エンタメ

「父親は早く死んだらいい」ゴミ屋敷で3年間の家庭内別居の末、離婚した女性の壮絶体験

2018年03月13日更新
「父親は早く死んだらいい」ゴミ屋敷で3年間の家庭内別居の末、離婚した女性の壮絶体験
Photo by id:takefumi from Flickr 『わが子に会えない』(PHP研究所)で、離婚や別居により子どもと離れ、会えなくなってしまった男性の声を集めた西牟田靖が、その女性側の声――夫と別居して子どもと暮らす女性の声を聞くシリーズ。彼女たちは、なぜ別れを選んだのか? どんな暮らしを送り、どうやって子どもを育てているのか? 別れた夫に、子どもを会わせているのか? それとも会わせていないのか――? 第14回 山本裕子さん(仮名・40代)の話(後編) 看護師として勤務していた都内の大学病院の入院患者だった男性と退院後に交際を始め、3カ月で結婚の話に。Uターン就職したい...

キーワード

  • 子ども
  • 離婚
  • 弁護士
  • 別居
  • 幸せ
  • ゴミ
  • 父親
  • ダイニング
  • 裁判
  • 万円
  • 生活
  • お金