ライフスタイル

家族のことを忘れてしまった母 でもしっかり者で、おしゃべりな母を私は忘れない

2018年06月22日更新
家族のことを忘れてしまった母 でもしっかり者で、おしゃべりな母を私は忘れない
産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 母のうた 私の母は5人姉弟の長女です。 いつも、しっかり者でみんなから頼りにされていました。病気で左半身不随になった父を支えて暮らしていました。そんな母が父の死後、認知症になりグループホームに入居して5年になります。今は私のこともわかりません。会話もできなくて、一人で食事もできなくなりました。 5月の母の日、大好きなプリンと赤いカーネーションを持って母のところに行きました。でも、その日の母はまるで眠り姫のようにい...

キーワード

  • しっかり者
  • エッセー
  • おしゃべり
  • お母さん
  • 母の日
  • うた
  • カーネーション
  • グループホーム
  • 産経新聞
  • ハンドル
  • わがまま
  • 吉田山田