ライフスタイル

友達ができない人の特徴11選|仲の良い人を作るためにできることは?

2018年07月17日更新
友達ができない人の特徴11選|仲の良い人を作るためにできることは?

友達が欲しいのに作れないのはどうして? 友達が欲しいのに作れない人には共通した特徴がある 友達が欲しいのに作れなくて寂しいという悩みを持っている人は多いと思います。

でも、どうして仲の良い友達ができないのかについては考えたことがありますか?そもそも知り合う機会がないという環境的な要素も原因としてあるかもしれません。

ただ、友達ができない人は共通した特徴を持っていることが多いのです。

例えば、学生時代はそれなりに友達がいたはずなのに、いつのまにか疎遠になっていた…ということはありませんか?学生時代の友達といつまでも関係を続けるのは難しいですが、それでも問題なく交流している人はたくさんいます。

友達が離れていったのは、あなた自身に原因があったのかもしれません。

【作れない】と【作らない】は違う ところで、最近は「おひとりさま」がブームになっていますね。

飲食店やレジャーをひとりで楽しむ人が増えているそうです。

こういった人は友達がいないからひとりなのではなく、あえてひとりを選んでいるのです。

日頃の人間関係から解放されて自分のペースで楽しみたい、と考える人が多くなってきているのです。

友達が欲しいのに作れない、という寂しい気持ちと、あえて作らないという気持ちが別物であることを覚えておきましょう。

あなたはどちらでしょうか?本当に友達を欲しているのか、いまいちど考えてみてくださいね。

ひとりの時間を愛する人の心理が気になる方もいるかと思います。

友達になりたい人が、ひとり好きだという場合もあるかもしれません。

そんな、「孤独が好きな女性」について以下にまとめていますので合わせてご覧ください。

友達ができない人の特徴11選①~⑤ 友達ができない人の特徴①:人の気持ちを考えない 人の気持ちを考えないのは、友達ができない人の特徴の一つです。

人の迷惑になる言動を平気でするような人とは、誰も友達になりたいとは思わないですよね。

たとえ悪気がなかったとしても、相手の気持ちを考えて行動できない人と一緒にいたいとは誰も思いません。

空気が読めない人というのも大体はこれが原因です。

親しき仲にも礼儀あり、という言葉があるように、どんなに親しくなっても相手を尊重する気持ちがなければ人は離れていってしまいます。

自分の行動を省みて、もしもそういった行動があったと気付いたならまずは相手の立場にになることを心がけましょう。

そうすることで、相手を尊重するという意味が分かるはずです。

友達ができない人の特徴②:自我が強い 自我が強いというのも、友達ができない人の特徴の一つです。

自己主張が激しく、自分のことばかり話す人と付き合っていると辟易してしまいます。

かまってもらえないとすぐに不機嫌になるのも、相手をうんざりさせてしまいます。

仲の良い友達が欲しいと強く思っている人ほど、自分のことをもっと知ってほしいという心理が働きます。

それでも、人間関係は対等でなければ続かないのです。

自分のことを話したら、その分だけ相手の話にも耳を傾けなければなりません。

そこが足りていなければ、誰もあなたの話を聞こうとさえ思わなくなってしまいます。

友達ができない人の特徴③:我慢ができない 我慢ができないというのも、友達ができない人の特徴の一つです。

心を許せる友達が欲しいと思うあまり、はじめから本音でぶつかっていませんか?人間関係は本音と建前で成り立っています。

いくら友達が欲しいからといって、関係も浅いうちからストレートな感情をぶつけていては引かれてしまいます。

もちろん、そういう素直なところが好きと思ってくれる人もいるかもしれません。

でも、あまりに感情をコントロールできない人とは一緒にいるうちに疲れてしまいます。

仲良くなるためには段階が必要だということを理解し、我慢すべきときはぐっと抑える癖も身につけましょう。

友達ができない人の特徴④:コミュニケーション下手 コミュニケーションが下手というのも、友達ができない人の特徴です。

今まであまり友達がいなかった人は、コミュニケーションの取り方を知りません。

友達という関係において、会話をはじめとした交流がまともにできないというのは致命的です。

悪気はないと分かっていても、楽しめない人とは友達になりたくはないのです。

コミュニケーションが下手という人は、会話のコツ「準備・流れ」を意識しましょう。

はじめのうちは、友達と話すネタを予め考えてメモしておくのです。

一緒にいるときはそれを見ながら話すようにします。

その上で会話中にも流れをつかみ、その場に合ったネタを選ぶように特訓しましょう。

楽しい会話は友達作りの第一歩です。

友達ができない人の特徴⑤:心を開かない 心を開かないというのも、友達ができない人の特徴の一つです。

内向的で、なかなか他人に心を開くことができない人がいます。

いつまでたっても上辺だけの付き合いしかできないと、相手も自分の心を開こうとは思わないのです。

浅い関係でもいいのであれば問題ないかもしれませんが、そうでないのなら自己改革が必要です。

人は信頼関係の上で成り立つものです。

もしももっと気の知れた仲になりたいと思うなら、勇気を出して自分から心を開くことです。

普段あまり人には言えない思いを吐露するのでもかまいません。

小さなことから、心の内を出していきましょう。

次第に相手もあなたに心を許し、かけがえのない友達になれるはずです。

友達ができない人の特徴11選⑥~⑪ 友達ができない人の特徴⑥:悪口が大好き 悪口が大好きというのも、友達ができない人の特徴の一つです。

特に女性に多い、悪口や噂話が大好きな人。

時には愚痴を言いあうことも必要ですが、程度が過ぎると相手に不信感を抱かせてしまいます。

例えば、3人で食事してるときに1人が席を外したとします。

その瞬間にいなくなった人の悪口を言い出せば、聞いている方は自分も同じように言われているんじゃないかと思ってしまうのです。

つい悪口が増えてしまう人は、気持ちのいい会話をすることを心がけてみましょう。

友達ができない人の特徴⑦:批判的である 批判的であるというのも、友達ができない人の特徴の一つです。

仲の良い友達だからといって、何でも否定から入っていませんか?相談を受けても「でもあなたも悪いよね」と一方的に突き放したり、否定ばかりしていると嫌になってしまいます。

時にはきつく言える関係が理想ですが、いつでも毒舌な言動ばかりして相手を傷付けているかもしれません。

まずは相手に同調し、共感していることを伝えた上で意見を言うようにしましょう。

頭ごなしに否定する人は、たとえ正論であっても受け入れることが出来にくくなってしまいます。

友達ができない人の特徴⑧:感情が少ない 感情が少ないというのも、友達ができない人の特徴の一つです。

ポーカーフェイスで何をしても冷めている人とは、一緒にいて楽しいとは思えません。

人間らしい親しみが湧かない上に、何を考えているのか分からないとレッテルを貼られてしまいます。

感情表現が苦手で、そうなってしまうという人もいるかもしれませんね。

それでも、相手からするといつ裏切られるか分からないという恐怖があるのです。

気持ちを表に出すことが苦手なら、まずは表情だけでもコントロール出来るように練習しましょう。

相手と同じ気持ちになっていると表現することは、信頼関係に繋がります。

友達ができない人の特徴⑨:他人に興味がない 他人に興味がないというのも、友達ができない人の特徴の一つです。

他人に興味がなくても、学生のうちはそれなりに友達をつくれたかもしれません。

でも、そういう人は自分から誘ったり連絡をしたりしないので、相手からも大切にされません。

その結果、社会人になってだんだんと離れていったりするのです。

他人に興味がないというのは見透かされるものです。

自分に興味を持ってくれない人は、いくら魅力的な人であっても友達でいたいとは思いません。

もしどうしても人に興味が湧かない場合は、同じ趣味のコミュニティで友達を作ることをおすすめします。

人間自体に興味がなくとも、趣味が同じであれば親しくなりやすいものです。

友達ができない人の特徴⑩:ネガティブな性格 ネガティブな性格も、友達ができない人の特徴の一つです。

ネガティブな言葉ばかりの会話は、当然ながら楽しいとは言えません。

言っている側は満足しても、聞いている方にとっては苦痛になってしまいます。

ネガティブな感情は影響しやすいので、一緒にいると自分まで暗い気持ちに引っ張られてしまうのです。

もちろん、悩みがあったりしてそうなってしまうときもありますね。

でも、マイナス発言が日常化している人はだんだんと距離を置かれるようになります。

そうならないように、いくら仲の良い友達であってもネガティブな言動はほどほどにしておきましょう。

友達ができない人の特徴⑪:清潔感がない 清潔感がないのも、友達ができない人の特徴の一つです。

これは特に異性間の友達関係で顕著です。

女性であれば、見るからに手入れをしていないボサボサの髪や伸び切った爪。

鞄の中がいつもぐちゃぐちゃで汚いなど。

男性であれば、匂いであったり、服が汚い、ヒゲが伸びっぱなしなど不潔な外見は好まれませんね。

もちろん、人間は中身が大切というのは間違ってはいません。

ですが、それを盾に自分の見た目への配慮をしなければ、傲慢に思われてしまいます。

いつでも清潔感のある身なりを意識して、人に不快感を与えないというのは大人としてのマナーでもあるのです。

この機会に、人付き合いでのマナーを一通り覚えておきましょう。

友達ができない人が仲の良い人を作るためにできることは? 友達がいなくて寂しい!仲の良い友人を作る方法①よく笑う 仲の良い友達がいなくて寂しいなら、友達を作る方法としてよく笑うことをおすすめします。

当然のことですが、怒ってばかりの人やむすっとしている人より、笑っている人と仲良くなりたい人がほとんどです。

鏡の前で笑顔の練習をして、人を惹きつけることのできる自分になりましょう。

あなたのまわりにいつもニコニコ笑顔な人はいますか?そんな人の心理について知れば、あなたもいつも笑顔でいられるようになるかもしれません。

笑顔をたやさないコツをまとめていますので、参考にしてくださいね。

友達がいなくて寂しい!仲の良い友人を作る方法②自分から話しかける 仲の良い友達がいなくて寂しいなら、友達を作る方法として自分から話しかけることを心がけましょう。

誰しも自分から人に話かけるのは勇気がいるものです。

逆に考えれば、それを待っている人もたくさんいるはずです。

友達を作りたいのなら、自分から積極的にアプローチしてみましょう。

上手な会話方法にはコツがあるのをご存知ですか?トーク力を磨いて、友達作りに生かしましょう。

以下の記事で、話し方のコツや話題の広げ方をご紹介しています。

コミュニケーション能力をアップさせることにも繋がりますので、ぜひご覧ください。

友達がいなくて寂しい!仲の良い友人を作る方法③質問をする 仲の良い友達がいなくて寂しいなら、友達を作る方法として質問することを意識しましょう。

自分の話は置いておいて、まずは相手に色々なことを聞きましょう。

あなたに興味を持っている・仲良くなりたいという気持ちが伝われば、相手も心を開きやすくなります。

踏み込みすぎない程度の軽い質問で、交流をもってみましょう。

友達がいなくて寂しい!仲の良い友人を作る方法④聞き上手になる 仲の良い友達がいなくて寂しいなら、友達を作る方法として聞き上手を徹底しましょう。

自分の話を聞いてもらえるのはうれしいですよね。

それは誰でも同じことですので、聞くセンスを磨いて相手に好まれるよう努力しましょう。

相槌と共感を心がけるだけでも、真剣に話を聞いてくれてるんだなと伝わりますよ。

一緒に遊びたいと思われる!仲の良い友人を作る方法⑤会話のテンポと温度感 友達を作る方法として会話のテンポと温度感を意識しましょう。

会話にはひとぞれぞれのテンポがあり、それに合わせられる人は友達として重宝されます。

また、その時々に合った温度感を保つことも重要です。

相手の様子をよく観察し、会話の波長を揃える意識を持つようにしましょう。

一緒に遊びたい楽しい人だと思われますよ。

友達ができない特徴を知って自分を変える努力をしよう 友達ができなくて寂しいのは自分にも原因があることが分かりました。

ご紹介した内容を参考に、一緒に遊びたい・仲良くなりたいと思われる存在になりましょう。

かけがえのない、仲の良い友達を作ることができるはずです!

キーワード

  • 友達
  • 特徴
  • 会話
  • 一つ
  • 興味
  • ネガティブ
  • 感情
  • 友人
  • 悪口
  • 他人
  • 意識
  • ひとり
  • 笑顔
  • コツ
  • テンポ