ヘアスタイル

インナーカラーのやり方は?|市販やセルフのブロッキング方法も

2018年08月09日更新
インナーカラーのやり方は?|市販やセルフのブロッキング方法も

市販のブリーチを使ってセルフでインナーカラーを作るやり方とは? まずは市販剤を使って黒髪をブリーチ! Amazonで詳細を見る インナーカラーの下準備として、インナーカラーしたい所をブロッキングし、市販ブリーチを使って黒髪をセルフ脱色していきましょう。

そうすることで黒髪のままインナーカラーするやり方に比べて発色が良くなり、理想のカラーに仕上がります。

はっきりとした発色にしたい人は、数回ブリーチするのがおすすめです。

市販カラー剤で好きな色に染めていこう! Amazonで詳細を見る 黒髪をブリーチができたら、さっそく好きなカラーで染めていきましょう。

市販のカラー剤が余ってしまってもったいないと思う人は、MANIC PANIC(通称マニパニ)のようなヘアカラークリームを使いましょう。

余ったら常温保存でき、次回もセルフカラーリングをすることができます。

染まるまで指定の時間かそれ以上待ちましょう Instagram セルフで難しいポイントは、染まっているかどうかの判断ではないでしょうか。

カラー剤によって放置する時間が異なりますから、説明書をよく読んでから、まずは指定時間置いていきましょう。

その後髪の毛を見てどれくらい染まっているか確認し、足りなければまた放置するというやり方がおすすめです。

よく流してシャンプーとトリートメントしましょう Instagram よく染まったら、まずはぬるま湯で丁寧にカラー剤を流していきましょう。

熱めのお湯で流してしまうと、色落ちしてしまうので気を付けてくださいね。

その後、いつも通りシャンプーしてトリートメントしましょう。

しっかり落とさないとタオルや服についてしまいます。

仕上げにドライヤーで完成です! 次の記事ではミディアムのおすすめインナーカラー10選をご紹介しています。

ボブのハイライトポイントカラーなど、参考になることがたくさん載っていますよ!なかなかヘアアレンジが難しい長さでも、インナーカラーで垢抜けていきましょう! インナーカラーのやり方|ブロッキング方法 ブロッキング方法|インナーカラーの範囲を決めよう! Instagram インナーカラーのやり方ブロッキング方法編1つ目は、まずインナーカラーの範囲を決めて行きましょう。

ほんの少しだけカラーするのか、内側全てをカラーするのかなど、お好みの髪の量を決めます。

ブロッキング方法|カラーしない所はゴムでまとめよう! Instagram インナーカラーのやり方ブロッキング方法編2つ目は、インナーカラーする髪の量が決まったら、カラーリングしない髪の毛を2〜6箇所に分けてゴムまたはダッカールでまとめていきましょう。

これはインナーカラーしている時に染まらないようにするためです。

染める所はまとめずに下しておき、カラー剤を塗布します。

大人になってもインナーカラーしても浮かないか、似合わないんじゃないかと不安になる必要はありません!次の記事では大人だから似合う、派手過ぎないインナーカラー15選をご紹介しています。

特にロング・ミディアムヘアの人は必見です。

是非参考にしてみてくださいね。

インナーカラーのやり方|ポイントやハイライト編 ポイントやハイライト編|入れる範囲の大きさやカラーで印象がらり! Instagram ポイントカラーするなら、脇だけするやり方がおすすめです。

初めてインナーカラーをする人は、どんな風にしようか迷いますよね。

あまり目立たせたくなかったり、ちょこっとおしゃれに見せたいという人には、耳の下のあたりだけポイントでインナーカラーを入れてみましょう! また、複数の色を使ってみたり、ビビットカラーにすることで華やかな印象にすることができます。

せっかくインナーカラーをいれるなら、可愛くおしゃれなヘアスタイルにしましょう! ポイントやハイライト編|ロングの人はハイライト風にもできる! Instagram インナーカラーのやり方ハイライト編のポイントは、ロングの人は、後ろ側もインナーカラーしたり、表面の髪の毛を明るくしてインナーカラーを暗くすることでハイライトのあるヘアースタイルになります。

アップスタイルにすれば、とても華やかで立体的なヘアスタイルになりやすよ。

ちょっと上級者な前髪や内側の部分染めをしたいなら、次の記事からコツをゲットしましょう!簡単にセルフインナーカラーができるようになる、詳しいブロッキングのやり方やおすすめのヘアカラーが紹介されています。

インナーカラーのやり方|長さ別 インナーカラーのやり方|ショートなら前髪にも! Instagram ショートヘアの人がインナーカラーするなら、目立ちやすいハイトーンがおすすめです。

ヘアーアレンジがしにくいショートヘアでも、インナーカラーすることで一気におしゃれな印象になります。

前髪にさりげなくしても際立つのがショートヘアの良い所ですね。

ショートヘアの人がインナーカラーを入れる場合、頭の上部分から内側をカラーリングするやり方がおすすめです。

襟足のみだと目立たない可能性があるからです。

インナーカラーのやり方|ボブ Instagram ボブスタイルはロングに比べるとヘアアレンジが難しいヘアカラーですよね。

ボブヘアならショートヘアに比べてインナーカラーできる面積が広いので、サイドのみインナーカラーしたり、全方面インナーカラーしたりなど色んなアレンジが可能です。

インナーカラーのやり方|ミディアム Instagram ミディアムになると様々なヘアアレンジが可能になりますね。

耳上からカラーリングするのか、襟足からカラーリングするのか決めましょう。

範囲が決まったら、カラーリングしない部分をブロッキングしていき、カラー剤を塗りやすいようにします。

その後好みのカラーリングをしていきましょう! インナーカラーのやり方|ロング Instagram ロングの人がインナーカラーする場合、カラーリングする面積が多いため華やかな印象になれます。

またまばらにインナーカラーを入れることでハイライトのようにすることもできます。

インナーカラーの入れ方次第で印象が変えられるので、ロングスタイルでマンネリな人は是非やってみましょう! ブリーチをしてから色を入れることをダブルカラーと言います。

ダブルカラーとシングルカラーでは、同じカラー剤を使っていても全然違う仕上がりになります。

次の記事ではダブルカラーの髪色13選と詳しい解説が紹介されています。

せっかくヘアカラーするなら仕組みや正しいやり方を知って理想のカラーをしていきましょう! おすすめのカラー剤 おすすめのカラー剤|マニックパニックカラークリーム Amazonで詳細を見る 染める髪の量が少ないなら、数回に分けて使えるマニックパニックのカラークリームがおすすめです。

インナーカラーは少ない量でヘアカラーできるので、市販のカラー剤では余ってしまうことがあります。

マニックパニックを買っておけば、好きな時にポイントヘアカラーができますよ。

黒髪でも染まる!おすすめのカラー剤|クイスクイスデビルズトリック Amazonで詳細を見る ヘアカラー初心者さんにおすすめなのが、このクイスクイスデビルズトリックです。

失敗したらどうしようと不安なあなたにぴったり。

なぜならこれは1週間で色が元に戻る期間限定ヘアカラートリートメントだからです。

ホホバ種子油やツバキ油を配合しているのでヘアカラーしているのにサラサラな髪の毛になりますよ! インナーカラーするのにぴったりな25gで、やり方は簡単なので思い立った時にできます。

市販のドラッグストアで購入できますよ。

傷んだ髪ほど染まるので、黒髪でも傷んでいる人は発色しやすいかもしれません! クリップジョイントカラーバター Amazonで詳細を見る 髪の毛をケアしながらビビットなインナーカラーにしたいなら、市販のクリップジョイントカラーバターがおすすめです。

カラーバターなので色ムラになりにくく綺麗に染まります。

色素補給をしながら染まるので、傷んだ髪を補修してくれてツヤツヤサラサラの髪に仕上がります。

他の色と混ぜて自分の好きな色を作ることもでき、セルフヘアカラーがもっと楽しくなりますよ!個人差もありますが、通常のやり方で2週間ほど色をキープでき、自然に色落ちしていきます。

色落ちも楽しめるのでおすすめです。

黒髪の人にも発色しやすいのでブリーチしたくない人にも向いています。

やり方簡単!ミシャ7DAYSカラーリングへアトリートメント Amazonで詳細を見る こちらは韓国の化粧品ブランドでも有名なMISSHA(ミシャ)のヘアカラートリートメントです。

やり方は簡単!チューブから出して塗って5分待つだけで1週間のヘアカラーを楽しめます。

内容量は25mlなのでインナーカラーするのにぴったりな量となっています。

これを使えば毎週違うカラーを楽しめますね。

今年はどんな色が流行っているのか知っていますか?次の記事では2018年秋におすすめのヘアカラー21選をご紹介しています。

誰でも気軽にヘアカラーできるようになった時代、どんなヘアカラーにするかワクワクしますね。

市販カラー剤を使って流行りの髪色を一足先に取り入れていきましょう! セルフカラーで役立つ便利グッズ セルフカラーで役立つ便利グッズ|BORDER.ヘアカラークロス Amazonで詳細を見る セルフヘアカラーやカットの際に有ると便利なのが、このクロスです。

これがないとカラー剤が洋服について汚れてしまったり、体について取れなくなったりしてしまいます。

このヘアクロスなら、子供から大人まで一緒に使うことができますし、ヘアカットやヘアカラーなど色んな用途にも使うことができます。

頭から被るだけの簡単装着ができて、使わない時は畳んでコンパクトに収納できますよ。

デザインは髪の毛が溜まるように設計されていて、散髪後の掃除が楽々できます。

1個有れば何回も使えるので、重宝しますよ。

セルフカラーで役立つ便利グッズ|ヘアダイブラシK-60 Amazonで詳細を見る 市販のカラー剤は、ブラシやくしが附属していないので手袋をつけて塗ることが多いのではないでしょうか。

ですがなるべくムラが出ないようにスムーズにカラー剤を塗るにはやはりブラシがおすすめです。

このヘアダイブラシはポイントも塗リやすく、30年以上美容師に使われている優れものです。

縮れたナイロン「クリンプナイロン」を毛材に使用しているので、塗っている時もハケから薬剤が落ちにくく、お湯洗いできます。

カラーチェンジを頻繁にする人はマストハブなアイテムです。

セルフカラーで役立つ便利グッズ|ダッカール12本セット艶消しブラック Amazonで詳細を見る ダッカールは、髪の毛をブロッキングする時に便利なアイテムです。

特に髪の毛がミディアム~ロングの人は小さいヘアゴムよりもダッカールの方がまとめやすくおすすめです。

これは12本セットなので髪の量が多い人でも十分ですね。

セルフカラーで役立つ便利グッズ|uxcellヘアゴムリングゴム Amazonで詳細を見る 短い髪の毛の人や毛量が少ない人がブロッキングするなら、この小さいヘアゴムがおすすめです。

髪の毛が短いのに太めのヘアゴムを使ってしまうと、カラーリングしている時に取れやすくなってしまうからです。

このヘアゴムなら髪の毛をまとめやすく取れにくいですよ。

市販でも100均で売ってるので是非ゲットしてください。

セルフカラーで役立つ便利グッズ|サランラップ Amazonで詳細を見る なぜサランラップ?と思った方も多いかもしれません。

自宅に1個はあるサランラップですが、インナーカラーする際にとても役立つアイテムです。

カラー剤を塗り終わったらサランラップで包みましょう。

このやり方で髪の毛の温度が上がって染まりやすくなりますよ。

黒髪の方は特にやっておきましょう! 自分がどんなヘアカラーが似合うのか知っていますか?次の記事では、自分に似合う髪色の見つけ方を詳しくご紹介しています。

ヘアカラーも、パーソナルカラー診断すればどんな色が似合うのか分かります。

自分の肌、髪色などをうまく生かしてより綺麗になっていきましょう! セルフインナーカラーで黒髪脱出! 見た目はすごいおしゃれなのに、やり方はセルフでもとっても簡単なインナーカラー。

黒髪に少しスパイスを加えたい人、ショートカットやボブでヘアアレンジが難しい人は是非やってみてください。

ブロッキングやカラー剤を塗るのが苦手という人は、身近な人に手伝ってもらいましょう! せっかくインナーカラーしたなら、少しでも発色を長持ちさせたいですよね。

次の記事では、ヘアカラーを長持ちさせるためのシャンプーの選び方や、ヘアアイロンのコツをご紹介しています。

おすすめは、ヘアカラーした後2日~3日間はシャンプーしないことです。

そうすると色素が定着し色落ちしなくなるからです!

キーワード

  • インナーカラー
  • やり方
  • ヘアカラー
  • ブロッキング
  • カラーリング
  • 髪の毛
  • ポイント
  • 市販
  • カラー
  • ハイライト
  • 黒髪
  • ロング
  • セルフ
  • セルフカラー
  • ショートヘア