ヘアスタイル

髪を上手に巻けない人に!コテの使い方とは?内巻き・外巻きのやり方も

2018年07月24日更新
髪を上手に巻けない人に!コテの使い方とは?内巻き・外巻きのやり方も

コテで髪を上手に巻けない原因5選 コテで髪を上手に巻けない原因①下準備をしていない Instagram コテで髪を上手に巻けない原因の1つ目は「下準備をしていない」です。

何もせずに、いきなりコテで巻き始めていませんか?コテで巻く前に髪を完全に乾かして溶かしておく必要があります。

詳しくはこの記事の「髪を上手に巻けない!巻くときのコツ①下準備:髪をしっかり乾かそう」をご覧ください。

コテで髪を上手に巻けない原因②スタイリング剤を使っていない Instagram コテで髪を上手に巻けない原因の2つ目は「スタイリング剤を使っていない」です。

スタイリング剤を使用しないで巻くと、きれいにカールが出来てもすぐに取れてしまいます。

髪質や巻き方に合わせて、スタイリング剤を使用し巻きましょう。

どんなスタイリング剤があるかは、以下の記事をご覧ください。

コテで髪を上手に巻けない原因③コテの使い方・向きが適当 Instagram コテで髪を上手に巻けない原因の3つ目は「コテの使い方・向きが適当」です。

何も考えずに、利き手の巻きやすい方向にばかり巻いていませんか?内巻きと外巻きを交互に行うミックス巻きという巻き方もありますが、適当ではきれいに巻けないのは仕方がありません。

巻く方向を考えて巻いてみてください。

コテで髪を上手に巻けない原因④ブロッキングしていない Instagram コテで髪を上手に巻けない原因の4つ目は「ブロッキングしていない」です。

初心者のかたは、ブロッキングが何かと思う方もいるでしょう。

ブロッキングとは巻きやすいように髪を分けておくことを言います。

めんどくさいようですが、ブロッキングをしないでコテを使うと、巻き髪にムラが出てしまいます。

急がば回れです。

コテで髪を上手に巻けない原因⑤設定温度が間違っている Instagram コテで髪を上手に巻けない原因の5つ目は「設定温度が間違っている」です。

きれいに巻けないのは設定温度が低いからかもしれません。

しかし高すぎても髪を傷めてしまいますので注してください。

詳しくは、この記事の「基本的なコテの使い方②カール別の温度を覚えよう」をご覧ください。

コテで髪を上手に巻けない人に!基本的なコテの使い方とは? 基本的なコテの使い方①コテの太さをチェックしよう Instagram 基本的なコテの使い方の1つ目は「コテの太さをチェックする」です。

どのようなカールを作りたいかで、こての太さを調整する必要があります。

ショートやボブの人は、細めのコテがおすすめです。

ミディアムやロングの人はナチュラルなゆるふわを作るには太めの30ミリ以上のコテがいいでしょう。

ミディアムやロングの人でも、細かくてしっかりしたカールを付けたい場合は細いコテで巻きましょう。

初心者の人は太めのコテが扱いやすいのでおすすめです。

基本的なコテの使い方②カール別の温度を覚えよう Instagram 基本的なコテの使い方の2つ目は「カール別の温度を覚える」です。

基本的には140度を目安にしてください。

温度調整が出来ないタイプのコテですと、温度が上がりすぎたり急に冷めたりするのできれいに巻けないのです。

髪を傷めますので、最高でも180度くらいまでにしてください。

ワンカールやナチュラルなゆるふわカールを作りたいときには、温度を低めに設定しましょう。

120度くらいがベストです。

ワンカールの巻き方は、この記事の「内巻きと外巻きのやり方②内巻き・外巻きのやり方:ワンカール」をご覧ください。

髪を上手に巻けない人に!髪を巻くときのコツ5選 髪を上手に巻けない!巻くときのコツ①下準備:髪をしっかり乾かそう Instagram 髪を上手に巻けない場合の巻くときのコツの1つ目は「下準備をする・髪をしっかり乾かす」です。

髪が塗れていたり半乾きの状態ですと、カールを作っても長持ちしません。

しっかりと乾かしてから行うのがコテの使い方のコツです。

また髪がバラバラの状態ですと上手に巻くことが出来ません。

ブラシできちんと溶かし、コテでカールと作る前に髪をストレートに伸ばし、癖をまっすぐにして置きましょう。

この下準備をしておくと、カールが綺麗に作れます。

髪を上手に巻けない!巻くときのコツ②ブロッキングをしよう Instagram 髪を上手に巻けない場合の巻くときのコツの2つ目は「髪をブロッキングする」です。

写真のように、髪をまとめて分けながら巻くことで、巻く方向間違えることや巻き忘れを防ぐことが出来ます。

また、余分な髪が落ちてこないので、巻きやすくなります。

このブロッキングすることが面倒くさくて、いきなり巻いてしまう方も多いようですが、後ろの方を巻く時など、とてもやりやすくなりキレイに仕上がるので、ブロッキングはサボらずに行ってくださいね。

ヘアカラーの時もブロッキングは重要です。

以下の記事を併せて読んで参考にしてください。

髪を上手に巻けない!巻くときのコツ③一回に巻く一束の量を覚えよう Instagram 髪を上手に巻けない場合の巻くときのコツの3つ目は「一回に巻く一束の量を覚える」です。

一度に巻く髪の量が多いと、全体に熱が伝わらずにきれいに巻けないので気を付けましょう。

基本は、髪を人差し指と中指で軽く挟んで5センチくらいを一束として巻いてください。

一度巻いてみて、もっと大きめのカールが良い場合は髪を多く、細かいカールがいい場合は髪を少なくして巻いてください。

写真は、ワンカールの時の毛束です。

ワンカールの時は多めの毛束を下に引っ張るようにして巻くのがコツです。

髪を上手に巻けない!巻くときのコツ④熱が冷めるまで待とう Instagram 髪を上手に巻けない場合の巻くときのコツの4つ目は「冷めるまで待つ」です。

カールを終えた髪は、熱を持っています。

カールした髪を手のひらに乗せて、ポンポンと跳ねさせ熱を取りましょう。

煮物が冷めるときに味が染み込むように、カールも冷ますことで長持ちします。

長く熱を加えて強めのカールを作るよりも、作ったカールを冷ます作業を行うことが、カール長持ちのコツですので覚えておきましょう。

髪を上手に巻けない!巻くときのコツ⑤指先で軽く解そう Instagram 髪を上手に巻けない場合の巻くときのコツの5つ目は「指先で軽く解す(ほぐす)」です。

カールしたての形は、コテを使った一束分ずつまとまった状態になっています。

まとまった状態もエレガントなイメージのファッションには合いますので良いのですが、ナチュラルにゆるふわを作るためには、指先でほぐすのがコツです。

毛先に向かって軽く手ぐしを通します。

少しルーズなイメージに仕上げたいときには、さらに毛先を割くように解かすといいでしょう。

髪を上手に巻けない人に!内巻きと外巻きのやり方は? 内巻きと外巻きのやり方①内巻きのやり方:フォワード巻き Instagram 内巻きになる巻き方「フォワード巻き」のやり方をご紹介します。

コテで巻く毛束を手に取ったら、コテのクリップ(挟む部分)が、髪の外側にくるように挟みます。

毛先を残すように巻き、あとから滑らすように毛先を巻くと、毛先が折れにくいのでおすすめです。

後ろは真ん中でブロッキングしてから、左右で内巻きになるように巻いていきます。

ブロッキングしないで適当に巻くと向きがバラバラになってしまうので気を付けてください。

フォワード巻きの詳しいやり方は、以下の動画を参考にしてください。

内巻きと外巻きのやり方②内巻き・外巻きのやり方:ワンカール Instagram 内巻き・外巻きになる巻き方「ワンカール」のやり方をご紹介します。

先程のフォワード巻きと同じく、内巻きにしたいときにはクリップが外側にくるようにして巻きます。

外ハネ(外巻き)にしたい場合はクリップは内側です。

毛束は多めにとってOKですが、コツは、平行に巻くことです。

ひじの下がった状態で巻くと、斜めになるのできれいにワンカールが作れません。

ひじは首の高さまで上げて巻くつもりで行うときれいに仕上がります。

詳しいワンカールのやり方は、以下の動画をご覧ください。

内巻きと外巻きのやり方③外巻きのやり方:リバース巻き Instagram 外巻きになる巻き方「リバース巻き」のやり方をご紹介します。

上品はフォワード巻きに対して、リバース巻きは華やかさがある巻き方で、大人の女性におすすめのカールです。

フォワード巻きの反対で、コテのクリップを内側になるように挟み髪を巻いていきます。

後ろ髪の巻き方もフォワード巻きと同じで、真ん中で分けて左右で外巻きになるように巻いていきます。

詳しいリバース巻きのやり方は、以下の動画をご覧ください。

内巻きと外巻きのやり方④後ろを巻くコツ Instagram 難しい後ろの髪をきれいに巻くやり方をご紹介します。

一番大切なのはブロッキングです。

髪を後ろで真ん中で分けて左右で対象になるように巻くことがポイントです。

それでも上手く巻けないという初心者さんにおすすめのやり方は「ポニーテール巻き」です。

髪を高めの位置で縛り、後ろ髪を前に持ってくることで巻きやすくする方法です。

簡単ですが、やはりブロッキングしてからの後ろ髪の巻き方のきれいさには敵わないので、練習してみてくださいね。

詳しくは以下の動画をご覧ください。

長さ別巻き髪のヘアスタイル10選 長さ別巻き髪のヘアスタイル①ロング:フォワード巻き Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ロング:フォワード巻き」です。

フォワード巻きは上品でフェミニンな仕上がりになるので、かしこまった席にもおすすめのヘアスタイルです。

写真のように手ぐしを余り入れずにカールを解さないと、エレガントな大人のイメージに仕上がります。

パーティードレスなどのときには、わざと解さないフォワード巻きもいいでしょう。

写真は髪の下の方だけを巻いていますが、髪の量が少なめの方やゴージャスな仕上がりにしたい方は、髪の根元から巻いてボリュームを出しましょう。

長さ別巻き髪のヘアスタイル②ロング:初心者おすすめ!ワンカール Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ロング:ワンカール」です。

お嬢様風の上品な仕上がりになります。

前髪を多めにとると、キュートなイメージにも仕上がります。

コテの使い方はコテを髪の根元から滑らせるようにしたまで持って行き、毛先を1回転させます。

コテを回転させる回数が少ないので、初心者さんにおすすめのカールです。

ワンカールで手首のスナップに慣れてきたら、いろいろなカールにチャレンジしてみてください。

長さ別巻き髪のヘアスタイル③ロング:リバース巻き Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ロング:リバース巻き」です。

ゴージャスな大人の女性、デキる女のイメージに仕上がります。

写真は、ウェットな仕上がりになるスタイリング剤を使用しています。

艶っぽいセクシーさが出ますね! ロングの方はコテでカールすることで、髪をまとめやすくなります。

まとめ髪にもチャレンジしたいという方は、以下のロングヘアのアレンジの記事もぜひご覧ください。

長さ別巻き髪のヘアスタイル④ロング:後ろも可愛い!毛先巻き Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ロング:毛先巻き」です。

髪の上部はあえてカールを作らないで、下の方だけ強めのカールを作る毛先巻きは、毛先にだけボリュームを付けることで小顔効果が期待できます。

サイドの髪の毛は、後ろ髪よりも高い位置から巻くとバランスがいいですよ。

毛先巻きの場合も、内巻きか外巻きか向きはきちんと決めて巻きましょう。

ミックス巻きという巻き方も有りますが、ボリュームが出すぎてしまうので、毛先巻きにはあまり向きません。

長さ別巻き髪のヘアスタイル⑤ロング:ルーズで可愛い!毛先逃し Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ロング:毛先逃し」です。

毛先を残して毛先の少し上からコテで巻く使い方です。

ナチュラルで少しルーズな仕上がりになるのでリゾートなどにもおすすめです。

写真はトップの方にもボリュームを付けています。

トップにボリュームを出すことで、毛先のルーズさが際立ち、外国人風のカールに仕上がっています。

なんだかリゾートに行きたくなってしまったという方は、以下の記事も読んでぜひ旅行の計画を立ててください! 長さ別巻き髪のヘアスタイル⑥ミディアム:上品!リバース巻き Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ミディアム:リバース巻き」です。

ミディアムな長さでも、リバース巻きは大人の女性のイメージに仕上がります。

写真のように前髪がある場合は、前髪は軽く内巻きに仕上げましょう。

前髪が長い、前髪がないタイプの髪型の人は、サイドもリバース巻きに仕上げます。

多めの前髪ですと、リバース巻きでもポップなイメージになります。

長さ別巻き髪のヘアスタイル⑦ミディアム:ミックス巻き Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ミディアム:ミックス巻き」です。

ミックス巻きとは、内巻きと外巻きを交互に巻くコテの使い方をします。

全体にボリュームが出てフワッとした仕上がりになるのが特徴です。

ふんわり優しいフェミニンなイメージに仕上がるので、男性ウケの良いヘアスタイルです。

しかし、髪の量の多い方は広がってしまうので、向きの決まった巻き方の方が落ち着きますよ。

長さ別巻き髪のヘアスタイル⑧ミディアム:後ろ外ハネワンカール Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ミディアム:後ろ外ハネワンカール」です。

ミディアムの長さで後ろ外ハネワンカールにすると、元気なイメージになります。

ロングでの外ハネはやんちゃなイメージになります。

スタイリング剤を付けながら毛先を解して動きを付けることで、よりおしゃれ度がアップします。

少しウェットな仕上がりにするとセクシーなイメージもプラスされますよ。

長さ別巻き髪のヘアスタイル⑨ボブ・ショート:ワンカール Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ボブ・ショート:ワンカール」です。

トップに軽くボリュームを付けながら、毛先を内巻きにワンカールしています。

髪の量の多めの方に似合うヘアスタイルです。

寝ぐせが付いていたり、髪の根元がうねった状態ですとワンカールはきれいな内巻きに仕上がりません。

まずは巻くことは考えずにストレートになるようにコテを真っすぐ降ろし、髪が冷めてからカールを行いましょう。

長さ別巻き髪のヘアスタイル⑩ボブ・ショート:根本巻き Instagram 長さ別おすすめの巻き髪のヘアスタイル「ボブ・ショート:根本巻き」です。

髪が短い人は、細めのコテを使います。

トップにボリュームも欲しいので、根本巻きがおすすめです。

毛束を毛先ではなく根元から巻いていきます。

根本巻きはコテの使い方が違います。

髪の方を少しずつ回転させながら、コテに巻き込んでいきます。

かなりボリュームが出るので、髪の毛が少なめの方や、髪に大きな動きが欲しいという方におすすめのヘアスタイルです。

詳しい根本巻きのやり方は以下の動画をご覧ください。

髪を巻けない自分は卒業!コテを使いこなそう いかがでしたでしょうか。

上手に巻けないときは、いきなり巻かずに下準備やブロッキングを行うことでキレイに仕上がることが分かりました。

急がば回れですね!コテの巻き方にもいろいろあるということもわかりましたね。

コテを上手に使いこないしておしゃれなヘアスタイルを手に入れましょう!

キーワード

  • コテ
  • カール
  • ヘアスタイル
  • 上手
  • 巻き
  • 巻き髪
  • やり方
  • 内巻き
  • ブロッキング
  • コツ
  • 外巻き
  • 毛先
  • ロング
  • 使い方
  • リバース