ライフスタイル

とりまの意味は?使い方例文6選!とりま以外のネット用語や若者言葉も

2018年07月20日更新
とりまの意味は?使い方例文6選!とりま以外のネット用語や若者言葉も

「とりま」の意味は? 「とりま」は「とりあえずまあ」の略語 「とりま」は「とりあえずまあ」の略語であり、ネット用語・若者言葉に分類されます。

「いったん」「一時的に」「まず」などの意味があります。

「真面目に」から「マジ」が生まれたように、略語は若者の間でよく使われます。

「とりま」の語源である「とりあえず」は、「暫定・一時的な決定」の意味を持つ言葉です。

「まあ」は「今のところ」という意味で使われています。

「まあ」が口癖の人の心理についてはこちらの記事をご覧ください。

語源「とりあえず」の意味 「とりま」の語源である「とりあえず」は「とるべきものもとらずに」というフレーズから生まれた副詞です。

漢字にするなら「取り敢えず」と書きます。

意味としては、「しっかりした対処は後回しにして、簡易的に物事を行うこと」や「将来のことは考えず、現在の問題に対処すること」を表します。

「とりあえず絆創膏を貼った」「とりあえず一問目は解こう」のように使います。

「とりま」は「ねぎま」ではない Instagram 「とりま」は焼き鳥の「ねぎま」と似た語感です。

しかし、「とりま」は焼き鳥とは一切関係ありません。

「とりま、ねぎま」と言われたら「とりあえず、ねぎま」という意味です。

ネットではネタとしてこの「とりま、ねぎま」のフレーズが使われることがありますが、真に受けて焼き鳥の一種だと思わないように気を付けましょう。

「とりま」の使い方と例文6選 【とりまの使い方1】とりま行く 「とりま行く」は「とりあえずまあ、行く」という意味です。

「事情はわかんないけど、とりま行くね!」「とりま行くことにした」のように使います。

この場合の「とりま」には、「行ってから考えよう」「行ってから詳細を話そう」「とりあえず行くから待っててね」というニュアンスが含まれます。

【とりまの使い方2】とりまやっとく 「とりまやっとく」は「とりあえずまあ、私がやっておく」という意味です。

「とりま掃除やっとく」「とりまケーキとっとく」のように使います。

一般的な言い方にすると「とりあえず私が掃除しておくね」「とりあえずケーキとっておくね」になります。

この場合の「とりま」には、「他にもやることがあるかもしれないが、ひとまず置いて目の前のことをやっておく」というニュアンスが含まれます。

【とりまの使い方3】とりまそれでいい 「とりまそれでいい」は「とりあえずまあ、それでいい」という意味です。

「飲み会の日程?とりまそれでいいよ!」のように使います。

一般的な言い方にすると「飲み会の日程?仮にその日にしておいていいよ」になります。

この場合の「とりま」は了解の意味ですが、ベストな選択というより「今後変わるかもしれない仮決定」という意味で使われています。

【とりまの使い方4】とりま今日は帰る 「とりま今日は帰る」は「とりあえずまあ、今日は帰る」という意味です。

「疲れたし、とりま今日は帰るね」のように、友達と遊んだ帰り際などに使います。

一般的な表現に言い換えると「疲れたので、今日のところは帰る」になります。

この「とりま」は単なる切り出しの言葉として使う場合もありますが、連日の用事や仕事の場合は、「別の日(別の人)に任せて帰る」という言外の意味がある場合もあります。

また、社交辞令的に「また遊びたい気持ちはあるけど、(とりあえず)今日は帰るよ」というニュアンスが含まれることも多い用法です。

【とりまの使い方5】とりまLINE送る 「とりまLINE送る」は「とりあえずまあ、LINE送るね」という意味です。

LINEは無料でメッセージのやりとりや通話ができるスマートフォンのアプリのことです。

「とりまLINE送る」と言われたら、「後でLINEにメッセージを送るから見てね」という意味になります。

通知を確認してみましょう。

【とりまの使い方6】とりまバイト 「とりまバイト」は「とりあえずまあ、バイトの時間だから行くね」という意味です。

バイトや仕事の時間になり、話を切り上げるときに使います。

「とりまバイト」「とりま仕事」だけでこの意味になります。

話が途中の場合は、「今は(とりあえず)バイトに行くけど、あとでまた話そうね」というニュアンスが含まれることがあります。

文脈から考えましょう。

「とりま」の類語と言い換え表現4選 【とりまの類語1】さしあたって・さしあたり とりまの類語その1は「さしあたって・さしあたり」です。

「さしあたって」と「さしあたり」は同じ意味の言葉です。

「将来のことは考えず、現在の問題に対処する」という意味です。

「とりあえず」との違いは「簡易的な、かりそめの処置か」という点です。

「さしあたって・さしあたり」にはこの意味はありません。

「さしあたっては、このプロジェクトを推し進める」のように使います。

【とりまの類語2】いったん とりまの類語その2は「いったん」です。

「いったん」には「一時的に・ひとまず」「一度」という意味があります。

「いったん休憩する」のように使います。

「いったん」の他の用法としては、「いったん走り出したら止まらない」という形で「そういう事態になるとなかなか戻れない」ということを表す使い方があります。

【とりまの類語3】最初に・まず とりまの類語その3は「最初に・まず」です。

手順があるものの最初に言う言葉です。

「最初に・まず」には「将来を考えずに今の行動に専念する」という意味や「かりそめの対処」という意味はなく、単純に順番を表します。

例としては「最初にお読みください」「まずは風呂に入る」などがあります。

【とりまの類語4】何はさておき とりまの類語その4は「何はさておき」です。

「それは別として」「それはともかくまずは」という意味です。

順番を表したり、「何らかの話題や行動を一時的に保留にしておく」状態を表します。

「何はさておき、旅行の準備だ」というように使います。

「それはさておき」という使い方もあります。

「とりま」以外のネット用語や若者言葉5選 【ネット用語・若者言葉1】「ちな」の意味 「とりま」以外のネット用語・若者言葉その1は「ちな」です。

「ちな」は「ちなみに」の略語です。

インターネット掲示板の2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)で流行ったネット用語です。

当時は野球関連の掲示板でよく使われており、「ちなヤク」と言えば「ちなみにヤクルトファンです」という意味でした。

現在はギャル語、若者言葉として広く使われています。

「ちな」の例文と使い方 「ちな」の例文と使い方には「ちな彼氏募集中」「ちな学校」などがあります。

「ちな彼氏募集中」と言えば、「ちなみに、彼氏を募集しています」の意味です。

「ちな学校」は「ちなみに、今学校にいます」という意味になります。

「ちなみに」は補足を表す言葉ですが、最近は「漫画読んでる。

ちな学校(漫画を読んでいる。

でも、今学校にいる)」のように逆説的に用いることがあります。

【ネット用語・若者言葉2】「それな」の意味 「とりま」以外のネット用語・若者言葉その2は「それな」です。

「それな」は相手の言ったことに対し、同意を表す言葉です。

「そうそう」と同じような意味で、感動詞として使います。

「そうだよな」の略語です。

「それな」と近い意味の言葉に関西弁の「せやな」があります。

「せやな」も「そうだね」「そうだな」という意味の同意を示す言葉です。

「それな」の例文と使い方 「それな」の例文と使い方には、「このバッグ可愛いよね」「それな」などがあります。

「バッグが可愛い」ことに対し「そうだよね」と同意を示しています。

「それな」は「それな。

わかる」のように「わかる」とセットにして使われることもあります。

「それな」という言葉に関して気を付けたいのは、「それな」という言葉が苦手な人もいるということです。

代わりの返し方をこちらの記事で学んでおきましょう。

【ネット用語・若者言葉3】「わず」の意味 「とりま」以外のネット用語・若者言葉その3は「わず」です。

「わず」は「~した」「前に~にいた」という過去の動作や状況を表す言葉です。

「わず」は英語で過去を表すbe動詞「was」が由来です。

「わず」はSNSのTwitterから生まれたネット用語で、流行語「なう」に対する言葉として生まれました。

ちなみに、「なう」は「now」が由来で、「~している」「今~にいる」という現在進行している状況を表すネット用語です。

「わず」の例文と使い方 「わず」の例文と使い方には、「店でうどんわず」「シャワーわず」などがあります。

「店でうどんわず」は「店でうどんを食べていた」、「シャワーわず」は「シャワーを浴びていた」という意味です。

「なう」と同じように使う言葉ですが、「わず」は終わったことを表すため、「大阪わず」と言った場合は、「大阪にいた(今はいない)」という意味になります。

【ネット用語・若者言葉4】「かしこ」の意味 「とりま」以外のネット用語・若者言葉その4は「かしこ」です。

「かしこ」は「かしこまりました」の略語です。

了解や理解を表します。

「かしこまり」や「かしこま」とも言います。

女性が手紙の終わりに書く語に「かしこ」がありますが、若者言葉の「かしこ」とはまったく違う意味です。

手紙の「かしこ」は古語の「かしこし(=恐れ多い)」という言葉から来ています。

「かしこ」の例文と使い方 「かしこ」の例文と使い方には、「3時集合ね」「かしこ!」などがあります。

一般的な意味に置き換えると、「3時集合ね」「わかった!」という意味になります。

「かしこ」の語源である「かしこまりました」は敬語ですが、ここでは茶化した表現として親しい間柄で使います。

敬語の「かしこまりました」に関してはこちらの記事をお読みください。

【ネット用語・若者言葉5】「りょ」の意味 「とりま」以外のネット用語・若者言葉その5は「りょ」です。

「りょ」は「了解」の略語です。

理解や了解を表します。

元はネット用語・ネットスラングとして使われていました。

もっと略して「り」だけで「了解」を表すこともあります。

ネット用語や若者言葉をよく使う友人から、メールやLINEで「りょ」や「り」という返信が来たら、「了解」の意味だと覚えておきましょう。

「りょ」の例文と使い方 「りょ」の例文と使い方には「ちょっと遅れる」「りょ」などがあります。

一般的な言葉に置き換えると「ちょっと遅れます」「了解です」という意味です。

手早く返信をしたいときに便利な言葉ですが、かなり略されているため、通じる相手かどうか見極めて使いましょう。

ネット用語や若者言葉の意味を理解しよう いかがでしたでしょうか。

今回はネット用語・若者言葉である「とりま」の意味と使い方、そして「ちな」などそれ以外の若者言葉についてご紹介しました。

このようなネット用語・若者言葉を仲間内で使うのは楽しいものです。

略語が多く、知っておくと便利な言葉もあります。

しかし、一般的には意味が通じないものも多々あるので、TPOをわきまえて使うようにしましょう。

キーワード

  • 意味
  • ネット
  • 使い方
  • 若者言葉
  • 用語
  • りま
  • 例文
  • かしこ
  • 類語
  • LINE
  • 略語
  • りょ
  • 了解
  • ちな
  • 以外