美容

メイクブラシでプロ仕上げ!メイクブラシの選び方&使い方

2018年06月27日更新
メイクブラシでプロ仕上げ!メイクブラシの選び方&使い方

普段メイクをする時にブラシを使用していますか?メイクをブラシで仕上げると、ムラがなくなり透明感がアップします。

メイクブラシの種類や、ファンデーションブラシの使い方をご紹介します。

コスパ抜群の、おすすめブラシも集めました。

ぜひ、ブラシ選びの参考にしてくださいね。

メイクブラシの種類はさまざま メイクブラシとひと口にいっても、種類はさまざまです。

主なメイクブラシには以下のものがあります。

・リキッドファンデーションブラシ ・パウダーファンデーションブラシ ・チークブラシ ・コンシーラーブラシ ・スクリューブラシ ・アイブローブラシ ・アイシャドウブラシ ・アイラインブラシ ・リップブラシ この中でも、リキッドファンデーションブラシ/ファンデーションブラシは、肌に透明感を出すのにとても重宝します。

パフでつけるよりもムラなく均一に塗れるので、ベースメイクに透明感を出したい人は、ぜひお試しください。

ファンデーションを塗るときのメイクブラシの使い方 リキッドファンデーションブラシと、パウダーファンデーションブラシの使い方をご紹介します。

■リキッドファンデーションブラシの使い方 1.リキッドファンデーションを手の甲にのせ、ブラシの先に含ませましょう。

一度に含ませるのは、約1/3の量でOKです。

2.顔の中央から外側に向かって、ファンデーションをのせていきます。

メイクがくずれやすい目元・口元、小鼻周辺は、余ったファンデーションを薄塗りする程度でかまいません。

3.全体を確認し、ムラがある箇所は、メイクブラシでなじませてください。

4.スポンジで全体を軽く押さえて、余分な油分を取りのぞいたら完成です。

■パウダーファンデーションブラシの使い方 1.メイクブラシの毛先にファンデーションを取ります。

2.ティッシュペーパー、もしくは手の甲にブラシをのせ、余分な粉をオフします。

そのまま顔にのせるとムラの原因になるので、気をつけましょう。

3.顔の中心から外側に向かって、ファンデーションをのせていきます。

メイクがくずれやすい目元・口元、小鼻周辺は、粉の量を調節して薄く塗りましょう。

4.毛穴が気になる部分は、ブラシの毛先を直角にあて、円を描くように動かします。

メイクブラシの選び方 メイクブラシを選ぶとき、何を基準に選べばいいか悩みますよね。

メイクブラシを選ぶときのポイントをご紹介します。

■目的に合ったブラシを選ぶ 基本的には、メイクのお悩み別に合わせて、ブラシを選ぶのがおすすめです。

たとえばファンデーションがムラになることで困っている人なら、ファンデーションブラシを選びましょう。

そのほかにも、「アイシャドウがきれいに入れられない」「チークに透明感を出したい」など、人それぞれメイクブラシを使う目的が異なります。

自分のメイクの目的に沿ったメイクブラシを選んでくださいね。

■毛量が多いものを選ぶ ブラシの毛量が少ないと、メイクにムラが出やすくなります。

メイクブラシは毛量が多いものを選びましょう。

そのほかにも、お手入れのしやすさや、コスパを考慮して選んでもいいでしょう。

コスパ最強!おすすめのメイクブラシ4選 www.shiseido.co.jp おすすめのメイクブラシを、コスパにこだわって厳選しました。

「最初はプチプラのブラシを使って様子を見たい」という初心者さんは必見です。

■資生堂(しせいどう) ファンデーションブラシ 131 パウダー・リキッド両方に使える、資生堂のファンデーションブラシ。

ソフトケース付きなので、持ち運びにも便利ですよ。

コスパで選ぶならおすすめのアイテムです。

資生堂 ファンデーションブラシ 131 ¥1,944 販売サイトをチェック www.amazon.co.jp ■ORBIS(オルビス) アイブローブラシ 毛先がななめになっていて、眉尻もきれいに描けるメイクブラシ。

毛先がほどよい硬さで、描きやすいブラシです。

持ち手が長く、持ちやすいところもポイントです。

ORBIS アイブローブラシ ¥751 販売サイトをチェック www.amazon.co.jp 「メイクブラシを定期的に洗浄するのが面倒」という人は、プチプラブラシがおすすめです。

ブラシが傷んできたタイミングで、新しいものと交換しましょう。

■ザ・ダイソー 春姫 ファンデーションブラシ ふわふわのファンデーションブラシ。

ナイロンの毛とは思えないほどの使い心地です。

プチプラなのに毛が抜けにくく、コスパに優れたアイテムです。

◆春姫ファンデーションブラシ 定価:200円(税抜) www.amazon.co.jp ■ザ・ダイソー 春姫チークブラシ 少し毛量は少なめですが、100円で購入できるのが魅力ですね。

デザインがかわいい、ディズニーコラボのものもあるので、ぜひダイソーで探してみてください。

◆春姫チークブラシ 定価:100円(税抜) メイクブラシの種類とファンデーションブラシの使い方、おすすめのプチプラブラシをご紹介しました。

メイクをプロフェッショナルな仕上がりに近づけるなら、ブラシは必須アイテムです。

ブラシの使用を検討している人は、まずはお手頃価格のブラシを試して、使い方に慣れるといいですよ。

キーワード

  • ブラシ
  • メイクブラシ
  • ファンデーションブラシ
  • ファンデーション
  • メイク
  • 使い方
  • リキッドファンデーションブラシ
  • コスパ
  • ムラ
  • パウダーファンデーションブラシ
  • 毛先
  • 種類
  • 透明感
  • アイブローブラシ
  • 資生堂