ライフスタイル

幸せに生きる方法10選!自分のための幸福な人生のヒントやコツは?

2018年07月25日更新
幸せに生きる方法10選!自分のための幸福な人生のヒントやコツは?

幸せに生きたいと思う瞬間は? 幸せそうな家族を見たとき 幸せに生きたいと思う瞬間はどのようなときでしょうか。

人それぞれに理想の生き方があります。

その理想の中でまずは周囲の人たちが幸せだと自分も幸せに感じることでしょう。

特に家族が幸せであるともっと幸せに生きたいと感じます。

また自分の家族に限らず、楽しそうに他の親子が遊んでいる姿を見るとこちらも楽しくなります。

幸せは連鎖します。

人生には波がありますが、家族と楽しく過ごしていく気持ちは忘れたくないものです。

そして何よりも家族は大切にしていきましょう。

パートナーとずっと一緒に居たいと思ったとき 永遠に添い遂げたいパートナーと巡り合ったとき、それが幸せに生きたいと思う瞬間ではないでしょうか。

自分だけの幸せではなくパートナーと一緒に幸せでずっと居たいと思うことはごく自然なことです。

一人だけの幸せよりも二人であると幸せも倍になります。

ですが幸せでいることにだんだん気付かなくなります。

幸せは見過ごされてしまうのです。

そうなったときに初めて幸せなのだと確信できるようになりましょう。

気心の知れた友人たちと居るとき 気の置けない友人たちと居るとき、そういう人たちと過ごせることは幸せな瞬間でしょう。

人生の中で気心の知れた人と出会えることは意外と少ないのです。

友人たちと笑い合ったり、くだらないことで喧嘩することも実に幸せなことなのだと感じてください。

今は人間関係が希薄になっている世の中で友人関係を築けない人もいるかもしれません。

そんな人にはぜひ下記の記事を参考にしてみてください。

友達がいることは人生の中で大切なことです。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント10選!【1】 幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント①マイペースに生きる 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、マイペースに生きるということをしてみましょう。

人は周囲のものや人にあまりにも流されがちです。

そして翻弄され、自分を見失いがちです。

今の人生は自分だけのものです。

自分のペースで、たとえゆっくりであっても誰かに邪魔されない生き方をしてみましょう。

また時にはそのマイペースさが周囲から反感を買うことがあるかもしれません。

迷惑をかけるマイペースさはいけませんが、自分を見失わず、正しい方向へ向かうのであればそれは間違ってはいません。

じっくりと人生を歩んでいきましょう。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント②人の目を気にしない 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、人の目を気にしないということを挙げましょう。

人はあまりにも周囲の目を気にしすぎです。

ですが気にしないと安心して生活できないという悲しい現実があるのも事実です。

猫を被った自分ではなく、自己表現をうまく出して正直にいきましょう。

そうは言っても人の目を気にしない生き方は難しいことです。

どう生きていくのが良いのか悩む人は以下の記事も併せて読んでみてください。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント③余計なことを言わない 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、余計なことを言わない、ということでしょう。

その意味として賢く生きることです。

口は災いのもと、と言いますが余計なことを言って失敗することが多々あります。

出しゃばることや図々しいことは醜いことです。

人生は賢く生きることでこなしていけることが多いのです。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント④人の助言に聞く耳を持つ 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、人の助言に聞く耳を持つ、ということです。

人生を逆行している人にありがちなのが自分だけを信じるあまり他人の話を一切聞いていないということです。

自分の人生を貫くことはある意味幸せですが、敵を作っては意味がありません。

人の話は参考にするべきでしょう。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント⑤噂話をしない 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、噂話をしない、ということです。

他人の噂話に花を咲かせても誰も得をしないことに気づきましょう。

人は他人の不幸が楽しかったり、見下すことに喜びを感じる生き物です。

ですがそれほど醜いことはありません。

そのような生き方に幸せを見出すことはあり得ません。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント10選!【2】 幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント⑥我が強い人間にはならない 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、我が強い人間にならない、ということを挙げましょう。

我が強い人間とは自己主張が激しく、周囲との協調性に欠け、結果孤立することもあります。

自己主張をして幸せを感じるというのは自己満足の世界でしかありません。

その結果幸せになっても誰も共感しないでしょう。

我が強い人はきつい性格に思われがちです。

ですが自分の性格はなかなか直すことはできません。

少しでも直すべく、自分を理解してみましょう。

以下の記事をぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント⑦まず考える 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、何事にもまず考える、ということです。

無鉄砲に生きていても損することはあっても得することはありません。

もちろんやりたいことができるのは幸せと繋がります。

ですが後々それを失敗だと後悔することは幸せではないのです。

一時の幸せのために無鉄砲は無意味です。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント⑧自分を客観的に見る 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、自分を客観的に見ることをしてみましょう。

まずはじっくり鏡で自分の顔を見て下さい。

幸せだと感じることができる人は幸せな顔をしています。

人生は顔に出ます。

もし自分に後ろめたいことがあると鏡を見続けることができません。

鏡は自分の内面を映し出しているのです。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント⑨出会いを大切にする 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、出会いを大切にするということを挙げましょう。

縁は不思議なもので、拾う縁もあれば自ら捨てる縁もあります。

そして縁が繋がっている人とは再び出会うことができることがあります。

腐れ縁という言葉もありますが、自分を陥れる縁は捨てる勇気も幸せになる上で必要です。

幸せに生きる方法|幸福な人生のコツやヒント⑩自分を大切にする 幸せに生きる方法、幸福な人生のコツやヒントとして、自分を大切にする、ということを挙げます。

それは幸福な人生だと感じるために最も必要なことです。

自分を大切にできない人が幸せを語ることはできません。

そのような人がいくら幸せだと言っても自分が虚しく感じるはずです。

よく自分が嫌いだ、という人がいますが、ではなぜ自分が嫌いであるのか自問自答してみてください。

自分のここが嫌い、こんな家族だから自分が嫌い、と理由は色々でしょう。

ですがそこから脱出するために努力した人はそれほどいません。

幸せをみすみす逃すような人生を過ごしていることに気づきましょう。

幸せに生きるためにしてはいけないこと10選!【1】 幸せに生きるためにしてはいけないこと①人を裏切る 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、まずは人を裏切ることでしょう。

人を陥れたり、悪意を持って接したりすることは後々自分に返ってきます。

悪いことをすると悪いことが自分の身にも降りかかります。

人を陥れて幸せを感じるのであればそれは間違った考えです。

人は誰かによって陥れられてはなりません。

ですが最近は悪意ある人が際立っています。

自分の人生を優先するあまりに他人が理解しがたい言動を起こすことが多いです。

誰かによって人生が変化することは運命でもなんでもありません。

悪意に勝つ強さを持つことも自分の幸せの人生のために必要であることもこれからは必要でしょう。

幸せに生きるためにしてはいけないこと②適当に生きる 幸せにいきるためにしてはいけないこととして、適当に生きることでしょう。

適当に生きるということはその場しのぎの生き方をしているということです。

ですが残念ながら多くの人はそういう生き方をしています。

幸せに生きるためには少しずつでも自分の人生設計を考えていくことが必要でしょう。

幸せに生きるためにしてはいけないこと③お金に目が無い 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、お金に目が無い、ということです。

もちろんお金は人生に必要です。

そしてお金は裏切らない、ということも本当でしょう。

ですがお金は使わなければ意味がありません。

お金のためにギスギスした生き方をしても心の幸せとは縁遠いことに気づいてください。

お金に目が無い人は人を信じることよりもお金を信じています。

果たしてそれは幸せであるのか、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

お金が好きな自分をより理解できることでしょう。

幸せに生きるためにしてはいけないこと④人の目を気にする 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、人の目を気にする生きた方をすることでしょう。

人の目を気にする生き方は実に委縮した生活を送るということです。

また他人の生き方ばかり気にすることも良くありません。

自分は自分、その生き方を貫くことが大切です。

そしてモラルを考えた生活の中での生き方を考えて下さい。

幸せに生きるためにしてはいけないこと⑤自己中心的な性格 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、自己中心的な性格であることでしょう。

周囲と協調性の無い性格は孤立することが多くなります。

このような性格の人は自分は変えられないと主張する人が多いです。

幸せな人生を送るためには自分を変えていくことも必要です。

ぜひ自分から幸せ体質に寄せていきましょう。

幸せに生きるためにしてはいけないこと10選!【2】 幸せに生きるためにしてはいけないこと⑥義理を忘れる 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、義理を忘れるということです。

幸福な人生は一人では成り立ちません。

家族や友人、周囲の人との関わりが大切です。

そんな大切にしていくべく人たちに不義理を働くことは人として間違っています。

どんなことでも恩を忘れず、人が困っていたら助けてあげる気持ちを持ちましょう。

幸せに生きるためにしてはいけないこと⑦人を笑う 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、人のことを笑うことです。

もちろん気心の知れた間柄の相手であれば笑いあったりすることはありますしコミュニケーションとして大切です。

ですが何か夢を追いかけていたり、人がやったことがないチャレンジをしている人を笑うことはしてはいけません。

むしろ応援するべきです。

幸せに生きるためにしてはいけないこと⑧無愛想であること 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、無愛想であることです。

幸せな人生を送るために必要なことは笑顔です。

笑顔は笑顔を呼びますし、笑顔に幸せが寄ってきます。

笑うことで辛いことを乗り切ることもできます。

何とかなる、という気にもなるでしょう。

気持ちを上げていくためにも笑顔になってみてください。

幸せに生きるためにしてはいけないこと⑨家族を大切にしない 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、家族を大切にしないことはしてはいけません。

特に子供の前でケンカをしたり、子供を裏切るようなことは決して幸せにはなりません。

自分だけの感情は自分は満たされても、自分以外の人にとって満たされない気持ちばかりが残ってしまいます。

幸せに生きるためにしてはいけないこと⑩自暴自棄になる 幸せに生きるためにしてはいけないこととして、自暴自棄になることでしょう。

自分みずからやけくそになっていては幸せを見逃すことになってしまいます。

人は不幸な自分には気づきますが、幸せな自分に気づきません。

そのためリアルタイムではなく後から幸せな人生だった、と思い知らされることになるのです。

自暴自棄になる人は字の通り、自分を捨てています。

自分を捨てる人が誰かを守ることなどできませんし、誰かと幸せになるということはありません。

逆に守られて生きたいする他力本願な生き方をしている人でしょう。

そのような人はぜひ下記の記事も併せてチェックしてみてください。

自分のために生きる幸せとは? 自分のために生きる幸せとは①生きたお金の使い方をする 自分のために生きる幸せとは、人生において生きたお金の使い方をすることが大切でしょう。

生きるにはお金が必要です。

ですが欲張って強欲に生きることは決して幸せではありません。

またお金はトラブルの原因になります。

それは家族にとっても重大な問題になりかねません。

生きている限り生きたお金の使い方をして下さい。

自分のために生きる幸せとは②健康的な生活をする 自分のために生きる幸せとは、健康的な生活をすることです。

健康でなければ何もできません。

旅行へ行ったり、趣味に没頭したり、何をするにも健康であることが基本です。

楽しく人生を謳歌するためには健康に気を付けて生活していきましょう。

そして自由を満喫してください。

自分のために生きる幸せとは③生きがいを見つける 自分のために生きる幸せとは、生きがいを見つけることでしょう。

お金もあって健康であるけれど生きがいが無ければ人生は幸せと感じることはありません。

誰かに必要とされたり、何かに夢中になれることがあるからこそ、充実した人生を送ることができます。

ぜひ生きがいを見つけて人生を楽しんでいきましょう。

そして生きがいや夢中になれることがなかなかできない、という人もいると思います。

そんな人はぜひ下記の記事をチェックしてみてください。

他人や誰かのために生きる幸せとは? 他人や誰かのために生きる幸せとは①シンプルな幸せ 他人や誰かのために生きる幸せとは、シンプルな幸せでしょう。

シンプルはつまらない、と思う人もいるかもしれません。

ですが誰も欠けることなく平凡に過ごせることほど幸せであることはありません。

誰かと生きる幸せとは、実にシンプルでそれ以上でもそれ以下でもないということす。

他人や誰かのために生きる幸せとは②みんなが健康である幸せ 他人や誰かのために生きる幸せとは、健康である幸せでしょう。

生きるための基本はやはり健康です。

そして家族をはじめ周囲の人たちと健康でいられることが人生において一番幸せでいられる条件です。

常日頃健康であるために家族や仲間と一緒に気を遣い合っていくことをぜひしていきましょう。

他人や誰かのために生きる幸せとは③笑顔でいられる幸せ 他人や誰かのために生きる幸せとして、笑顔でいられる幸せでしょう。

家族や仲間とくだらない話でも笑い合っていけることは幸せ以外の何物でもありません。

また笑顔は気持ちにゆとりがなければなれません。

ストレスがあっては心底から笑顔にはなれないのです。

誰かと笑い合える、それがどんなに幸せか噛みしめて下さい。

誰かと笑い合える、それがどんなに幸せなことなのか噛みしめてみてください。

笑顔でハッピーな人生になるようにぜひ下記の記事もチェックしてみてくださいね。

不幸があるから幸せを感じることができる! 幸せに生きるとはどういうことなのか、その考えは人それぞれです。

お金があっても不幸に感じる人もいれば、自分の人生は不幸の連続であり幸福などとは縁遠いと思う人もいるでしょう。

一体幸せになるための答えはあるのだろうか、と思うこともあります。

幸せになる方法の答えはありません。

ですが自分が幸せになるためには誰かを踏み台にしたり、誰かの不幸無しには自分が幸せにならないのかと思うほどこの世の中の人すべてが幸せとは言えない状況があります。

人生はずっと幸せであるはずはありません。

その中で人は自分の一瞬の幸せのために生きています。

自分の人生は他人が決めることではありませんし、その自分でさえも幸せに生きる方法は手探り状態です。

人生には限りがあります。

トータルして自分の生き方を見たときに、不幸を含めて幸福である、と感じられる生き方を人はしていくべきでしょう。

そして一瞬一瞬を無駄にせず大切に生きるようにしていきましょう。

キーワード

  • 幸せ
  • 人生
  • 幸福
  • コツ
  • ヒント
  • お金
  • 誰か
  • 生き方
  • 他人
  • 家族
  • 笑顔
  • 健康
  • 周囲
  • 不幸