恋愛

次男あるある|性格・特徴・恋愛傾向は?他の男兄弟と育て方は違う?

2018年07月23日更新
次男あるある|性格・特徴・恋愛傾向は?他の男兄弟と育て方は違う?

次男あるある|性格・特徴は? 次男の性格・特徴のあるある①束縛されない自由な性格 次男の性格・特徴のあるあるの1つ目は、なにものにも束縛されない自由な性格を持っているということです。

次男は長男に比べると、親の手のかけ方が弱くなります。

長男のときには親も初めての男の子の子育てであることから不安や期待も大きく、よく目をかけているものです。

しかし、次男になるとそれが減ることになります。

そのことから、次男は基本的に親から束縛されない子ども時代を過ごしていることが多いと言えるでしょう。

その育てられ方に慣れているせいか、束縛されるのを嫌う傾向にあります。

次男の性格・特徴のあるある②多少のことは我慢できる 次男の性格・特徴のあるあるの2つ目は、多少のことには我慢できる大きな器を持っているということです。

長男は親から厳しく育てられることが多いため人にも厳しくなる傾向がありますが、次男はその分おおらかな性格であることが多いようです。

また、次男は一番近い男の存在である兄とうまく共存していく必要があります。

そのため、厳しい性格の兄を受け入れるために、おおらかな性格になる傾向があるのです。

次男の性格・特徴のあるある③なにごとも要領よく対処 次男の性格・特徴のあるあるの3つ目は、なにごとにも要領よく対応できるという点です。

次男は常に長男の行動や対応を横で見ています。

そのため、さまざまな食べものを食べられるようになるのも、言葉をたくさん覚えるのも、自転車に乗れるようになるのも、次男の方が早いと言われます。

それがなにごとも要領よく対処できるという理由ですが、一方で器用にたくさんのことができるようになるため、スキルを深めることに苦手さを持つこともあり、器用貧乏な性格になるとも言われます。

次男の性格・特徴のあるある④だれにでも愛される人柄 次男の性格・特徴のあるあるの4つ目は、だれにでも愛される人柄であるということです。

両親からはのんびりと育てられ、長男の厳しい性格を受け入れるおおらかな性格であることから、とても接しやすいやさしい人柄になることが多いためです。

そのため、性格が合わない人があまりいないのが特徴です。

だれとでもうまく付き合うことができ、たくさんの人から愛されるような人柄になるのが次男の特徴です。

次男の性格・特徴のあるある⑤世渡り上手な末っ子ひょうきん者 次男の性格・特徴のあるあるの5つ目は、次男は世渡り上手な末っ子ひょうきん者であるという点です。

次男は、両親と長男という家族構成の中で、小さな世界を見ています。

両親から褒められる長男も見ていれば、怒られる長男も見ていて、さらに両親に反抗する長男のことをも見ています。

長男がなにごともぶつかっていくパイオニア的存在であるのに対して、次男はその下でうまく立ち回る世渡り上手な存在になることが多いのです。

例えば、両親に怒られないようなぎりぎりのラインを把握していたり、家族な不穏な空気のときにはさっと姿を消すなど、とても立ち回りが上手なのが特徴です。

なお、次の記事では末っ子の特徴や性格についてご紹介しています。

長男次男、長女次女問わず、末っ子になることがあります。

それぞれの子どもが末っ子になることでどういった特性を発揮するのでしょうか。

ぜひ次の記事を参考になさってください。

次男あるある|恋愛傾向は? 次男の恋愛あるある①ストレートで積極的な気持ちの表現 次男の恋愛あるあるの1つ目は、恋愛に対してとてもストレートで積極的な気持ちの表現をするという点です。

子どものころから長男の行動を見て自分の行動を決めているため、恋愛においても失敗パターンと成功パターンをある程度自分の中で理解できているようです。

そのため駆け引きなどに時間を費やすことなく、ストレートで積極的にことを運び、結果恋愛において成功を収めることができるようです。

次男の恋愛あるある②ケンカを避ける平和主義 次男の恋愛あるあるの2つ目は、ケンカを避ける平和主義者であることです。

次男は恋愛ではなくとも、基本的に争いごとを嫌がります。

兄と両親との関係性から、争いごとの嫌な側面を見ることが多かったからでしょう。

そのため、恋愛においても多少のことは我慢し言い争いなどを避ける傾向にあります。

しかし、本音を言い合えないという意味ではマイナスに転じることもあります。

次男と恋愛をするときには、相手が心を許せるような関係性を築くことがポイントと言えるでしょう。

次男の恋愛あるある③自由で束縛嫌い 次男の恋愛あるあるの3つ目は、自由で束縛を嫌う傾向があることです。

次男の性格の部分でもご紹介したように、次男は自由気ままで奔放な性格の持ち主です。

そのため、他人から束縛されることを非常に嫌がります。

そのため、恋愛するとどっぷりはまり込んでしまうような束縛好きの女性は、次男の男性との恋愛は向かないでしょう。

反対に、サバサバとした執着心の少ない女性の方が合っていると言えます。

次男の恋愛あるある④涙もろい側面も 次男の恋愛あるあるの4つ目は、実は涙もろい側面を持っているという点です。

これはそれぞれの性格にもよりますが、人懐こい性格であることや、長男の現実的な性格とは反対に夢見がちな側面を持っていることが関係しています。

人の気持ちに共感できる要素が強く、結果涙もろい側面を見ることが多いかもしれません。

特に、別れの場面においては、涙を見せることが多いようです。

次の記事では、長男の性格についてご紹介しています。

長男と次男は、とても近しい存在です。

どういった性格の違いがあり、どうすれば仲の良い兄弟になるのかについて知りたい場合には、ぜひ参考にされるといいでしょう。

次男あるある|親の育て方&兄弟と比べ配慮するといい点は? 次男の育て方ポイント①兄弟の関係性は口出ししすぎない 次男の育て方のポイントの1つ目は、両親は兄弟の関係性に口出しをしすぎない方がいいということです。

弟である次男は、兄である長男のことを非常に近しい男性である人間として、親が思う以上によく見ています。

そのため、両親が口を出すまでもなく、兄と弟は自分たちでしっかりと関係性を築いていけることが多いのです。

兄に必要以上に兄らしくさせる必要もありませんし、弟も同様です。

また、年が近いからと言って必要以上に平等にする必要もありません。

育て方について考えるよりも前に、ふたりが築いていく兄弟としての関係性をしっかりと見守ってあげるようにするといいでしょう。

次男の育て方ポイント②それぞれと向き合う時間を 次男の育て方ポイントの2つ目は、兄だけではなく弟である次男ともしっかり向き合う時間をとるということです。

同じ男兄弟だとついつい二人まとめて対応するということが多くなりますが、愛情をかけるときも叱るときも、それぞれと向き合う時間をとるようにするといいでしょう。

しかし、なかなか次男とだけゆっくり過ごす時間が持てないということもあるでしょう。

そんなときには、頭をなでてあげるとか、しっかり目を見つめてお話しするなどのちょっとしたことでも構いません。

兄とは別の特別の愛情がかけられているということが、ときどき次男に伝わるように工夫してみてはいかがでしょうか。

次男の育て方ポイント③親がいつも幸せで満たされていること 次男の育て方ポイントの3つ目は、次男の育て方に限らず、親がいつも幸せで満たされているということです。

子どもにとって一番苦しいことは、親が辛そうにしていたり、不幸そうにしていることです。

反対に両親がいつも笑顔で仲良くしていることは、それだけで子どもの心を平穏にします。

夫婦喧嘩などはできるだけ子どもがいないところで解決するようにしましょう。

また夫婦関係においても、喧嘩などを相手のせいにするのではなく、自分でなにかできることがないか、自分自身を変えることができないか、しっかり自分と向き合う時間をとることも大切です。

次の記事では、兄弟の性格の傾向について、心理学の側面から解説しています。

それぞれの性格についてより深く知りたい、育て方の参考にしたいという場合には、ぜひ次の記事を参考にされるといいでしょう。

次男と結婚した際のあるあるは? 次男と結婚した際のあるある①基本的に男が甘える 次男と結婚した際のあるあるの1つ目は、基本的に夫である男側が、妻である女側に甘えることが多いということです。

次男は長男ほどには責任感も強くなく、うまく人に甘える方法を熟知しています。

そのため、妻側がリードして夫を支えていけるという場合には、うまくいくことが多いでしょう。

しかし、妻も甘えたい傾向が強い場合や、共働きにより夫婦で家事分担をしたい場合などには、折り合いが合わないことも多くなります。

次男と結婚した際のあるある②伸びやかな家族 次男と結婚した際のあるあるの2つ目は、のびのびとした家族になることが多いということです。

次男は長男ほどにはしっかりしていないため、計画性の部分でも長男に比べて弱い部分があります。

そのため、計画性を求めて結婚するとルーズに感じる部分もあるでしょう。

一方で、次男は「なんとかなる」というマインドが強いのも特徴です。

人生においてしっかり計画を立てなくても、生きていくことができるという確信があるため、実際にその通りに人生が運ぶことが多いのも特徴です。

そのため、我慢が少なく精神的にゆとりのある、のびのびとした家族関係が築いていけるでしょう。

次男は伸びやかで愛される性格! 次男の性格の特徴や、次男の男性の恋愛傾向、また両親の次男を育てるときのポイントについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

次男と結婚するときのあるあるの特徴の解説からも、次男とはどういった人柄で、どういった生き方をする人なのかが分かったのではないでしょうか。

しかし、性格の傾向はあるものの、最終的にはひとりの人間です。

あなた自身が男性との関係性について悩んでいるのなら、長男なのか次男なのかということにだけとらわれるのではなく、ひとりの男性としての考え方や在り方、生き方を尊重して付き合っていけるといいでしょう。

キーワード

  • 次男
  • 性格
  • 特徴
  • 長男
  • 恋愛
  • 両親
  • 傾向
  • 束縛
  • 結婚
  • 関係性
  • 育て方
  • 兄弟
  • 側面