美容

毛穴の悩み別おすすめコンシーラーを紹介!毛穴を隠すベースメイク方法も!

2018年07月11日更新
毛穴の悩み別おすすめコンシーラーを紹介!毛穴を隠すベースメイク方法も!

女性に毛穴の悩みはつきものですよね。

毛穴の悩みといえば毛穴の詰まり・黒ずみ・開きなどがありますが、皆さんの悩みは何でしょうか? この記事では毛穴の詰まり・黒ずみ・開きといった、それぞれの肌悩み別にコンシーラーの選び方とおすすめのプチプラコンシーラー、スキンケア方法を紹介します。

ご自分の毛穴のお悩みについて考えながら見てみましょう。

記事後半では毛穴を隠すメイクの仕方もお伝えするので、普段のメイクにぜひ取り入れてみてくださいね! 目次1 毛穴タイプに合わせたコンシーラーの選び方2 毛穴隠しにオススメのコンシーラー4選3 毛穴に悩む人向けベースメイクのやり方4 毛穴の悩み別スキンケア5 自分の毛穴の悩みに合ったメイクをしよう! 毛穴タイプに合わせたコンシーラーの選び方 「毛穴の詰まり・黒ずみ・開きというものを聞いたことはあるけれど、自分がどれに当てはまるか分からない…」という方は以下のそれぞれの特徴を見てください。

毛穴の詰まり 皮脂や古い角質が詰まっていて、触るとザラザラする 毛穴の黒ずみ 毛穴に詰まった角栓や汚れが空気に触れ、黒くなっている 毛穴の開き (たるみ) 毛穴が丸っぽくなっており、開いて見える (たるみは縦に伸びたしずく型) それぞれの毛穴のタイプ別に、適したコンシーラーの種類があります。

毛穴の詰まりをカバーするなら… 毛穴の詰まりに悩んでいる方はスティックタイプで自分の肌のベースカラーに近い色のコンシーラーを使うとよいです。

スティックタイプは柔らかめのコンシーラーよりも崩れにくく、カバー力が強いです。

また、自分の肌に近い色を選べば、白いポツポツ(角栓)が肌と同化しやすいため、上手く隠すことができます。

毛穴の黒ずみをカバーするなら… 毛穴の黒ずみに悩んでいる方はスティックタイプで暗い色のコンシーラーを使うとよいです。

スティックタイプは柔らかめのコンシーラーよりも崩れにくく、カバー力が強いです。

また、暗めの色を選べば、肌の色に馴染みつつ毛穴の黒ずみと同化しやすいため、上手く隠すことができます。

毛穴の開きをカバーするなら… 毛穴の開きに悩んでいる方はリキッドタイプで自分の肌に近い色のコンシーラーを使うとよいです。

リキッドタイプは開いた毛穴を埋め、キレイにメイクカバーできます。

また、自分の肌に近い色を選べば、肌と同化しやすいため毛穴をキレイに埋めることができます。

毛穴隠しにオススメのコンシーラー4選 毛穴カバーにおすすめのプチプラコンシーラー4つを厳選し、商品情報を紹介していきます。

舞妓はん コンシーラー 種類 スティックタイプ 価格 1,404円(税込) 色 01 桜色(カバーピンク)と02 肌色(カバーベージュ) その他 SPF50 PA++++ ほんのり香る桜詩のかほり 広い部分にも細かい部分にも塗れる「平丸芯」採用 椿油・杏子油入りで乾燥しない お肌にピタッと密着するオイル配合で「浮かない」 撥水・撥油処方で「よれない」 大小2種の板状パウダータイプでナチュラル仕上げ 舞妓はんシリーズのコンシーラーの大きな特徴は、「平丸芯」を採用しているところです! この「平丸芯」のおかげで、広い部分にも小鼻など気になるポイントにも塗りやすくなっています。

また、コンシーラーには珍しく、桜色があるので、他のコンシーラーだと「自分の肌の色より濃いなあ…」と感じている色白の方も使いやすいですね。

もちろん桜色も、しっかりカバー効果を発揮してくれます。

舞妓はん コンシーラーの口コミ 舞妓はん コンシーラーの口コミを見てみましょう。

桜色を購入しました。

店頭でサンプルを試してみてびっくり。

とろける塗り心地、気持ちいい。

指でポンポンと軽く叩いて馴染ませると、カバー力もなかなか。

特に真価を発揮するのは、小鼻の溝だと思いました。

楕円芯で溝の奥まで綺麗に塗れます。

そして、ピンクみだからコンシーラー塗ってます!と主張しすぎない、赤いのが少しトーンアップされるけど自然で、だけど毛穴のブツブツはカバーして綺麗にしてくれる。

金欠気味で本当はキャンメイクとかの安いのを買おうと思っていたのですが、舞妓はんのもそこまで高くないし値段以上の機能だと思い購入しました。

カバー力だけで言うともっと良いものがあると思いますが、肌への優しさ、使いやすさ、値段など総合的に見てとても良いと思います。

画像は下地のみ塗った肌にこのコンシーラーを小鼻の溝に使用したもの、正面にライトが当たった状態の無加工。

超自然な仕上がり! やっぱり舞妓はんは外れない。

リピします。

引用:@cosme 口コミには 桜色は色が濃すぎないのにしっかりカバーしてくれる 平丸芯のおかげで広い部分にも細かい部分にも塗りやすい といった意見が多くありました。

また、スティックタイプなので、朝の忙しい時間にも手早く塗れ便利なようです。

レブロン フォトレディ コンシーラー 種類 スティックタイプ 価格 1,620円(税込) 色 02 ライトと04 ミディアム その他 SPF20 肌になじむなめらかなテクスチャーで、肌との境目が目立たない 光を屈折・反射・拡散させて、毛穴など気になる部分を自然にカバー のびが良く、厚塗り感ナシ レブロンのフォトレディ コンシーラーは光を屈折・反射・拡散させる、独自の「フォトクロマチック色素」を配合しています。

そのため、クマ・色ムラ・毛穴など気になる部分も自然にカバーメイクでき、色味を整えマットに仕上がります。

また、固すぎず柔らかすぎず、ピタッと密着し化粧崩れを防ぎます。

レブロン フォトレディ コンシーラーをの口コミ レブロン フォトレディ コンシーラーをの口コミを見てみましょう。

塗る箇所によって評価が分かれるかもしれません。

NG箇所→毛穴が大きく汗をかきやすいところ、崩れます。

シワがあるところ、強調されます。

OK箇所→NG箇所以外のくすみ、ニキビ跡、眉剃り跡、目のきわ(のみ)の黒ずみ。

OK箇所のみ使用していますが、なめらかで肌なじみが良く、軽い色むらはカバーしてくれるので大変助かっています。

時間が経っても乾燥しないのもいいです。

特に、目のきわは色素沈着で黒ずみが酷いのですが、綺麗に隠せてます。

ただ、目の下はクマが気になるものの、小じわが強調されるので使えません。

あとは忘れた頃に出てくる大人ニキビ、ほんっっと~に嫌ですね。

赤み消しでグリグリ塗ってチョイ伸ばし。

色はベースと一体化出来ますし、ニキビが悪化した経験もないです。

NG箇所を避ければ、いい仕事をします。

引用:@cosme 口コミには スティックなので固めだが、なめらかで伸びがよい ピタッと密着する といった意見が見られました。

意外と油分があるようなので、目元につける際にはマスカラが落ちないよう気を付けた方が良いようです。

また、あまりにも汗をかく部分には使わない方が良いでしょう。

スキンフラット CCコンシーラー 種類 リキッドタイプ(チューブ) 価格 1,080円(税込) 色 スキンベージュ その他 肌の色を問わないスキンベージュカラー 化粧下地効果アリ 光を拡散するパウダーを配合し、薄づきなのに毛穴をフラットに整える 小鼻に密着するアプリケーター採用 チューブタイプで出し過ぎを防ぐ スキンフラットのCCコンシーラーは、リキッドにありがちなカチカチ回して出すタイプではなくチューブタイプなので、出し過ぎることなく使えます。

小鼻に密着するアプリケーターなので、そのまま塗ることができメイク直しの際にも、さっと使え便利です。

また、光を拡散するパウダーを配合し、薄づきなのに毛穴の凹凸をフラットに整えてくれます。

スキンフラット CCコンシーラーの口コミ スキンフラット CCコンシーラーの口コミを見てみましょう。

毛穴埋め込みとありますが、まさにそのとおりです! ニキビ跡や赤み、くまが気になっていたのですが今までプチプラのコンシーラーばかり使っていて、しっかり隠したかったらプチプラじゃだめなのかな……と思っていました。

ドラッグストアでテスターしたところ、一瞬で分かるカバー力に惹かれ購入。

今までのコンシーラーだとどうしても肌なじみが悪く、浮いてしまっていたのが 嘘のようにスーッと赤みもくまも消えた!! 手放せなさそうです(*_ _) 私の肌の色にも合っているし、カバー力、肌なじみ抜群。

それでいてSPF30。

言うことなしです(*^^)v 引用:@cosme 口コミには 塗るとサラサラしてマットな仕上がりになるので、毛穴を埋めやすい 毛穴カバー力がとても高い という意見が多数見られました。

スキンフラット CCコンシーラーは特に、毛穴カバーの評判がとても良いようです。

また、スキンフラット CCコンシーラーの姉妹商品としてスキンフラット CCジェル カバー&モイスト ナチュラルベージュというCCクリーム(CCジェル)も発売されています。

こちらも合わせてチェックしてみてくださいね! ヴィセリシェ CC コンシーラー 種類 リキッドタイプ 価格 1,404円(税込) 色 01 ライトベージュと02 ナチュラルベージュ その他 ポンポンと叩くだけで簡単に馴染む のびが良くよれずに薄く均一に塗れるため、自然に仕上がる 弾力があり肌あたりの良い、丸いスポンジヘッドで優しく塗れる 美容液成分配合で肌にうるおいを与え、乾燥から守る ヴィセリシェのCCコンシーラーは、弾力があり肌あたりの良い丸いスポンジヘッドなので、優しく簡単に塗ることができます。

また、配合されている美容液成分が肌にうるおいを与えるので、乾燥肌の方も使いやすいですね。

ヴィセリシェ CCコンシーラーの口コミ ヴィセリシェ CCコンシーラーの口コミを見てみましょう。

有名コスメブロガーさんが紹介されていて気になってました。

01番使用です。

本当はサンローランかポルジョの筆ペン型コンシーラーが欲しかったのですが予算が・・・ ヴィセの商品は結構好きなものが多くて結構買っていた方なのですがこのコンシーラーは完全にスルーしてました・・・結構使えます! 肌の赤味消しやシミ隠し、毛穴カバーはもちろんの事、ファンデが少し崩れてきてお化粧直しする必要の時も、わざわざファンデーションごと取り出さずに、こちらのコンシーラーペンで 済んじゃいます☆ 最近コンシーラーもたくさん出てるのですが、個人的には練り型よりこういう筆ペン型の方がささっと直せていいんですよね。

お値段もお手頃なのに、使えるのがgoodです^^ リピします^^ 引用:@cosme 口コミには 美容液成分配合で乾燥しにくい スポンジでそのままぼかせるので手を汚さずに済む といった意見が散見されました。

特に小鼻は乾燥しがちなので、潤いが保てるという点はポイントが高いですね! 毛穴に悩む人向けベースメイクのやり方 どのタイプの毛穴の悩みを持っている方も基本のベースメイクの仕方は同じです。

参考にしてみてくださいね。

(1)化粧水と乳液をしっかり浸透させる 化粧下地を塗る前に、化粧水と乳液をしっかり肌に浸透させましょう。

化粧水と乳液が肌に馴染んでいないと、ファンデーションやコンシーラーに含まれる油分と化粧水や乳液の油分が混ざり、毛穴落ちしやすくなってしまいます。

(2)下地を塗る 毛穴の気にならない部分に自分の肌質に合う下地を塗り、毛穴の気になるところには毛穴を隠す部分用下地(ベタつきが気になる方はサラッとするタイプがオススメ)を塗ります。

(3)ファンデーションとコンシーラー 実はファンデーションの種類によってコンシーラーをつけるべきタイミングは異なります。

パウダーファンデーションならコンシーラーを先に、リキッドファンデーションならファンデーションを先に塗ります。

コンシーラーの塗り方ですが、気になる部分にポンポンとチップや指先でつけ、肌にしっかりなじませてください。

特に、スティックタイプのコンシーラーは厚塗りになりやすいので、つけすぎに注意しましょう。

また、リキッドファンデはつけすぎず、肌表面に残らないよう薄く均一に伸ばすことで、コンシーラーと混ざらずキレイに仕上がります。

(4)仕上げにフェイスパウダー 仕上げにフェイスパウダーを軽くのせましょう。

毛穴を目立ちにくくさせるために皮脂や汗を吸収するもので、ラメやパール入りのものを選ぶと、なお良いです。

毛穴の悩み別スキンケア 毛穴の肌トラブルはメイクでは根本的に解決することができません。

スキンケアもコンシーラー同様、毛穴の悩みによってやり方が異なるので、悩み別に紹介します。

毛穴の詰まりのスキンケア 毛穴が詰まっているタイプは脂性肌でテカリやすく、毛穴に白くポツポツとした汚れが浮いています。

毛穴の詰まりに悩んでいる方は酵素洗顔やピーリング、オイルマッサージを試してみましょう。

酵素洗顔やピーリング 毛穴の詰まりに悩んでいる方は、酵素洗顔料やピーリング効果のあるアイテムを使うとよいです。

酵素洗顔は角栓の原因となる皮脂や古い角質を、ピーリングは古い角質を落とします。

古い角質を落とすと、毛穴の詰まりや肌のザラつきがなくなるだけでなく、肌に透明感が出るのです。

また、厚く固まった古い角質を除去することで、化粧水・乳液が浸透しやすくなり肌の潤いが保ちやすくなります。

ただし、酵素洗顔もピーリングも少なからず肌に刺激を与える行為なので、やりすぎには十分注意し週1~2回程度にしてください。

また、敏感肌の方はパッチテストを行ってからご使用ください。

また、酵素洗顔やピーリングをした後は肌が敏感になっているので、アルコールを含まない化粧水でしっかり保湿しましょう。

オイルマッサージ 綿棒とホホバオイルやベビーオイルでくるくるとマッサージすると、毛穴の角栓がポロポロ取れます。

くれぐれも強くこすらないように注意しましょう。

また、オイルマッサージも頻繁にせず、週1~2回程度に留めてください。

≫≫詳しいやり方はこの記事をチェック 毛穴の黒ずみのスキンケア 毛穴の黒ずみには毛穴のつまりで紹介した酵素洗顔やピーリング、オイルマッサージが効果的です。

その他、ビタミンC誘導体もしくはビタミンE誘導体配合の薬用化粧品なども黒ずみ解消に役立ちます。

ビタミンC・E誘導体配合化粧品で抗酸化 毛穴の黒ずみは皮脂や古い角質が詰まってできた角栓が酸化することによるものです。

お肌の酸化を防ぐために、ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体など、抗酸化作用のある成分を配合した化粧水や美容液を活用するとよいでしょう。

毛穴の開きのスキンケア 毛穴の開きは皮脂腺からの過剰な皮脂分泌が原因です。

過剰な皮脂分泌というと「私はもともと脂性肌だから…」と考えている方が多いのですが、遺伝的なものだけではなく、乾燥が原因である場合もあります。

ベタつきが気になる場合も、保湿はしっかりしましょう。

乳液も必ず塗る 洗顔後、化粧水を塗ってスキンケアを終了していませんか? ベタつきが気になるからといって、化粧水しかつけないのはご法度です! 化粧水で肌に潤いを与えた後は乳液でフタをし、きちんと潤いを閉じ込めましょう。

ベタつきが気になる場合は、化粧水も乳液も使用感のさっぱりしたタイプを選ぶとよいです。

収れん化粧水でパッティング 洗顔→化粧水→乳液まで終わったら、収れん化粧水でパッティングをしましょう。

収れん化粧水を裏側までひたひたにしたコットンで、顔をパタパタと軽く叩くようにしてつけます。

これを肌が冷たくなるまで続けます。

特に、ベタつきがちなTゾーンは念入りにパッティングしてくださいね。

日中は油取り紙とフェイスパウダー 日中、ベタつきが気になったら油取り紙でやさしく皮脂を抑えましょう。

その際、油取り紙を何枚も使い、皮脂を取りすぎることのないよう注意してくださいね。

皮脂を取った後はフェイスパウダーを塗り、サラサラな状態をキープしましょう。

自分の毛穴の悩みに合ったメイクをしよう! 毛穴の悩みに関して疑問は解決できましたか? 間違ったケアをしていませんでしたか? 毛穴の悩みは、念入りなスキンケアをしても一朝一夕には解決しません。

悩みに合ったスキンケアにチャレンジしつつ、自分の毛穴の悩みに合ったコンシーラーを使い、毛穴を目立たないようにするというスキンケアとメイクの両方からのアプローチが必要です。

自分の毛穴の悩みに合ったコンシーラーを使い、毛穴レスな美肌を目指しましょう!

キーワード

  • 毛穴
  • コンシーラー
  • カバー
  • スティックタイプ
  • スキンケア
  • 乳液
  • 化粧
  • ピーリング
  • 口コミ
  • ファンデーション
  • 皮脂
  • 酵素洗顔
  • ベタつき
  • メイク