エンタメ

是枝裕和のカンヌ受賞作『万引き家族』は“貧困叩き”への違和感から生まれた! 安倍政権と国粋主義批判も語った監督の問題意識

2018年05月21日更新
是枝裕和のカンヌ受賞作『万引き家族』は“貧困叩き”への違和感から生まれた! 安倍政権と国粋主義批判も語った監督の問題意識
『万引き家族」公式HPより 第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルム・ドールを受賞した。 日本人監督がパルムドールに輝いたのは、『地獄門』の衣笠貞之助監督、『影武者』の黒沢明監督、『楢山節考』『うなぎ』で2回受賞した今村昌平監督に続く4人めということで、マスコミはこぞって「快挙」と大きく取り上げた。 ただ、今回、その一方でほとんどふれられていないのが、是枝監督がこの作品を撮った背景だ。 「数年前に、日本では亡くなった親の年金を受け取るために死亡届を出さない詐欺事件が社会的に大きな怒りを買った。はるかに深刻な犯罪も多いのに、人々はなぜこのような軽...

キーワード

  • 是枝監督
  • 日本
  • 映画
  • 家族
  • 万引き家族
  • 安倍政権
  • カンヌ
  • 受賞
  • 監督
  • 圧力
  • インタビュー
  • 今回
  • 違和感
  • 歴史修正主義
  • 万引き