恋愛

長電話をする男性心理16選|異性への長電話は好きな人だけの脈ありサイン?

2018年08月03日更新
長電話をする男性心理16選|異性への長電話は好きな人だけの脈ありサイン?

本記事では長電話をする男性心理を16パターンご紹介していきます。

長電話が好きな人と話していると「私のこと好きなのかな?」と思ってしまうことも多々ありますよね。

今回は異性に関しての脈ありサインがあるのかどうかも合わせてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

長電話をする男性心理16選 長電話をする男性心理①時間がたっぷりある 長電話をする男性心理1つ目は、時間がたっぷりあるということです。

時間があるので、その間の暇つぶしとして誰かに電話をしようという考えを持っているのかもしれません。

「誰かに電話しよう」と思ってあなたに電話をかけてきた場合、あなたに気を許している可能性が非常に高いです。

しかし一方で、「あなたには甘えても問題ない」という考えを持ち、どこかであなたを利用している可能性もないとは言えません。

彼に好意があるかどうかは、下記の他の心理と照らし合わせてもう少し分析してみる必要がありそうです。

長電話をする男性心理②さみしがり屋 長電話をする男性心理2つ目は、さみしがり屋ということです。

一人で時間を潰すことが苦手だった場合、暇な時間ができると、誰かと繋がっていたいと感じる可能性が高いです。

この場合は、相手の話す内容によって好意を持っているかどうかを把握することができます。

ただし、あなたが彼に対してとても優しく接していた場合は「ただ甘えたい」「この人なら時間つぶしに付き合ってくれるかも」と思っている可能性も十分にあります。

この場合は、脈ありだと確定することが難しいです。

ただ甘えたいと思っているのか、好意があるのかどうかは、下記の記事でも心理を分析しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

そうすることで彼の心理をより紐解くことができるかもしれません。

長電話をする男性心理③もっと話していたい(脈ありサイン) 長電話をする男性心理3つ目は、「もっと話していたい」です。

あなたと話していたいと感じている可能性があります。

この心理が働いていた場合、脈ありの可能性は非常に高いです。

相手の声のトーンが高かったり、相手の質問が多い場合はこれに当てはまる可能性もあります。

また、話を続けようと様々な話題を持ち出してきた時も、この心理が働いている可能性が高いです。

ぜひ彼の声のトーンや話す内容に注目してみてください。

長電話をする男性心理16選その2 長電話をする男性心理④ストレスを発散したい 長電話をする男性心理4つ目は、「ストレスを発散したい」です。

仕事や人間関係、プライベートのことで、ストレスをかなり溜めている場合、誰かと話してストレスを発散したいと考える人も少なくありません。

彼が長電話のときに、不満を言っているようであれば、この心理に当てはまっている可能性が非常に高いです。

この場合は脈ありの可能性があるとは言えませんが、あなたを良き友人、相談できる人と思っている可能性はなくはないです。

ストレスを溜めやすい人は同時に癒やされたいと願っている可能性も十分に高いです。

下記の記事は、癒やされたいと感じている人の心理をまとめたものです。

ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

長電話をする男性心理⑤あなたのことがもっと知りたい(脈ありサイン) 長電話をする男性心理5つ目は、「あなたのことがもっと知りたい」です。

あなたに興味がかなりあって、あなたのことを知りたいと思い、長電話をしてしまっているのかもしれません。

この場合は、脈ありサイン!あなたに好意を持っている可能性が非常に高いです。

例えば、この心理が働くケースというのは、出会ったばかりのことが多いです。

あなたに興味を抱いたか、あなたに一目惚れした可能性が非常に高いです。

「あなたに今彼氏がいるのかどうか」などを知りたいために、長電話をして聞き出そうとしているのかもしれません。

長電話をする男性心理⑥少しでも繋がっていたい(脈ありサイン) 長電話をする男性心理6つ目は、「少しでも繋がっていたい」ということです。

これも脈ありの可能性が非常に高いです。

「好き」という気持ちや、あなたへの興味から「あなたと少しでも繋がっていたい」という心理が働いている可能性が非常に高いです。

長電話をする男性心理16選その3 長電話をする男性心理⑦話が盛り上がったから 長電話をする男性心理7つ目は、「話が盛り上がったから」です。

単純に、長電話をするつもりがなくても、話が盛り上がり、「あなたと話していると楽しい!」と感じた可能性があります。

この場合は、あなたに好意を抱き始める可能性もありますので、恋愛に発展するチャンスは大いにあります。

例えば長電話のあとで「また連絡しますね」と言われた場合、これも心理を分析するヒントになります。

下記の記事もぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

そうすることで、相手が好意を持っているのかどうかがもう少し明確になるかもしれません。

長電話をする男性心理⑧何かに悩んでいる 長電話をする男性心理8つ目は、「何かに悩んでいる」です。

プライベートなことや仕事で何か悩みがあるのかもしれません。

「誰かに相談したい」という気持ちから、長電話をしてしまっている可能性もあります。

この場合は、脈ありかどうかは残念ながら不明です。

異性である人の意見を聞きたいのかもしれません。

しかし、悩んでいる彼を支えてあげることで、これから恋愛に発展する可能性もありますので、あなたが彼に好意を寄せている場合は、ぜひ彼の支えになってあげてみてくださいね。

長電話をする男性心理⑨眠れないから 長電話をする男性心理9つ目は、「眠れないから」です。

ストレスを感じていたり、何かしらのことが原因で眠れないのかもしれません。

そのため「誰かと話したい」という気持ちから、長電話をしてしまっている可能性も十分にあります。

この場合は、あなたに好意を寄せているのかどうかは不明ですが、あなたに気を許していることは確かです。

しかし異性の相手に合わせて自分も寝不足にならないように注意が必要です。

長電話をする男性心理16選その4 長電話をする男性心理⑩一人の時間が好きじゃない 長電話をする男性心理10つ目は、「一人の時間が好きじゃない」ということです。

一人の時間、何をして時間を潰したらいいのかわからないという人が、電話で時間つぶしをしたいと考え、長電話することもあります。

時間を持て余してしまって、他に遊ぶ人がいない場合は、長電話をして寂しい気持ちを紛らわせたいと感じているのかもしれません。

長電話をするのは異性だけではないです。

女性の心理とも比較してみるのも面白いですよ。

下記の記事は女性の長電話に関する心理をまとめたものです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

長電話をする男性心理⑪あなたの行動パターンを伺っている 長電話をする男性心理11つ目は、「あなたの行動パターンを伺っている」です。

あなたの行動パターンを知りたいと思っている可能性があります。

これはあなたのことを束縛したいという気持ちからか、単に好きだと思っているのかどうかはわかりません。

しかし、あなたに好意を持っている可能性も高いので、脈ありサインとしてとらえてしまっても問題ないかもしれません。

しかし、彼の干渉がひどい場合は、距離をおいた方が良さそうです。

長電話をする男性心理⑫甘えたい(脈ありサインの可能性も) 長電話をする男性心理12つ目は、「甘えたい」ということです。

あなたに甘えたいという気持ちから、長電話をしてしまっている可能性もあります。

この場合は好きな人で、脈ありサインである可能性が十分に高いです。

彼が年下だったりした場合は、この心理に当てはまるでしょう。

下記は、年下男子の恋愛に関しての心理をまとめた興味深い記事です。

長電話の異性が年下だった場合は、ぜひ下記の記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

そうすることで、彼があなたに対して好意を持っているのかどうか紐解くきっかけを見つけることができるかもしれません。

長電話をする男性心理16選その5 長電話をする男性心理⑬束縛したい(脈ありサインの可能性も) 長電話をする男性心理13つ目は、「束縛したい」です。

この場合は脈アリサインの可能性も十分にあります。

あなたのことを束縛したいという男性心理から、長電話をしている可能性があります。

単純に長電話が好きな人である可能性もあります。

これは脈ありサインの可能性も十分にありますが、一方で、「自分のことを見ていてほしいけど、彼女にするつもりはない」というわがままな心理が働いている可能性も十分にあります。

彼の行動パターンや言動を観察して、相手の束縛の意味を分析する必要がありそうです。

長電話をする男性心理⑭会いたいけど会えない(脈ありサイン) 長電話をする男性心理14つ目は、「会いたいけど会えない」です。

脈アリサインありです。

あなたのことが好きな人で会いたいけど、仕事が忙しかったり、距離的に難しかったりすると、長電話をしてしまう可能性があります。

この場合は、あなたに対して好意を持っている可能性が非常に高いです。

この男性心理が該当する場合は、脈ありである可能性は非常に高いですが、もっと彼の心理を明確に知りたいという方は、血液型別の心理で分析してみることもおすすめします。

下記の記事はA型男性の心理を分析したものです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

長電話をする男性心理⑮あなたの意見を聞きたい 長電話をする男性心理15つ目は、「あなたの意見を聞きたい」です。

例えば、自分が悩んでいることや自分の人間関係など、あなたの意見を通して自分の人生を見直したいと感じている場合もあります。

あなたのことを好きな人である可能性もなくはありません。

「君だったらどうする?」という質問が多い場合は、この男性心理に当てはまる可能性が非常に高いです。

あなたの意見を聞きたいと感じている男性は、あなたに好意を持っているか、あなたを尊敬しているかです。

長電話をする男性心理⑯あなたに相談したいことがある 長電話をする男性心理、最後の16つ目は、「あなたに相談したいことがある」です。

あなたに何か相談したいと思っていることを抱えているのかもしれません。

それが重大なことや大切なことだったりすると、なかなか切り出すことができず、自然と長電話になってしまっている可能性があります。

また電話で相談するのが好きな人である可能性もあります。

長電話をする男性心理の脈ありサインとは? 異性への脈ありサイン①話を頑張ってつなげる(あなたを好きな人) さて、ここからは異性に対しての脈ありサインをご紹介していきたいと思います。

上記でご説明した心理と合わせてチェックしてみてくださいね。

まず異性や好きな人への脈ありサイン1つ目は、話を頑張って繋げていることです。

あなたとの沈黙の時間を作らずに、できるだけ長いこと電話をしようと頑張っている場合は、脈ありサインと言えます。

あなたが彼と話していて「いろんなジャンルの話をするな」と感じたら、このサインの可能性が高いです。

異性への脈ありサイン②声のトーンが高い(あなたを好きな人) 異性への脈ありサイン2つ目は、声のトーンが高いことです。

あなたを好きな人である可能性が十分にあります。

あなたと話していてテンションが高かったり、声のトーンが高い場合は、脈ありサインである可能性が非常に高いです。

しかし、相手が眠そうにしていたら、脈ありである可能性は薄いです。

脈ありかどうかは、長電話の他にもラインで分析することが可能です。

下記の記事は、毎日ラインをしてくる男性の心理を分析したものです。

ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

異性への脈ありサイン③甘い言葉を囁いてくる(あなたを好きな人) 異性への脈ありサイン、最後の3つ目は、甘い言葉を囁いてくるということです。

長電話の最中にあなたを褒めたり、あなたに対して「会いたい」と意思表示してきた場合は、脈ありサインである可能性が非常に高いです。

彼が好きな人だからこそ、直接ではなく電話だからこそ言えることもありますので、甘いことを言ってきた場合は素直に喜びましょう。

長電話をする男性の特徴・性格とは? 長電話をする男性の特徴・性格①さみしがり屋 さて、ここからは長電話をする男性の特徴や性格をご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず長電話をする男性の特徴・性格1つ目は、さみしがり屋だということです。

「人と話したい」「人と繋がっていたい」と思っている人が長電話をする可能性が非常に高いです。

さみしがり屋の男性は、職場が一緒の場合、一緒に帰りたがろうとすることもあります。

下記の記事は、一緒に帰ろうとする男性の心理をまとめたものです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

長電話をする男性の特徴・性格②話好き 長電話をする男性の特徴・性格2つ目は、話好きだということです。

もちろん、長電話をする人の中に話し下手な人は滅多にいないですね。

長電話をすることが好きな男性は、人と会話をすることで幸福を感じていたり、ストレスを発散することができているのかもしれません。

また、人の意見を取り入れることが大好きだったり、人とのつながりを大切にする性格の可能性も非常に高いです。

いろいろな話をしてくれる人であれば、話し下手な人との相性は抜群だと思います。

長電話をする男性の特徴・性格③明るい 長電話をする男性の特徴・性格3つ目は、明るいということです。

長電話をする男性は、前述した通り、何に対しても興味を持つ人である可能性が非常に高いです。

社交的で明るい人が長電話を好むことが多いでしょう。

下記の記事は、よく喋る男性の心理を解説したものです。

この心理も分析することで、より相手の心理を紐解くことができるかもしれません。

ぜひチェックしてみてくださいね。

長電話をする男性への対処法とは? 長電話をする男性への対処法①そもそも電話に出ない さてここからは長電話をする男性への対処法をご紹介していきたいと思います。

長電話、好きな人と嫌いな人に別れると思います。

その中でも長電話が好きじゃない、得意じゃないという人のためにまとめました。

まず長電話をする男性への対処法1つ目は、そもそも電話に出ないということです。

相手から何回か電話があって、長電話を経験したことがある人は、電話に出ないということがベストな対処法です。

電話に出てしまうことで、自分のプライベートの時間も消費していることに気付きましょう。

電話の音やバイブが気になる方は、サイレントモードにしておくこともおすすめです。

長電話をする男性への対処法②忙しいと伝える 長電話をする男性への対処法2つ目は、忙しいと伝えることです。

「今忙しいから」と電話の最初に「◯◯時まで」と区切りをつけておくことが大切です。

そうすることで、相手のいつまで続くかわからない長電話に付き合わなくてすみます。

しかし、例えば彼が傷ついてしまうような間違った断り方をしてしまうと、彼がストーカー化してしまう可能性も十分にあります。

下記の記事はストーカー気質のある男性の心理をまとめたものです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

長電話をする男性への対処法③嘘をつく 長電話をする男性への対処法、最後の3つ目は、嘘をつくことです。

これもわかりやすい嘘とかではなく、たとえば家にいるときに電話がかかってきたのなら、インターホンをわざとならして「ちょっと電話を切らなくてはならない」というシチュエーションを自ら生み出すのです。

そうすることで、電話も切りやすくなりますし、変なストレスもかかえなくてすみます。

他にも、定番なのが「電源が切れてしまいそう」という嘘です。

相手が傷つかない程度に嘘をうまく利用して、対処法に役立ててみてくださいね。

長電話をする男性心理を知り異性への脈ありサインを探ろう いかがでしたか?今回は長電話をする男性の心理16パターンと、性格・特徴、脈ありサインのありかなしか、そして対処法をご紹介しました。

男性の心理は意外とわかりやすいのかもしれません。

異性だと余計にわかりやすいと思います。

彼は「悲しい」「寂しい」「相談にのりたい」「甘えたい」「好き」のどれかを感じている可能性もあります。

ぜひ今回説明した心理を参考にして、相手の心理を紐解いてみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

#心理 KEYWORD 関連のキーワード #コーデ #画像 #カップル #動物占い #前兆 #夢占い #星座占い #ボディー #手相 #名前

キーワード

  • 長電話
  • 可能性
  • 男性心理
  • 心理
  • サイン
  • 電話
  • 異性
  • 下記
  • 好意
  • 対処法
  • 性格
  • ストレス
  • 特徴
  • 分析
  • 相談