恋愛

高校生の告白の仕方5選|おすすめのタイミング・場所・言葉・セリフなど

2018年07月26日更新
高校生の告白の仕方5選|おすすめのタイミング・場所・言葉・セリフなど

高校生の告白の仕方5選 高校生の告白の仕方①恋愛してLINEで告白する 高校生の告白の仕方1つ目は、LINEで告白することです。

今の時代、スマホを持っている人がほとんどです。

LINEでのやりとりも主流になってきました。

LINEで告白するのは、文章を作って送信するだけなので、緊張することはありません。

告白する言葉も考えながら文章にできますし、文章を作って送信する前に、変じゃないか確認することができるので、慎重に告白することができます。

しかし、文章なので、相手の捉え方によっては、誤解を招く言葉があったりと、告白がうまく伝わらないということもあります。

また、文章だと相手に対する本気度が軽減します。

LINEを送信するタイミングもうまく掴めなかったりもするので、LINEで告白をしようと思っている高校生は、そういうことも踏まえながら、告白をするといいでしょう。

高校生の告白の仕方②恋愛して電話で告白する 高校生の告白の仕方2つ目は、電話で告白することです。

LINEと同じく、直接顔を見て告白するわけではないので、緊張はしません。

電話だと片思いの相手の声を聞きながらになるので、声のトーンなどで、片思いの相手の反応が掴めるというのが、いいことです。

LINEでは既読がついてから返信が来るまで、時間がかかる場合もありますが、電話はリアルタイムで返事を聞くことができるのも、特徴です。

以下の記事には、告白は電話・LINE・メール・手紙・直接どれが正解か、告白手段を徹底比較という内容が載っています。

これから告白を考えている高校生は、参考にしてみてください。

高校生の告白の仕方③恋愛して手紙で告白する 高校生の告白の仕方3つ目は、手紙で告白することです。

手紙はLINEと同じく文章ですが、手紙は自分の字で書くので、心のこもったラブレターを書くことができます。

片思いの相手にしっかり好きだという思いが伝わります。

渡してから返事をもらうまで、時間がかかります。

もし片思いの相手があなたに興味がなかった場合、返事は何ももらえない可能性もあります。

待っている間、ずっとモヤモヤしたままです。

片思いの相手があなたに恋愛感情を持っている場合は、返事も早めに帰ってくることでしょう。

以下の記事には、彼の心を確実に射止める手紙の書き方が載っています。

告白といえば、昔からあるラブレターですが、ラブレターで告白を決意した高校生は、参考にしてみてください。

高校生の告白の仕方④友達に伝えてもらう 高校生の告白の仕方4つ目は、友達に伝えてもらうことです。

自分で告白するには、どうしても勇気が出ないという人には、友達づたいに好きだというのを伝えてもらうのも手です。

自分で直接告白することはないので、緊張しながら影で待つだけでいいです。

しかし、片思いの相手からは、「自分から告白しに来ないなんて、ずるい人」という印象を持たれ、告白しても断られるケースもあります。

高校生の告白の仕方⑤片思いの相手に直接告白する 高校生の告白の仕方5つ目は、直接告白することです。

この方法が一番無難な告白の仕方です。

男子も女子も、直接告白される方が嬉しいです。

直接顔を見て告白することで、しっかり返事を聞くことができます。

断られた時はかなりショックを受けますが、LINEや手紙みたく、断られたという実感が薄いよりは、直接断られた方が踏ん切りもつきます。

逆に、直接告白をして、OKをもらえた時には、嬉しさも倍増です。

高校生の告白のタイミング5選 高校生の告白のタイミング①学校行事の前に 高校生の告白のタイミング1つ目は、学校行事の前に告白することです。

学校行事というのは、文化祭だったり、卒業式だったり、いろいろあります。

学校行事の前というのは、気分的にも楽しみにしていて、ウキウキしている時です。

文化祭で彼氏や彼女を作ろうと思っている高校生もいるでしょう。

そういった気分が高揚している時に告白をすると、その時は好きな相手ではなくても、少しでも気がある相手なら、「付き合ってみてもいいかな」という気持ちになることもあります。

そういうことから、学校行事前が狙い目です! 高校生の告白のタイミング②片思いの相手の誕生日に 高校生の告白のタイミング2つ目は、片思いの相手の誕生日に告白することです。

誕生日というのは、おいしい物が食べられて、プレゼントももらえて、自分の誕生日を祝ってもらえる幸せな日です。

そんな産まれた日のお祝いに告白をすると、片思いの相手があなたに好意を持っているなら、最高の誕生日プレゼントになります。

以下の記事には、付き合う前・付き合っていない時のプレゼントのおすすめが載っています。

片思いの相手の誕生日にちょっとしたプレゼントを持っていって、告白してみようと思っている高校生は、参考にしてみてください。

高校生の告白のタイミング③学校の帰り道に 高校生の告白のタイミング3つ目は、学校の帰り道に告白することです。

学校の帰り道というのは、学校の授業も終わって、「今日も1日終わりました~!」と気持ちがスッキリしている時です。

気持ちが晴れている時に告白することで、片思いの相手も真剣に気持ちを聞いて、受け止めてくれるでしょう。

すぐ返事をもらえなくて、気まずい状態になったとしても、すぐお互いの家に帰ることができます。

片思いの相手も家でゆっくり返事を考える時間を作れます。

高校生の告白のタイミング④薄暗くなってから 高校生の告白のタイミング4つ目は、薄暗くなってから告白することです。

明るい時に比べて、薄暗い時は何か寂しげな誰かに寄り添っていて欲しい気持ちになります。

そんなムードが高まっている中で、告白をすると、OKをもらえる確率も上がります。

高校生の告白のタイミング⑤2人でデートを重ねてから 高校生の告白のタイミング5つ目は、2人でデートを重ねてから告白することです。

やはり、何回かデートをして、片思いの相手に自分のことを理解してもらわないと、いい返事がもらえません。

男女とも1回目のデートをして、2回目のデートに誘ってもOKしてもらえたなら、あなたに少しでも興味を持っているということです。

さらに3回目のデートに誘ってもOKしてもらえたなら、告白するチャンスです。

3回目のデートで告白するとうまくいくとよく言われています。

3回目のデートがあなたの正念場です。

高校生の告白の言葉・セリフ5選 高校生の告白の言葉・セリフ①シンプルに「好きです」 高校生の告白の言葉・セリフ1つ目は、シンプルに「好きです」という言葉です。

告白されるなら、必ず「好きです」という言葉は伝えてほしいものです。

あまりくどくどした言い回しの告白の言葉は、「結局何が言いたいの?」と思われます。

シンプルかつ正直な気持ちを片思いの相手に伝えましょう。

高校生の告白の言葉・セリフ②「付き合ってください」 高校生の告白の言葉・セリフ2つ目は、「付き合ってください」という言葉です。

普段タメ口なのに、ここぞという時にだけ敬語で話すことが、男子も女子もそのギャップにキュンときます。

また、「好きです」という言葉だけでは物足りないと感じることもあります。

「好きです」「ありがとう」で返事が終わらないように、「好きです。

付き合ってください」とハッキリ伝えると、より片思いの相手はグッときます。

「俺と付き合え!」とか、「私のこと好きなんでしょ?」という上から目線な口調は、男子にも女子にも不評なので、気をつけてください。

高校生の告白の言葉・セリフ③「ずっと一緒にいてほしい」 高校生の告白の言葉・セリフ3つ目は、「ずっと一緒にいてほしい」という言葉です。

「ずっと一緒にいてほしい」という言葉には、未来も含まれています。

この先もずっと恋愛関係を続けていけるという期待もあり、人気の言葉です。

高校生の告白の言葉・セリフ④「めっちゃ○○のこと好きなんだけど」 高校生の告白の言葉・セリフ4つ目は、「めっちゃ○○のこと好きなんだけど」という言葉です。

「好き」という言葉をハッキリ伝えたいけれど、照れ隠しをしてしまう時についつい言ってしまう言葉です。

高校生の告白の言葉・セリフ⑤「一緒にたくさん思い出を作っていこうよ」 高校生の告白の言葉・セリフ5つ目は、「一緒にたくさん思い出を作っていこうよ」という言葉です。

これから彼・彼女とどんな楽しいことが待っているのか期待させられるような言葉です。

高校生の告白の場所はどうする? 高校生の告白の場所①放課後の教室 高校生の告白の場所1つ目は、放課後の教室です。

よく恋愛ドラマや恋愛マンガに出てくる告白の定番の場所です。

ガヤガヤ人がいる時は、告白できないので、放課後の誰もいない教室というのが、告白しやすいです。

高校生の告白の場所②一緒に下校して別れ際に 高校生の告白の場所2つ目は、一緒に下校して別れ際に告白することです。

「一緒に帰らない?」と声をかけて、別れ際に告白しましょう。

もしすぐに返事がもらえなかったとしても、片思いの相手は家でゆっくり考える時間もできますし、何よりお互いが気まずいまま一緒に帰ることもなくなります。

高校生の告白の場所③最寄りの駅で 高校生の告白の場所3つ目は、最寄りの駅で告白することです。

片思いの相手が電車通学をしている場合に有効です。

片思いの相手が利用している最寄りの駅で告白をすることで、どこかに呼び出しするわけではないので、相手に迷惑がられることはないでしょう。

駅が混んでいて、告白するのが恥ずかしいと思うかもしれませんが、他校の生徒に告白するのであれば、駅が一番手っ取り早い方法です。

LINEで告白するときはどうする? LINEで告白するときのポイント①ちゃんとした文章になっているか LINEで告白するときのポイント1つ目は、ちゃんとした文章になっているかということです。

LINEのいいところは、伝えたい言葉をしっかり文章にして伝えられることです。

急いで送って、誤字脱字があったり、自分が伝えたいことがしっかり伝えられていないと、相手は「何が言いたいの?」と疑問に思うこともあります。

そういったことから、伝えたいたいことがしっかり伝えられている文章になっているか、何回も読み返して確認してから、送信するようにしてください。

LINEで告白するときのポイント②付き合いたいなら長文は打たない LINEで告白するときのポイント2つ目は、付き合いたいなら長文は打たないことです。

長々と長文を打って、愛の告白をすると、相手は読むのに飽きてしまいます。

要件だけをしっかりと伝え、シンプルで簡潔にまとめるようにしてください。

高校生の告白の仕方をマスターして青春時代の恋愛を楽しみましょう! 高校生の告白の仕方には、いろいろな方法があります。

直接告白するのが最も定番な告白の仕方ですが、LINEの普及が始まってから、LINEで告白するというのも定着しつつあります。

どのような方法でも、相手にしっかりと伝えたい言葉を伝えられているかというのが、告白を成功させる上で、大事になってきます。

片思いの相手を思って、恋愛している時は楽しいものです。

告白はドキドキしますが、OKをもらえた時の喜びは計り知れません。

高校生のみなさん、告白の仕方をマスターして、青春時代の恋愛を楽しみましょう!

キーワード

  • 告白
  • 高校生
  • LINE
  • 片思い
  • 仕方
  • タイミング
  • セリフ
  • 返事
  • 文章
  • 場所
  • デート
  • 手紙
  • 恋愛
  • 誕生
  • 学校行事