バイキング
  • 芸能
  • 日本
  • 告白
  • 発言
  • ビッチ
  • 指摘
  • 時代