美容

眉のタイプ別に解説!初心者さんでも簡単な眉メイクの基本

2018年07月06日更新
眉のタイプ別に解説!初心者さんでも簡単な眉メイクの基本

メイクの中でも難易度の高い眉毛。

なんとなく描いてるだけという方も多いのではないでしょうか。

美人眉になるには、描くよりも整えることに時間をかけることが大切です。

今回は、誰でも簡単に眉毛美人になれる方法とおすすめのアイテムをご紹介します。

眉毛を整えるだけで誰でも美人顔に 顔の印象はおよそ8割が眉毛で決まっているということをご存知ですか? いつもと同じメイクでも、眉毛の濃さや角度、色が違うだけで雰囲気は一気に変わります。

■細い眉 細めの眉は、顔がすっきりと洗練された印象になります。

男性ウケは良いですが、眉毛が細い分顔が大きく見えがちです。

弱々しい雰囲気も出るので、キリっとしたい仕事面ではほんの少し太く描いた方がいいかもしれません。

■太め眉 眉毛が太くなると、顔が小さく見え、華やかな印象が強くなります。

メイクが薄くても地味顔になりにくく、すっぴんに自信が持てそうです。

意思が強く芯がしっかりした雰囲気が出るので、お仕事の日にぴったりの眉だと言えるでしょう。

トレンド眉は立体的なアーチ眉です。

柔らかく女性らしさが出る眉毛で、太眉さんでも細眉さんでも似合う眉毛です。

眉メイクの仕方①細眉タイプ 綺麗な細めのアーチ眉を作るポイントは、黒目の外側、少し目尻寄りにトップをつくることです。

アーチが強すぎるときつい印象になるので、なだらかな山をイメージして描きましょう。

眉が細い方は、整え方はカットのみにして自然な眉毛作りを目指します。

①スクリューブラシで毛流れに沿って眉毛を整えます。

②長すぎる毛はコームを使ってカットします。

③黒目外側より少し目尻側に眉山を作ります。

④フェイスパウダーでサラサラの状態を作ります。

⑤パウダーを使って眉頭から眉山の毛の間を埋めていきます。

⑥眉山から眉尻をペンシルを使って描きます。

(なだらかなカーブになるように) ⑦眉頭が1番濃くなるようにぼかします。

⑧眉マスカラを使って、ふんわり感を足します。

眉メイクの仕方②太眉タイプ 太いアーチ眉を作るポイントは、眉頭の太さを3としたら、眉頭が2、眉尻が1になるように目尻に向けてだんだんと細くしていきます。

①ブラウンやカーキなどの柔らかい色を使って眉頭から眉尻全体を描きます。

②眉が欠けている場所に毛を1本1本書き足すように追加していきます。

③太くなりすぎているところは、コンシーラーで消して形を整えます。

④クリアタイプの眉マスカラを使って、眉毛が下に落ちてこないように持ち上げます。

眉マスカラを使うと、眉1本1本がふんわり持ち上がり、それだけで立体感が出てきます。

凛々しく見える太眉は、アーチ型にして眉マスカラでふんわりさせることで、男性も好む眉毛に仕上がります。

眉メイクにおすすめのアイテム①KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D www.nomorerules.net どんな眉のタイプの方でも、眉頭は薄めにぼかし、軽い仕上がりにするのが綺麗な眉を作るポイントです。

KATE(ケイト)のデザイニングアイブロウ3Dは、3種類の色が入っているので髪の色に合わせたり、グラデーションをつけたりと使い勝手のいいパウダーアイブロウです。

パウダーはペンシルよりもナチュラルな眉を描きやすいので、メイク初心者さんは1つは持っておきたいですね。

KATE(ケイト) デザイニングアイブロウ3D 眉メイクにおすすめのアイテム②excel(エクセル) パウダー&ペンシル アイブロウEX noevirgroup.jp なめらかに描きやすいペンシルと、濃淡がつけやすいパール感のあるパウダーとスクリューブラシがセットになっている3機能がついたアイブロウです。

カラーも8色と豊富に揃っているので、髪色や瞳の色に合わせて選べます。

excel(エクセル) パウダー&ペンシル アイブロウEX ¥1,566 販売サイトをチェック 眉メイクにおすすめのアイテム③Visee(ヴィセ) カラーリング アイブロウマスカラ www.kose.co.jp 濃くてしっかりしている眉毛も眉マスカラでふんわりとした女性らしい雰囲気が作れます。

ベタつかず長時間キレイな眉毛をキープできるアイブロウマスカラです。

少量でしっかりと眉色を変えることができ、ブラシが細いので眉尻まで綺麗につけることができますよ。

Visee(ヴィセ) カラーリング アイブロウマスカラ 眉メイクにおすすめのアイテム④ANASTASIA(アナスタシア) ハイライティング DUOペンシル www.anastasia-eyebrow.jp 眉毛サロン専門店から販売されている、眉毛専用のハイライトです。

眉を囲むようにハイライトを描けば、眉が浮き上がって見え立体的になります。

パール感のあるもう一方のハイライトは、眉毛を描き終わった後に上から一塗り重ねて使います。

輝きで艶のある美しいまつ毛にしてくれます。

ANASTASIA(アナスタシア) ハイライティング DUOペンシル 眉メイクにおすすめのアイテム⑤THREE(スリー) アイブラウブラシ ケース付 www.threecosmetics.com 手持ちのアイブロウパレッドなどで眉毛を綺麗に仕上げるには、アイブロウブラシを取り入れてみてはいかがでしょうか。

こちらは手に馴染む丁度いいサイズで細かな動きも自由自在です。

ペンシルで描いた眉をぼかしたり、パウダーをのせて眉頭にも使えます。

眉毛を綺麗に整えたいなら、眉毛専用ブラシは持っておいた方がいいでしょう。

THREE(スリー) アイブラウブラシ ケース付 ¥3,240 販売サイトをチェック 大人の美人眉のポイントは、作りすぎない自然な眉に仕上げることです。

トレンドは少しカジュアルな眉毛。

産毛をすべて抜いたり剃ったりしなくても、自分の眉を活かしながら眉メイクをしてみてはいかがでしょうか。

キーワード

  • 眉毛
  • 眉メイク
  • 眉頭
  • ペンシル
  • メイク
  • 眉マスカラ
  • 綺麗
  • アーチ
  • パウダー
  • ポイント
  • ハイライト
  • 眉尻
  • 眉山