メイク

「チークが崩れる…消える…」化粧の悩み対策♡塗り方・ポイントなど

2018年07月25日更新
「チークが崩れる…消える…」化粧の悩み対策♡塗り方・ポイントなど

化粧の悩み「チーク」が崩れる対策は? 朝は完璧にメイクしたのに、午後になるとチークが崩れて血色感のない顔に…そんな経験をしたことがある方も多いはず。

チークが崩れてしまうと、肌がくすんで暗く見えてしまうので印象もあまり良くありません。

できれば一日中、明るく生き生きとしたチークメイクをキープしたいですよね♪そこで今回は「チークが崩れる…消える…」化粧の悩み対策をご紹介します。

チークが崩れる原因、チーク崩れ対策のポイント・塗り方、おすすめのチークまで、チーク崩れに悩んでいる方必見です! チークの化粧崩れ対策♡原因 ■乾燥肌が乾燥するとチークの粉が落ちやすくなります。

朝綺麗に色づいていても、肌が乾燥しがちな午後にはチークが崩れる原因に。

■しっかり付いていないそもそも”チークが肌にしっかりついていない”のもチーク崩れの大きな原因に。

ふんわりのせただけでは、風や擦れですぐに落ちてしまいます。

■ファンデーションとの相性チークにもパウダー・クリームなどの種類があります。

ベースメイクで使うパウダーファンデーションやリキッドファンデーションとの相性が合わないと、綺麗に発色しなかったりチークが崩れてしまう原因になります。

チークの化粧崩れ対策♡ポイント ■保湿スキンケア段階からしっかり保湿し、チークがのりやすい肌をつくりましょう。

■パウダーチークはしっかりなじませるベースメイクの仕上げに使うフェイスパウダーの上からパウダーチークを付ける場合、粉+粉になるので、ふんわりのせるだけではチークの粉が風や擦れですぐに落ちてしまいます。

頬の上でチークを付けたブラシを何度もクルクルと回しながら、肌にしっかりなじませます。

■パウダーチークとクリームチークのW使いチークが崩れやすい・落ちやすい方は、パウダーチークとクリームチークのW使いがおすすめです。

ベースメイクが終わったらクリームチークを塗り、その上にパウダーチークを重ねることで、チーク崩れを防ぎます。

ベースメイク段階でクリームチークを仕込んでおくと、パウダーチークが落ちてしまっても血色感が残るので安心です。

■フェイスパウダーを重ねるチークを塗ったあとにフェイスパウダーを薄く重ねるとチークを薄膜でカバーしたようになるので、落ちにくく崩れにくくなります。

チークの化粧崩れ対策♡やり方 チーク崩れ対策①パウダーチークの使い方 ①大きめのブラシにパウダーチークをつけるブラシの先端にちょんと少量のチークをつけます。

(少ないかな…と思う程度でOK!つけすぎた場合は手の甲やティッシュでオフして量を調整しましょう)②チークを塗る頬の高い位置を中心にブラシでをチークを塗っていきます。

パウダーチークの粉の粒子を頬の上でつぶすイメージで、何度もくるくるブラシを回しながらなじませます。

(チークの量が少量でも、何度もブラシでクルクルしていくうちにしっかり発色してきます)※メイクに仕上げに使うチークはつけすぎてしまうとやり直しが面倒なので、まずは少量から試してみてください。

チーク崩れ対策②クリームチークの使い方 ①ファンデーションまで仕上げます。

②指やクリームチークをとり、頬の一番高い位置を中心に頬骨に沿って3箇所点置きします。

③指の腹を使ってトントンと軽く叩きながら、クリームチークをなじませます。

(頬骨を囲むように、スポンジを使ってなじませるとより綺麗に仕上がります。

)④フェイスパウダーを顔全体に塗って仕上げます。

チーク崩れ対策③クリーム・パウダーのW使い <リキッドファンデーション派>リキッドファンデーション派はファンデーションを塗った後に、①頬骨に沿ってクリームチークを塗り、肌にしっかりとなじませます。

②パウダーチークを①で塗ったチークに重ねます。

(頬の中心を濃く、周りはぼかすイメージで)③フェイスパウダーを顔全体に塗ります。

<パウダーファンデーション派>パウダーファンデーション派は下地まで塗った後に、①頬骨に沿ってクリームチークを塗り、肌にしっかりとなじませます。

②パウダーファンデーションを顔全体に塗ります。

③パウダーチークを①で塗ったチークに重ねます。

(頬の中心を濃く、周りはぼかすイメージで) チークの化粧崩れ対策♡おすすめチーク キャンメイク クリームチーク ティント 価格:600円(税抜)カラー:4色頬を染めるように色付くティントタイプのクリームチーク。

美容保湿成分配合のオイルが溶け込み、じゅわっと肌の内側から発色したように仕上がります。

チークW使いのベースにぴったりのアイテムです。

ヴィセリシェ リップ&チーククリーム 価格:1,000円(参考)カラー:10色なめらかなテクスチャーのクリームで、肌にしっかりフィットし発色するリップ&チーク。

美容液成分配合でしっとり潤うので、乾燥によるチーク崩れを防ぎます。

マキアージュ ビューティースキンクリエーター 価格:2,300円(参考)カラー:2色ポンポンと頬になじませるだけで、クリームが溶け込み自然な血色を演出するチーク。

スポンジ一体型なので手を汚さずにチークがつけられるもの嬉しいポイント! ジルスチュアート ブルーミングデューオイルインブラッシュ 価格:4,860円(税込)カラー:5色グロウオイル配合で、パウダーなのにしっとりツヤ感のあるチークメイクを演出。

肌に溶け込むようになじむ、つけたてを長時間キープします。

合わせて読みたい♡ 大人のチーク講座♡30・40代女性必見♡チークの入れ方など! | i-see[アイシー] https://i-see.in オール1,000円以下♡リップにもチークにも使える「マルチコスメ」ベスト6 | i-see[アイシー] https://i-see.in 「チークが崩れる…消える…」化粧の悩み対策を紹介してきましたが、いかがでしたか?チークが崩れる原因、チーク崩れ対策のポイント・塗り方、おすすめのチークを参考に、チークが崩れない明るく生き生きとした肌を目指してくださいね♡

キーワード

  • チーク
  • クリームチーク
  • パウダーチーク
  • 対策
  • フェイスパウダー
  • パウダーファンデーション
  • ブラシ
  • ファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • ベースメイク
  • 化粧崩れ対策
  • クリーム
  • パウダー