ライフスタイル

不仲だった母が余命10ケ月…そのとき娘は? 瀧波ユカリの看取り体験

2018年03月10日更新
不仲だった母が余命10ケ月…そのとき娘は? 瀧波ユカリの看取り体験
誰にも必ずや訪れるだろう“母との別れ”。日ごろの親子関係がどうであれ、これまで元気に小言を言っていた母親の弱った姿は、娘として身につまされるものがあるでしょう。「元気なうちに優しくしておけばよかった」などの後悔もよく耳にしますよね。 そう遠くない将来、自分の身にも起こり得る“そのとき”のために、娘として今できることは何なのでしょうか? 母親のすい臓がん発覚から看取るまでの体験を記したマンガ『ありがとうって言えたなら』(文藝春秋)の作者・瀧波ユカリさんに、母の病気と向き合う娘の思いをお聞きしました。 距離を置いた矢先に、「余命10ヶ月」の宣告 ――お母さまの病気が発覚するま...

キーワード

  • 病気
  • 家族
  • ショック
  • 瀧波ユカリ
  • 元気
  • お母さま
  • マンガ
  • 旅行
  • 精一杯
  • 状況
  • 親子関係
  • 余命
  • コントロール