恋愛

じっと目を見て話す男性心理21選|目を見て女性と話す彼の真意は?

2018年08月03日更新
じっと目を見て話す男性心理21選|目を見て女性と話す彼の真意は?

会話をする時に、じっと目を見て話す男性はいませんか?その男性心理は様々であり、好意など話す人に対する感情が関係していることもあれば、人ではなく話の内容に関心がある場合もあります。

また、単に教育通りにそうしているだけの人も。

見極めの参考として、じっと目を見て話す男性心理を21個ご紹介していきます! じっと目を見て話す男性心理21選【好きな人だから1】 じっと目を見て話す男性心理①好きな人に話をしている じっと目を見て話す男性心理、1つ目は「好きな人に話をしているから」です。

男性は好きな人と話をする時に、じっと目を見て話すと言われています。

心理学によれば、男性は相手に対する好きな感情が強いほどら見つめ続ける時間が長いとされます。

しかし、ビジネスシーンでは、じっと目を見て話すからといって好意があるとは限りません。

じっと目を見て話す時の内容が、その男性個人に関した内容(趣味・好きなもの・休日何してたからなど)なら、好意の意味は強くなります。

なぜなら、自分のことを好きな人に知ってもらいたい心理が窺えるからです。

ただし、立場によって好意の種類が異なる場合もあります。

恋愛・親しみ・信頼など、様々です。

とりあえず、話す時に距離を取っていないなら、心を閉ざしてはいないと考えられます。

逆に目を合わせない男性もいますが、その男性心理は何でしょうか?気になることがある場合には、以下の記事が参考になります。

じっと目を見て話す男性心理②好きな人の話を聞いている じっと目を見て話す男性心理の1つ目は「好きな人に話をしているから」でしたが、逆に「好きな人の話を聞いている」時もじっと目を見る男性心理があります。

会話の主体が女性側であり、その話を聞いている中で相槌や返答をする時にじっと目を見て話すなら、好意や好感を抱いている可能性があります。

男性は会話中に批判や分析をする傾向にあると言われていますが、好きな人の話に対しては肯定を示そうとする姿勢が見られるそうです。

頷きが多かったり、理解を示す相槌や話の内容を肯定する言葉が多いなら、「認めてあげたい」「嫌われたくない」心理の存在が窺えます。

じっと目を見て話す男性心理③好きな人の瞳に夢中 じっと目を見て話す男性心理として、「好きな人の瞳に意識が強く向いている」こともあります。

これは、好意があるからこそ起きる心理です。

いわゆる「瞳に吸い込まれそう!」という感覚が、良い意味で生じているとされます。

女性も好きな人の瞳に対して、そういった感覚を覚えたことがある人は少なくないでしょう。

しかし、綺麗な目だなと思った・瞳の色が気になった・カラコンなのか疑問を抱いたなどの理由も考えられます。

これらの場合は好意ではなく、単に意識が向いただけです。

じっと目を見て話す男性心理21選【好きな人だから2】 じっと目を見て話す男性心理④見つめ合っている感 じっと目を見て話すと、何だか見つめ合っているようになります。

大半は見つめ合っているわけではないのですが、そういった男性心理が働くこともあるそうです。

女性側が男性側の目を見ることが少ない場合は、見つめ合いと言うよりも「見つめる」になります。

好きな人に対する男性心理としては、見つめるだけでも好意アピールの可能性があります。

男性は好きな人を目で追うとか、男性は女性よりチラ見が苦手だから直視傾向にあるなど、心理学で言われる男性心理を組み合わせると、男性の方が見つめ合いたい心理が働きやすいのかもしれません。

しかし、女性がじっと見つめてくることもあります。

その場合は、男性心理と同じなのか?以下の記事が参考になるでしょう。

じっと目を見て話す男性心理⑤自然と目を見れる時だから たとえ好きな人と見つめ合いたくても、交際していない段階では、相当な自信家でない限りは、やたらと見つめる・見つめ合うことは出来ません。

しかし、会話をする時であれば、見つめ合うことに似た状況が自然と作られます。

また、相手を見つめることも違和感なく出来ます。

じっと目を見て話す男性心理には、そういった「好きな人をじっと見たい!」真剣な思いがあるのかもしれません。

少なくとも、わざわざ話しかけてくることが多いなら、その可能性はあります。

じっと目を見て話す男性心理⑥注目されている感が嬉しい じっと目を見て話すと、相手の視線を強く感じることが出来ます。

男性心理では、それを「注目されている」と捉える場合もあるそうです。

しかし、女性でもそういった心理を抱く人もいます。

注目に関しては人それぞれの考え方や感覚がありますが、ある調査では、男女共に「好きな人の視線は嬉しい!」と感じる人が多いという結果が出ています。

つまり、注目されていると捉えるのは、会話する相手のことが好きだからです。

そして、対面した回数が少ないからこその心理とも言えます。

じっと目を見て話す男性心理21選【話に集中している1】 じっと目を見て話す男性心理⑦話を聞いているかの確認 じっと目を見て話す男性の中には、「ちゃんと話を聞いているかな?」という確認をする心理が働いていることもあります。

女性にも、この心理を理由にじっと目を見て話す人がいます。

じっと目を見て話す時は、それだけちゃんと聞いてほしい内容ということです。

聞いていない感じがした時には、「聞いてる?」といったことを言われるかもしれません。

男性心理としても女性心理としても「自分の話をちゃんと聞いていない」=「自分に興味が薄い」と解釈する傾向にあるため、好きな相手の話には関心を持ってちゃんと聞く姿勢をとりましょう。

また、目が合う・見つめ合う状況は、好意に関する誤解や勘違いが起きやすいと言われていますので、以下の記事も参考にしてください。

じっと目を見て話す男性心理⑧質問に返答する姿勢 会話の相手となる男性に、何か質問はしましたか?もし、何か尋ねた後にじっと目を見て話すようになったのなら、「質問に返答しようとする」男性心理が働いている可能性があります。

質問に対して、真面目に返答しようとしている表れです。

特に質問をしていないなら、会話の流れ的に「自分に頼まれ事をされるかもしれない」と推測している男性もじっと目を見て話すことがあります。

そのような男性心理が働いている人は、「頼られても良い気持ちがある」あるいは「頼られ慣れている」傾向があるのかもしれません。

女性に対してその心理が働く男性は、良い意味で男らしいと言えます。

じっと目を見て話す男性心理⑨切り出すチャンスを窺う ビジネスシーンで、商談などを切り出したい男性に多い心理です。

相手の様子を観察しながら空気を読んで切り出すタイミングを見計らう集中力が働いて、じっと目を見て話すのだと考えられます。

恋愛においては、連絡先を聞く・デートに誘う・告白をするなどのタイミングを見計らう男性心理が働いて、じっと目を見て話す状態になる人もいます。

また、単に「自分に話したいことがあるから早く相手の話が終わらないかな」という心理の影響もあり得ます。

自分の話を始めるタイミングを見計らっている、ということです。

じっと目を見て話す男性心理21選【話に集中している2】 じっと目を見て話す男性心理⑩関心の強い内容 話の内容が関心を強く持てる内容である場合、その話をよく聞こうという男性心理が働きます。

すると、じっと目を見て話すようになるのです。

一般的には、ビジネスシーンでその心理が働くことが多いとされます。

講演会などで話を聞いている時にも、興味を持っている人ほど話し手のことをよく見ています。

しかし、どちらかと言えば話をしている人ではなく、話の内容に興味があります。

好きだから話に耳を傾けるのと、興味ある内容だから聞く集中力を高くすることは別の話です。

好きな人と目が合うと勘違いしそうになりますが、どうして好きな人は自分の方を見ているのか?気になります。

以下の記事に、良い情報があるでしょう。

じっと目を見て話す男性心理⑪重要な話 会話の内容が重要性の高いものである場合、聞き逃しなどが無いようにと、じっと目を見て話す男性心理が働くことがあります。

重要な話を聞く・話す時、女性よりも男性の方がじっと目を見る傾向にあります。

男性の方が一つの物事に集中しやすいため、重要な話をする・聞く時にはそのことで頭がいっぱいになるとされ、真っ直ぐ前を見る=人の目をじっと見ることが多いようです。

女性は一つの物事の中でも、様々なことに思いを巡らせることが出来ます。

それは集中していないのではなく、細かなところまで気になっているだけです。

じっと目を見て話す男性心理⑫真剣に話している 真剣に話をしている時にも、じっと目を見て話す男性心理が働きやすいです。

「この話を話したいんだ!」そして「聞いてほしいんだ!」という気持ちが強い表れと言えます。

じっと目を見て話す男性心理が「真剣な話」であるかどうかは、その話ぶりを見れば分かります。

真剣さに関しては、男性の方が分かりやすいと言われているからです。

真剣さに誠実さが組み合わさっているならば、ちゃんと話を聞いてあげましょう。

人間は自分の話をちゃんと聞いてくれる相手に対して、好感を覚える傾向にあるそうです。

じっと目を見て話す男性心理21選【相手の様子を見る】 じっと目を見て話す男性心理⑬理解力向上 目を見て話すと、相手の意見や返答などを理解しやすくなります。

自分側が伝える内容だけでなく、相手の様子にも気を遣えている証拠です。

「この無いは興味ないかな?」などを察せられる人であり、興味ない態度を見せて会話を止めたり話題を変えるのであれば、自分勝手なタイプではないと言えます。

また、よく聞いてほしい話をする時には、相手の目を見て話す方が、相手の理解力も高くなると言われます。

目というのは、それほど印象深いものであり、その人に集中するための材料になるということです。

日常の中で「理解してほしい!」ばかりが多い人は押しが強いだけと言えますが、大事な話や熱のある趣味の話などに対して「理解してほしい」と思うのはごく普通のことでしょう。

また、ビジネスシーンでは互いの理解力向上のためにじっと目を見て話すのは、有効な技となるようです。

じっと目を見て話す男性心理⑭話が頭に入りやすくなる 1つ前の男性心理と同じような意味ですが、じっと目を見て話す方が「相手も自分も話の内容が頭に入りやすくなる」とされます。

それはなぜかと言えば、会話に集中しやすくなるからです。

「その話はちゃんと聞いておかないと後で困る」などと思った時、その話に集中するために目を見て聞く・質問などで話す人が多いでしょう。

話をしたり聞いたりしても、内容を全く覚えていないことはありませんか?それは、会話に集中していなかった証拠です。

じっと目を見て話すことで、「誰と会話をした」という記憶がインプットされやすいと考えられています。

話を聞いていない感は伝わるので、気を付けないといけません。

逆を言えば、目を合わせない男性は会話に価値を置いていないということです。

女性でも目を合わせない人がいますが、これはどういう意味なのでしょうか。

同性・異性を問わず気になることがある人は、以下の記事を読んでみると参考になる情報が見つかるでしょう。

じっと目を見て話す男性心理⑮表情変化に気付くため 会話中に見せる人の表情は、面白いくらいに様々です。

会話をしている中では、話の内容に対する反応や話し手に対する感情が、表情という形で表されます。

その表情によって、「自分自身や自分がする話に対する関心度や思い」が大方分かります。

恋愛では好きな人と話をする際に、自分への関心度を知るために、じっと目を見て話しながら表情観察をする男性心理が働きます。

ビジネスシーンでは、話の内容に対する関心度を知るために表情観察を行うことが多いです。

話しをする目的や理由を基に、表情判断と関心度の推測を行うということです。

表情は感情を知り、そこから話の展開をどうしようか考えるために重要な素材となります。

そのため、無表情な人は恐がられたり、相手が困ったりする可能性が高くなると言われています。

しかし、じっと目を見て話す男性と距離を近付ける気が無いなら、反応は薄くしておいた方が良いでしょう。

じっと目を見て話す男性心理21選【好感を得るため】 じっと目を見て話す男性心理⑯好感度アップの目的 じっと目を見て話すと、心理学では「好感度が上がる可能性がある」とも言われています。

これは印象付けの心理で、記憶に残らせるようにするためです。

記憶に残るだけでは好感につながりにくいため、大体はじっと目を見て話すことをしながら、相手にとって盛り上がる話し方をします。

何かと褒めようとするなら、好感を得ようとしている可能性が高いです。

好感度アップの効果が出ることは、そもそも相手に嫌われていないことが前提です。

端から好かれていない場合は、褒めたところで余計に嫌われます。

好きでもない相手に褒められた時には、わざわざ喜ばず、無反応・薄い反応くらいが丁度良いでしょう。

じっと目を見て話す男性心理⑰意識させたい これは恋愛的な意味ですが、「相手のことが好きだからこちらにも意識を向けてほしい」という男性心理からじっと目を見て話すこともあるそうです。

じっと目を見て話すと、話の内容が頭に入りやすいだけでなく、会話記憶が頭に残りやすいとこれまでにお伝えしました。

その心理を知っているから、「意識させたい」理由でじっと目を見て話すのです。

心理学を活用している、賢いながら少し狡い(こすい)人になります。

この心理を持ってじっと目を見て話すと、相手に対する関心・好意の有無が判別できることから、確認のためにじっと目を見て話す人もいます。

恋愛に関しての勇気が不足しているため、見込みがなければ諦める可能性が高いです。

好きな男性にじっと目を見て話された時には、明るい表情で対応しましょう。

じっと目を見て話す男性心理⑱ドキドキさせたい なかなかタラシ的な男性心理ですが、「意識させたい」心理と少し似ています。

しかし、こちらの男性心理には「好きだから」の意味が含まれていない場合もあります。

正にタラシであり、ゲーム感覚なのかもしれません。

既に交際しており、相手のことをちゃんと分かっている上に、信頼関係が築かれているのであれば、「好きだからドキドキさせたい」と少々お茶目な人の可能性が考えられます。

男性としても女性としても、この心理でじっと目を見て話す人は積極的なタイプと言えます。

相手をドキドキさせたい気持ちは、積極的だからこその心理です。

じっと目を見て話す男性心理21選【教育や習慣】 じっと目を見て話す男性心理⑲そう教わったから 「目を見て話しなさい」という教育は、日本にも古くから存在しています。

いつからかあまり言われなくなったような気もしますが、家庭によっては厳しく言われることもあるでしょう。

じっと目を見て話す理由は、男性心理というよりも「目を見て話すことが正しい・良いことだと教わっているから」という真面目な理由のこともあります。

しっかり者の表れであり、素直さも窺えます。

また、じっと目を見ることで嫌な経験をしたことが無い可能性もあります。

いずれにしても、この理由でじっと目を見て話す男性には、ただ「目を見て話す」教育に準じているだけです。

じっと目を見て話す男性心理⑳失礼になるから 「そう教わったから」という理由に似ていますが、こちらは「仕方なく」の意味合いが込められています。

「自分的にはあまり目を見ることが得意ではないけど、そうしないと失礼になるからじっと目を見て話す」ということです。

こちらの場合も、しっかり者で真面目な人と言えます。

もしくは、社会的な良き対応をよく分かっている人でしょう。

また、男性心理という話ではなく、人としての意味でじっと目を見て話すタイプでもあります。

教育や失礼になるからという理由でじっと目を見て話す人からは、どこか真面目・真っ直ぐ・誠実な印象を覚えるはずです。

つまり、その視線から好意などの感情を感じないことが多いとさます。

じっと目を見て話す男性心理㉑当たり前のこと 「人と目を見て話すのは当たり前」という人もいます。

当たり前だと思うようになる理由は、教育の影響です。

「そう教わったから」や「失礼になるから」という理由と同じく、目を見て話すことが正しいことだと認識しているのです。

確かに、目を見て話す・聞くこと=誠実さの表れということは日本に限らず言われることです。

しかし、目を見て話す・聞くことは、それが苦手でない場合、故意的に出来るものでもあります。

つまり、目を見て話す・聞くだけでは誠実なのかの判断は出来ません。

問題なのは、その目から何を感じるのか?です。

先入観や外見は除いて、その目から何を感じるのかを観察してください。

真面目な人からは、純粋かつ真っ直ぐな力強さを感じることでしょう。

じっと目を見て話す女性の心理 じっと目を見て話す女性の心理①好意の表れ 話す相手のことが好きな場合には、じっと目を見て話すとされます。

これは男性と同じであり、好きな人を見たい気持ちに性別は関係無いようです。

しかし、心理学では「女性の方が好きな人と目を合わせられない」という説もあるため、その女性のタイプにもよると考えられます。

また、恋愛的な好意以外でも、じっと目を見て話すことがあります。

話す相手に対して、信頼している人・緊張せずに話せる人・近しい人などの認識を持っている可能性もあります。

気兼ねなく接することが出来る相手と分かっているからこそ、緊張や勘違いなどの心配・不安も無くじっと目を見て話せるということです。

いずれにしても、女性がじっと目を見て話す時には、少なくとも嫌われてはいないと考えられます。

しかしながら、話し方がキツい場合には、敵意や自分の思い通りにしたい心理を持っている可能性があります。

よく観察してみましょう。

じっと目を見て話す女性の心理②話をするから 「話をするからじっと目を見る」と言う人もいます。

これは、男性心理でご紹介した「教育の影響」と同じ意味です。

目を見て話すことが礼儀だと教わっているから、目を見て話さないと失礼だから、目を見て話すことは普通だからなど、男性と同様の理由が背景となっていることもあります。

こういった女性は、目を合わせることに抵抗が無いタイプが多いです。

教育で教わっていても合わせたく無い人とは合わせない人もいますが、特に抵抗の無い人は誰とでも当たり前のごとくじっと目を見て話します。

この場合は男性と同じく、好意が無い場合も多いです。

そして、その目からは真面目な真っ直ぐさを感じたり、ただ聞いているだけのような真顔であったりします。

好意や好感のある相手と話す時、女性は表情が豊かになったり、会話の内容に関心を持ったり、穏やかな空気感になったりします。

じっと目を見て話す女性の心理③アピール 「女性は好きな人と目を合わせることを苦手とする」とも言われますが、それに反して「好き好きアピール」の目的でじっと目を見て話す女性もいます。

そういった女性の目はキラキラとしており、明らかにこちらに何らかの興味を持ってることが感じ取れます。

その女性に対して好意や好感を持っていない場合、その目と視線を逸らしたい気持ちが生じる人が多いとされます。

押しが強いほど相手の状態より自分の感情に意識が向いているため、逸らしたところで不快を抱いていることは伝わらないことも多いのですが、どうしても話す機会がある時には、とりあえず気にしないことです。

調子に乗らせたくないなら、少しばかり眉間に力を入れてみたり、表情を乏しくしたり、話に無関心な返答をしたり、ダイレクトでは無いけれど察しやすい態度をしてみると良いでしょう。

あくまで、目的は攻撃ではなく回避ですので、余程のことが無い限りは言葉遣いや発言に気を付けましょう。

じっと目を見て話す男性心理を理解して素敵な人間関係を じっと目を見て話す男性心理はとてもたくさんあり、個人的な感情のこともあれば、教育の影響である場合もありました。

個人的な感情では「好意・伝えたい気持ち・記憶に残るように」などがあり、作戦的な心理としては「良い印象を持たせるため」など、そして「目を見て話すのが普通」という教育の理由など様々です。

あくまで心理学ですので一概には言えないこともありますが、今回ご紹介した21個もの心理のどれかには当てはまる状況が多いことでしょう。

もちろん、他の心理が隠されている可能性も否定は出来ませんので、相手の様子をよく観察することが、こちらに対する心理・気持ちの判断にとって信用性の高い情報となります。

また、目を見て話す女性もいますが、その心理は男性心理と大差ありませんでした。

しかしながら、男性心理にしても女性心理にしても、その情報を鵜呑みしないことです。

心理学は万人に当てはまるものではないため、1つの参考程度にして、1人1人を十人十色としてよく観察することが理解や判断につながります。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

#心理 KEYWORD 関連のキーワード #コーデ #画像 #カップル #動物占い #前兆 #夢占い #星座占い #ボディー #手相 #名前

キーワード

  • 男性心理
  • 心理
  • 好意
  • 会話
  • 理由
  • 可能性
  • 教育
  • 意味
  • 男性
  • 集中
  • 感情
  • 表情
  • 意識
  • 好感