美容

頭皮が乾燥する原因6つ|カサカサ地肌対策や頭の保湿ケア方法は?

2018年08月08日更新
頭皮が乾燥する原因6つ|カサカサ地肌対策や頭の保湿ケア方法は?

頭皮がカサカサ!頭にフケが乗っている人の印象は? 頭皮は不潔にしていなくても不潔に見える 頭皮が乾燥してフケが出ると、たとえ毎日シャンプーして清潔にしていても、不潔な印象になってしまいます。

清潔にしていてもフケが出ることもあるので、必ずしも不潔というわけではありませんが、どうしても白い粉のようなフケが浮いていると汚く感じてしまうことが多いでしょう。

頭皮の他の部分の好印象を下げてしまう 肩や頭に浮いているフケは、他の部分の好印象を下げてしまう可能性があります。

顔が整っていても頭が良さそうでも、肩にフケが乗っているだけで、なんとなくだらしがない印象になってしまうものです。

頭皮の乾燥対策をして防いでおいた方がいいでしょう。

頭皮がカサカサ!地肌が乾燥する原因は? 頭皮の乾燥など外部からの刺激 頭皮が乾燥する原因は、他の部分の肌が乾燥する理由と同じで、乾燥した環境によって起こります。

夏場は乾燥とは無縁な気がしますが、クーラーで乾燥しやすいので注意が必要です。

頭皮が乾燥している場合は、化粧水やクリームを活用して頭皮が乾燥しないようにこまめにケアしていくことが大切になります。

乾燥していると刺激に弱くなるので、敏感肌用のケア用品がおすすめです。

睡眠不足など生活習慣の乱れで乾燥する 生活習慣が乱れると、肌のターンオーバーの周期も乱れるので肌が荒れやすくなります。

頭皮も一緒なので、睡眠不足などが続くと頭皮が荒れて乾燥しやすくなるのです。

また睡眠だけでなく食事や運動など、生活習慣が乱れても頭皮が乾燥しやすくなるので気をつけましょう。

夜遅くまで起きてしまう場合は、夜10時までに寝られるようにスケジュールを見直してみてください。

食事を決まった時間に取らない、偏った食生活、あぶらっぽいメニューなどもフケを悪化させる原因になりえます。

紫外線を長時間頭皮に浴びていると乾燥しやすくなる 外出時間が長いなどの理由で、紫外線を頭皮に長時間浴びていると頭皮にダメージが蓄積していきフケやかゆみが出ることがあります。

外出する時間が多い場合は、帽子をかぶったり日傘を使ったりして、紫外線を防ぐことが大切です。

また、帽子や日傘などを使うときは、UVを遮断する機能があるものを選ぶといいでしょう。

帽子を使う場合は汗がたまって刺激になる可能性もあるので、通気性の良いものを選ぶようにしてください。

強いストレスが続いていると乾燥しやすくなる 日常的に強いストレスが続くと、肌が荒れやすくなります。

頭皮も荒れやすくなるので、乾燥してフケやかゆみが出ます。

ストレスが続いていて、頭皮がかゆかったりフケが出たりする場合は、ストレスを緩和する何らかの対策を取ったほうがいいでしょう。

仕事などでどうしてもストレスを避けられない場合は、こまめにブレイクをするなど自分なりのストレス対策を見つけてください。

イライラしている時間を少なくすることで、フケやかゆみを防止することができます。

頭皮に洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている 洗浄力が強いシャンプーを使っていても頭皮が乾燥することがあります。

特に皮脂がそれほど分泌されないのに、強い洗浄力のシャンプーを使うと、頭皮がどんどん乾燥してフケやかゆみの原因になるので注意が必要です。

また皮脂が過剰に分泌されている人が、洗浄力の弱いシャンプーを使っていると、皮脂で毛穴が詰まってフケやかゆみの原因となることもあります。

自分のタイプに合ったシャンプーを見つけてください。

フケの原因菌が頭皮に繁殖している フケの原因となるマラセチア菌が頭皮で大量に繁殖していると、フケやかゆみの原因となります。

マラセチア菌は湿った環境や雑菌の多い環境で増えるので、マラセチア菌が増えないように対策が必要です。

マラセチア菌を増やさないためには、シャンプー後にはすぐに髪を乾かす、マラセチア菌を殺菌する成分が配合されたシャンプーや市販薬を使用するなどの方法があります。

頭皮のカサカサを保湿!頭の乾燥の対策方法4つ 頭皮に化粧水やローションを使用する 頭皮も肌と同じく化粧水でケアすることができます。

化粧水をつけることで頭皮を乾燥から守り、フケやかゆみを防ぐ手助けになります。

ただしアルコールが入っていたり、すぐに蒸発するような成分が入っている化粧水だと、かえって乾燥する可能性もあるので注意が必要です。

また頭皮に化粧水を使ったら、椿油やホホバオイルを1、2滴程度頭皮にぬっておくという対策もあります。

椿油やホホバオイルは保湿性に優れたオイルなので、少量でも頭皮から水分が蒸発してしまうことを防げます。

洗浄力が強すぎないシャンプーを選ぶ 洗浄力が強すぎるシャンプーを使い続けていると、頭皮の必要な脂まで取り除いてしまい地肌がどんどん乾燥します。

乾燥している地肌は外からの刺激に弱いので、炎症を起こしたりフケを出したりといったことが起こります。

自分の体質と洗浄力の相性を考えて、シャンプーを選ぶようにしてください。

もしシャンプーが強すぎると思ったら、アミノ酸系の洗浄成分を使っている弱酸性のシャンプーに買い換えるといいでしょう。

ストレスをためすぎない ストレスを日常的に感じていると、肌の調子が悪くなることがあります。

頭皮も一緒で、常に強いストレスにさらされていると、肌荒れが起こりフケやかゆみが発生します。

フケやかゆみを改善したい場合は、ストレスをうまく解消するなどして、強すぎるストレスに影響を受けないように気をつけましょう。

仕事などで長時間拘束され、ストレスを解消する時間がない場合は、細かいストレス解消がおすすめです。

いつでもどこでも、すぐにできるストレス解消方法を自分なりに見つけておくとストレスの緩和に役立ちます。

規則正しい生活を送る 夜決まった時間に寝て、決まった時間におきて、健康的な食事と適度な運動習慣を持つことで、頭皮の状態を改善に導くことができるでしょう。

頭がかゆい、フケがとまらないといった場合は、生活習慣を少し見直してみるといいでしょう。

脂っぽい食事が多い場合は、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

過剰に分泌された皮脂は毛穴つまりの原因になることもあるので気をつけましょう。

野菜や魚も摂取して、栄養バランスの良い食生活を送ることも大切です。

また、下記の記事は頭皮クレンジングにおすすめなオイルやシャンプーを紹介している記事です。

頭皮クレンジングに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

頭皮がカサカサ!地肌の乾燥を保湿するシャンプー8選 乾燥を防ぐナチュラルリペアシャンプー Amazonで詳細を見る オルビスナチュラルリペアシャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分を配合しているシャンプーです。

頭皮の皮脂を取り除きすぎないことにより、頭皮の乾燥を防ぎます。

保湿できるイオセラムクレンジングシャンプー Amazonで詳細を見る イオセラムクレンジングシャンプーはコクのあるたっぷりの泡で頭皮と髪を洗い上げるノンシリコンタイプのシャンプーです。

髪のうねりを防ぐだけでなく、健やかな地肌を整えるのにも役立ちます。

保湿できる資生堂アデノバイタルシャンプー Amazonで詳細を見る 資生堂アデノバイタルシャンプーは頭皮にある余分な皮脂を取り除き、地肌の健康を保つ効果が期待できるシャンプーです。

育毛剤や頭皮ローションが浸透しやすく乾燥対策に役立ちます。

乾燥を防ぐ熊野油脂馬油シャンプー Amazonで詳細を見る 熊野油脂馬油シャンプーは頭皮の乾燥対策に有効とされる馬油を配合しているシャンプーです。

弱酸性のノンシリコン処方なので、頭皮や地肌を良い状態に導きます。

乾燥対策にルベルナチュラルヘアソープSW(シーウィード) Amazonで詳細を見る ルベルナチュラルヘアソープSW(シーウィード)は天然植物由来のエキスが配合されている、髪や地肌にやさしいシャンプーです。

紫外線対策などでダメージを受けた頭皮や髪を健やかな状態に導きます。

乾燥対策にベルーガアミノ酸シャンプー Amazonで詳細を見る ベルーガアミノ酸シャンプーは濃厚で濃密な泡で髪を洗い上げる、アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーです。

ヘアカラーでダメージを受けた髪も修復します。

地肌の余分な油をやさしく落として保湿しやすくします。

カサカサフケ対策にオクトセラピエ薬用スキンケアシャンプー Amazonで詳細を見る オクトセラピエ(serapie)薬用スキンケアシャンプーは頭皮の乾燥を防ぐシャンプーです。

またフケやかゆみによる原因菌を抑制する働きもあります。

お値段も手ごろなので継続して続けやすいでしょう。

オルナオーガニックシャンプー無添加ノンシリコンアミノ酸系洗浄 Amazonで詳細を見る オルナオーガニックシャンプーは肌に刺激のある成分が配合されておらず、頭皮に刺激を与えないシャンプーです。

美容成分配合なので、頭の地肌の乾燥を防ぐことができます。

また、ノンシリコン処方、アミノ酸系洗浄成分配合で頭皮をやさしく洗い上げます。

また、下記の記事は頭皮に優しいアミノ酸シャンプーについて書かれた記事です。

アミノ酸シャンプーについても興味のある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

市販でおすすめの人気ランキングも紹介しています。

頭皮がカサカサ!地肌の乾燥を保湿するローション7選 地肌の乾燥を防ぐ菊正宗日本酒の化粧水高保湿 Amazonで詳細を見る 菊正宗日本酒の化粧水高保湿は低刺激の化粧水なので、敏感肌の方でも使いやすい化粧水です。

化粧水を頭皮につけることでも、頭皮の乾燥を防ぎ保湿することができます。

アブリーゼナチュラルオーガスキャルプローションS Amazonで詳細を見る アブリーゼナチュラルオーガスキャルプローションSはオーガニック成分配合で地肌にもやさしく、頭皮の乾燥対策に有効です。

オーガニックの植物由来の成分が保湿することで、地肌の乾燥を防ぐことですこやかな頭皮と髪に導きます。

かゆみ対策に柳屋薬用ヘアトニックフケ・カユミ用 Amazonで詳細を見る 柳屋薬用ヘアトニックフケ・カユミ用は頭皮のフケやかゆみを抑えることができるローションです。

整髪前の頭皮になじませることで、フケやかゆみを防止します。

地肌の乾燥を防ぎ保湿する薬用ユースキンSローション Amazonで詳細を見る 薬用ユースキンSローションは敏感肌や乾燥肌の方にも使いやすい薬用ローションです。

肌だけでなく頭皮にも使うことができます。

薬用成分により頭皮の乾燥や炎症を抑える効果が期待できます。

地肌のかゆみをおさえるフケミン薬用頭皮ローション Amazonで詳細を見る フケミン薬用頭皮ローションは頭皮のかゆみを抑える効果が期待できる薬用のローションです。

メントール配合なので、使用した部分がスーッとします。

地肌の乾燥を防ぎ保湿するノブスカルプローション Amazonで詳細を見る ノブスカルプローションは低刺激性の保湿ローションなので、敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすいローションです。

頭皮を保湿することで乾燥によるフケやかゆみを防ぐことができます。

ピオクレア薬用フケかゆみローション150ml Amazonで詳細を見る ピオクレア薬用フケかゆみローションやフケやかゆみを防いで頭皮の炎症を抑える効果が期待できる、頭皮用の薬用ローションです。

保湿成分配合で地肌の乾燥も防ぎます。

低刺激性なので敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすいでしょう。

また、下記の記事は髪の毛の臭いを消す方法について書かれた記事です。

頭皮の臭いを消す方法について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

頭皮がカサカサに乾燥してる!正しいシャンプー方法は? ブラッシングでほこりを取り除く 髪をブラッシングすることで、髪についているほこりなどを取り除くことができます。

ほこりなどの汚れがついていると、シャンプーの効果が減少するかもしれないので、シャンプーをするまえにささっとでもブラッシングをしておくといいでしょう。

このとき頭皮に刺激を与えないようにやさしく行うことも大切です。

ブラッシングを行うブラシを好みのものに合わせてもいいでしょう。

ブラシには頭皮をいたわるような設計のものも販売されているので、頭皮にダメージが少ないタイプのブラッシングで行うことも有効です。

熱すぎないぬるま湯で髪と頭皮をぬらす お湯が熱すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうので、髪をぬらすときのお湯はぬるま湯程度の温度にしておきましょう。

また、髪をぬらすときはしっかりとぬらします。

頭皮までちゃんとぬるま湯をいきわたらせて、シャンプーの効果をアップできるようにしてください。

少なくとも1分から3分程度は髪をぬらすのに使った方がいいでしょう。

しっかりと髪と頭皮が濡れていないと、洗浄成分がいきわたりにくくなるので、毛穴つまりの原因になることもあります。

シャンプーは泡立ててから使う Instagram シャンプーを直接頭皮につけてしまうと、頭皮が荒れて乾燥の原因になることもあります。

シャンプーはあらかじめ手のひらに適量とってから、手のひらで伸ばして頭皮や髪につけていきましょう。

頭髪の上で泡立てる場合もやさしく円を描くようにクルクルとまわして泡立ててください。

洗顔料のCMのようにものすごく泡立てる必要はありません。

手のひらで軽くクルクルとまわして、軽く泡立つ程度でも大丈夫です。

頭皮にシャンプーの原液が直接つかないようにしてください。

指の腹でやさしく洗う 髪の毛をある程度泡で洗浄したら、次は頭皮のシャンプーも行います。

頭皮は爪を立てたりせずに、指の腹でやさしくなでるように、クルクルと小さな円を描きながら洗っていってください。

頭皮も顔の肌同様、ゴシゴシ力強くこすると肌が傷ついてしまいます。

洗顔をするときと同じように、地肌の上で泡を転がすイメージでやさしく指の腹で頭皮全体をなでていきます。

かゆいからといってゴシゴシとこすってしまうと、地肌が傷ついてまた乾燥してしまう原因になる可能性があるので気をつけましょう。

ぬるま湯でしっかりとすすぐ Instagram シャンプーが終わったら、ぬるま湯でシャンプーが頭皮や頭髪に残らないようにしっかりとすすぎます。

特に生え際は洗浄成分が残りやすいので、入念にすすいでください。

洗浄成分が地肌に残ると、地肌が荒れて乾燥する原因になります。

地肌にシャンプーが残らないように、毛先だけでなく地肌にお湯が当たるようにすすいでください。

髪の毛にシャンプーのぬるつきが残っていても地肌についてしまうので、全体的にこれでもかというほどすすぎをするようにしましょう。

また、下記の記事は髪と頭皮にやさしいと言われるノンシリコンシャンプーについて書かれた記事です。

ノンシリコンシャンプーについても興味のある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

頭皮がカサカサに乾燥してる!正しいブラッシング方法は? 毛先のほつれや汚れを最初に落とす Instagram ブラッシングは毛先から行います。

毛先の方がからまりやすいので、毛先のからまりを解消してからでないと地肌をひっぱって刺激を与えてしまう可能性があるからです。

毛先のほつれをある程度なくしてから、根元からのブラッシングにうつりましょう。

髪の根元から毛先に向けてやさしくとかす Instagram 毛先付近のほつれや絡まり、ほこりなどの汚れを取り除いたら、髪の毛の根元から毛先にむけて丁寧にブラッシングしていきましょう。

頭皮にくしの歯を直接当てると、頭皮への刺激になってしまう可能性があるので、くしはやさしく頭皮を傷つけないように動かしてください。

濡れた髪にブラッシングしない シャンプー後などで濡れた状態の髪にブラッシングをすると、髪のキューティクルがはがれやすくなります。

ブラッシングは髪がある程度乾いてからにしましょう。

髪がカサカサしすぎて絡まるようなときは、軽く髪の保湿剤などをスプレーしてからブラッシングするとやりやすくなります。

また、下記の記事はブラッシングの効果的な方法について紹介している記事です。

ブラッシングを効果的に行うと美髪と健康的な頭皮を手に入れることができます。

興味のある方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

椿油を使ったスカルプケアも有効 椿油でスカルプケアするとフケやかゆみの防止に Instagram 椿油は昔から髪の毛をケアする化粧品として有名です。

椿油は髪だけでなく、地肌のケアにも大変役立つアイテムなので活用してみてください。

ケアの方法をシャンプーをする前に椿オイルを頭皮になじませるというものです。

また椿油のほかホホバオイルでも代用できます。

椿油を使ったスカルプケアを続けることで、頭皮のかゆみやフケを防止することができますので、興味のある方は挑戦してみてください。

椿油をティースプーン1杯程度とっておく 椿油をティースプーン1杯程度小皿にとっておきます。

椿油を指先につけながら椿油を頭皮全体になじませていきます。

このときなじませようと強くこすると、頭皮を傷つけて乾燥させてしまう原因になるので気をつけましょう。

椿油はそれほどもみこまなくても、頭皮に浸透していくのですっと指先でなでる程度の付け方でも十分です。

頭頂部や後頭部など、パーツごとに分けて塗るとまんべんなく椿油を塗ることができます。

椿油を指先に付けて頭皮にのばしていく 椿油を指先に付けたら、手ぐしの要領で頭皮に椿油をつけていきます。

このとき強くこすりすぎたりもみこんだりして、頭皮に刺激を与えないように気をつけてください。

前頭部、側頭部、後頭部にかけて順番にまんべんなく椿油をぬっていきましょう。

椿油をつけたら、5分ほどのそのまま放置します。

ぬるま湯でシャンプーして洗い流す 椿油をぬって5分ほど放置したら、ぬるま湯でシャンプーをします。

シャンプーするときは、シャンプーを両手にとって軽く泡立ててから頭皮につけるようにしてください。

洗うときも爪を立てて洗わずに指の腹でやさしく洗います。

1度のシャンプーでも大丈夫ですが、ベタつきなどが気になるようなら2度シャンプーをしてもいいでしょう。

また、下記の記事は椿油のおすすめの使い方について紹介した記事です。

髪や頭皮ケアなど、さまざまな使い方ができるつばきあぶらについて詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

頭皮の乾燥対策を行うことでフケやかゆみを防止しよう 頭皮にフケやかゆみが出る原因はさまざまなですが、頭皮が乾燥することでフケが出ることは同じです。

乾燥が原因のフケが大量に出て困る場合は、頭皮の地肌の乾燥対策として、保湿をすることが大切です。

頭皮を乾燥から守り、フケやかゆみの出ない頭にしていきましょう。

また、下記の記事は炭酸シャンプーがおすすめな理由について紹介している記事です。

炭酸シャンプーがおすすめの理由にも興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

炭酸シャンプーは汚れをクレンジングします。

キーワード

  • 頭皮
  • シャンプー
  • 乾燥
  • 地肌
  • フケ
  • 椿油
  • ブラッシング
  • ストレス
  • かゆみ
  • 下記
  • 保湿
  • ローション
  • 刺激
  • カサカサ
  • 化粧