恋愛

社会人や大学生が恋人と会う頻度8選!彼氏彼女と会う頻度が少ない時は?

2018年08月11日更新
社会人や大学生が恋人と会う頻度8選!彼氏彼女と会う頻度が少ない時は?

恋人と会う頻度はどれくらい?|社会人 社会人の会う頻度:社内恋愛ならほぼ毎日 社会人が恋人と会う頻度は、社内恋愛の場合にはほぼ毎日です。

社内で会っているのですから、そもそも顔を合わせないということはないでしょう。

全く部署が違うのであれば会う頻度は少なくなりますが、社外に恋人を作っているよりは多くなって当たり前ですよね。

社会人が社内で付き合っている場合でもデートをしないということはありませんから、休日にも会っているとなると、ほぼ毎日顔を合わせていることになります。

最も、社内で顔を合わせるときには恋人としてではないでしょうから、恋人としてのデートは週に2回ほどになりますが、顔を合わせること自体はほぼ毎日になります。

社会人の会う頻度:社外の恋人なら1週間~2週間に1回程度 社会人の恋人の会う頻度は、社外の恋人なら1週間から2週間に1回程度ということになります。

社内恋愛の恋人たちとは違って、違う環境で過ごしているとなかなか顔を合わせることがありません。

仕事で忙しいのなら、休日にも一人でのんびり過ごしたいというときもあるでしょう。

デートをするような余裕があるときに会うとなると、会う頻度は1週間に1度あれば多い方です。

ただ、2週間に1回程度でもおかしいということはありません。

社会人になってしまえば、恋人と会って楽しく話をするということも回数は減ってしまうものなのです。

社会人の会う頻度:忙しい時期は月に1回程度 社会人の恋人同士ですが、忙しい時には会う頻度が極端に少なくなります。

社内恋愛の恋人であったとしても、忙しい時には部署が違えば顔を合わせることもなくなるでしょう。

部署が同じであれば顔を見ることはあるかもしれませんが、それが、「恋人として顔を合わせている」ことと同義になるわけではありませんよね。

社会人の恋人同士が忙しくなると、月に1度会えれば良いということになるのではないでしょうか。

繁忙期が数か月続くようなら、その間には全く会うことができないということも珍しくありません。

メッセージのやり取りなどで乗り切るしかありませんが、それさえも面倒になる時期もあるかもしれませんね。

社会人の会う頻度:同棲カップルならほぼ毎日 忙しい社会人同士の恋愛であったとしても、同棲しているカップルであれば会う頻度はかなり多くなります。

同じ家で生活をしているということなので、毎日顔を合わせないということがそもそもないでしょう。

本当に忙しいすれ違いの時期には顔を見れないかもしれませんが、通常は毎日朝起きれば顔を見る生活です。

最も、同棲しているカップルは「彼氏・彼女」の括りでお互いを見なくなっている可能性もあります。

恋人同士としてキュンキュンするようなイベントをすることが「恋人として正式に会っている」状態であるとすれば、会う頻度はそれほど多くないかもしれませんが、やはり顔を見ているという点では毎日と言えるでしょう。

恋人と会う頻度はどれくらい?|大学生 大学生の会う頻度:同級生の彼氏・彼女なら週に2~3回 大学生のカップルの会う頻度は、同級生であれば週に2~3回なのではないでしょうか。

大学生同士であれば時間はありますが、毎日デートをすると言うわけではないはずです。

恋愛に対しても、高校生の頃よりは落ち着いた考え方をするようになってきているからです。

毎日参加する必要のあるサークルに所属しているのなら、ほぼ毎日顔を合わせるということもあるかもしれません。

ですが、大学生の場合には高校生のように時間割が全員同じわけではありませんから、同級生でも週に何度か顔を合わせるだけになります。

恋人であればさらにデートがありますが、こちらも週に1回程度でしょう。

大学生の会う頻度:恋人が先輩なら週に1回程度 大学生のカップルの会う頻度ですが、もし先輩・後輩の関係で付き合っているのなら、週に1回程度ということになるでしょう。

先輩であれば、同級生同士よりも授業で顔を合わせる回数が少なくなります。

その分だけ、同級生の恋人同士よりは合う頻度が少なくなっている印象がありますね。

先輩の方が就活時期になると、さらに会う頻度は少なくなってしまうでしょう。

ゼミやサークルで顔を合わせる頻度が高い時期もありますが、定期的にデートをしていると考えても、平均すると週に1回程度会っているということになるのではないでしょうか。

大学生の会う頻度:他大学の恋人なら2週間に1回程度 大学生カップルであったとしても、他の大学に通っている恋人であれば、会う頻度は2週間に1回程度となってしまうでしょう。

そもそも、同じ大学の中で顔を合わせる頻度が少ないのですから、カップルとしてのデートの時間を取るだけになってしまうのが、他大学に通っているカップルになるのです。

カップルとしてのデートとして会う頻度を考えても、他大学に通っている恋人同士は、同じ大学に通っているカップルよりも少なくなります。

お互いの大学のスケジュールが合わないからです。

忙しい時期が違うと、すれ違う時間が増えてしまうということになりますね。

大学生の会う頻度:社会人の恋人なら2週間に1回程度 大学生であっても、彼氏・彼女が社会人である場合には、会う頻度は少なくなるでしょう。

社会人の恋人が忙しくない時期であれば、通常は2週間に1回程度は会うことができるのではないでしょうか。

ですが、社会人の恋人が忙しい時期には、さらに会う頻度は少なくなってしまうでしょう。

恋人と会う頻度はどれくらい?|高校生 高校生の会う頻度:同級生の恋人ならほぼ毎日 高校生の恋人同士の会う頻度ですが、同級生であればほぼ毎日会うことができます。

そもそも学校に言えば顔を合わせることになりますので、毎日恋人とたくさん話をすることができる環境にあるのです。

高校生くらいの時期は、恋愛に対しても熱量が大きい時期にあります。

だからこそ、付き合い始めると、毎日学校で顔を合わせているにも構わず、休日にもデートの計画を立てることになるのです。

結果的に、恋人と会う頻度はかなり高くなり、多ければほぼ毎日会っている状態になるでしょう。

高校生の会う頻度:学年違いの恋人なら週に3~4回 高校生の会う頻度を考えたとき、彼氏・彼女が先輩であれば週に3~4回に減ってしまうでしょう。

毎日学校で顔を合わせるわけではありませんので、その分だけ減ってしまうということになるのです。

デートの回数などは同級生同士と変わりありません。

高校生の会う頻度:テスト前なら2週間に1回程度 高校生につきものなのがテスト期間というものですが、テスト前の期間には会う頻度は2週間に1回程度になります。

もう少し真面目な早い時期から勉強をするような恋人同士であれば、3週間に1回程度ということになるかもしれませんね。

学校で顔を合わせることはあっても、テスト前には勉強をしなければいけないので、恋人同士としての時間を過ごせるかどうかと言うのは別になります。

高校生の恋人同士が、一番熱い時間を過ごすことができないのがテスト前であり、この時期には会う頻度が極端に下がってしまいます。

恋人と会う頻度が少ない時の対処方法5選 会う頻度が少ないとき➀メッセージの時間を決める 恋人と会う頻度が少なくて困っているときには、まずはメッセージの時間をお互いに決めることにしましょう。

時間を具体的に決めても良いですし、お互いに「寝る前」「朝起きたら一番に」というように、生活リズムに合わせたメッセージの時間を決めても構いません。

毎日、彼氏や彼女の生活リズムが分かっていることで、一緒にいることはできないけれど、相手の存在を感じることができるのです。

また、電話をするよりも手間がかからないので、忙しいときでも連絡を取るのが億劫に感じることはありません。

会う頻度が少ないとき②少ないデート内容を濃いものに 恋人と会う頻度が少ないときには、貴重なデートの時間を濃いものにすると良いでしょう。

たまにしか会うことができないのに、いつも同じデートの内容ではだんだんと飽きてしまいますし、恋人と過ごすことができる時間を十分に楽しむことができているとは言えません。

少ないデートの回数なのですから、色々なことができるでしょう。

二人とも行きたがっていた場所に行ってみるのも良いですし、体験型のイベントに参加して見るのでも良いかもしれません。

ただ、レストランに行ってホテルに直行と言うデートでは、恋人としての関係が危うくなってしまうので注意が必要です。

会う頻度が少ないとき③写真付きのメッセージでカップルらしさを 恋人と会う頻度が少ないと感じているときには、写真付きのメッセージを送り合ってみるというのも良いのではないでしょうか。

折角好きな人と付き合っているのに、テキストだけのメッセージでは何となく味気ないやり取りになってしまいますよね。

毎回写真付きのメッセージにする必要はありませんが、珍しいものを見つけたときにはそれを撮って送ってみることで、お互いの存在を近くに感じることができるでしょう。

時々は自撮りを送ってみると、相手のさびしいという気持ちを緩和することができるかもしれませんね。

会う頻度が少ないとき④先の予定に目を向けて見る 恋人と会う頻度が少ないように感じているときには、先の予定に目を向けて見るのも良いかもしれません。

遠距離などで会えない場合を除けば、大抵は、忙しいために合う頻度が少なくなっていることが大半です。

だからこそ、忙しい時期が終わった後のデートを豪華なものにするために、計画を立て始めるのです。

久しぶりのデートは、ちょっとした旅行にしても良いかもしれません。

それらの計画を立てていると、恋人と会うことができない時期さえも楽しいものに思えてくるのではないでしょうか。

会う頻度が少ないと寂しくなってきますが、少し違うところに目を向けて気を逸らすことも大切なのです。

会う頻度が少ないとき⑤同棲する 恋人と会う頻度が少ない時には、いっそ同棲してしまうというのも良いかもしれません。

これは社会人カップルや、ある程度の年齢になった大学生カップルに言えることですが、同棲すればずっと一緒にいることができますし、会えなくて寂しいと感じることはありません。

うんざりするほど一緒にいることになります。

忙しい中で同棲の準備をするのは難しいかもしれませんが、会う頻度が少ないことで二人の関係性が危うくなっているのなら、一緒に住んでしまうというのも一つの手段です。

最終手段ということになりますが、選択肢の一つとして考えてみるのも悪くありません。

恋人と会う頻度が多い時の対処方法5選 会う頻度が多いとき➀正直に理由を言って話す 恋人と会う頻度が多すぎるように感じるときには、正直に相手に理由を言って話し、会う頻度を少なくすることにしましょう。

会う頻度が多いと感じていると、だんだんと相手にうんざりするようになってしまいますし、経済的にも厳しいですよね。

それらの理由は率直に相手に伝えた方が、気持ちをきちんと分かってもらえます。

会う頻度で彼氏の心理を推し量ることができます。

最近、彼氏と会う頻度は増えましたか?減りましたか?下記の記事も参考にしてみてくださいね。

会う頻度が多いとき②いきなり彼氏・彼女の連絡を無視しない 恋人と会う頻度が多すぎるように感じている場合でも、いきなり彼氏や彼女の連絡を無視するようになってはいけません。

それでは、無視された方が傷ついてしまうでしょう。

会う頻度が多いと感じているときも、いきなり無視をするのではなく、きちんと話をするように努めてください。

会う頻度が多いとき③たまのデートをリッチでレアに 恋人と会う頻度が多すぎるように感じている場合には、デートの回数を減らして、その分だけ内容を充実させるようにしましょう。

毎日のように会っていると、だんだんとデートの内容もマンネリになってしまいますし、考える気力もなくなってきますよね。

デートの回数を減らすことで、内容を充実させて満足感のあるものに変えることを提案してみてください。

毎日会っているよりも、そちらの方がお互いの気持ちが深まっていくように感じるはずです。

楽しくないと感じながら会うよりは、充実感のあるデートを彼氏や彼女とたまにする方が良いはずです。

会う頻度が多いとき④理由をつけて恋人との約束を断る 恋人と会う頻度が多すぎるように感じている場合には、理由をつけて彼氏や彼女との約束を断るのも良いかもしれません。

仕事が忙しい、体調が悪いというのは角が立たなくて良いでしょう。

相手と話をすることが一番に大切ではありますが、相手が聞く耳を持っていない時には、この方法で一度デートをお休みしてみてください。

会う頻度が多いとき⑤友達との約束で先約を作ってしまう デートの回数が多いように感じているのなら、いっそ、友人との先約を入れてしまうのも良いですね。

毎回のように会っているのなら、「次の休日は友達と遊びに行くんだ」と言って断りましょう。

それで機嫌を悪くされるのなら束縛が強すぎます。

たまに友人と遊びに行くというのは、デートを断る良い口実です。

ちょうど良い頻度で会うことで恋人との仲が深まる! 付き合って「彼氏・彼女」になると、いつでも一緒にいたいという気持ちがわいてきます。

ですが、その気持ちに従ってずっと一緒にいると、恋人同士としての熱は冷めてきてしまいます。

かといって少なければ熱を持続させることはできません。

ちょうど良い頻度で会うことで、恋人との仲を深めることができるのです。

キーワード

  • 頻度
  • 恋人
  • デート
  • 社会人
  • 時期
  • 1回
  • 彼氏
  • 高校生
  • カップル
  • 大学生
  • 恋人同士
  • 2週間
  • 回数
  • 同棲