恋愛

付き合う前のスキンシップはどこまでOK?ハグやキスをする恋愛心理も

2018年08月11日更新
付き合う前のスキンシップはどこまでOK?ハグやキスをする恋愛心理も

付き合う前のスキンシップはどこまで?大学生の場合4つ 付き合う前のスキンシップはどこまで?大学生編①初デートでは Instagram 大学生に対する「初デートではどこまでOK?」の問いに対しては、「手を繋ぐまでならアリ」と答える人が多いようです。

デートに誘う・誘われてOKする時点で、好意がある意味になるため、手を繋ぐくらいなら問題無いとする人が多いとされます。

ただ、手の繋ぎ方には気を付けましょう。

初デートなのに恋人繋ぎをするのは、引かれてしまう可能性があります。

グイグイ行っても良いのは、初デート前にお互いをよく知っている者同士だけです。

そんなに知らないのであれば、普通の繋ぎ方であるシェイクハンドが無難と言えます。

また、初デートは恋愛関係につなげるために重要な時となります。

楽しいと思わせること、不快を与えないことが大事です。

初デートの段階で「グイグイ来ないから嫌」なんて人は稀なので、楽しい気分になれる雰囲気を考えましょう。

付き合う前のスキンシップはどこまで?大学生編②恋愛対象なら Instagram 初デートの段階では、好意よりも「この人は恋愛関係に発展しても大丈夫な人なのか?」という疑問が主体となります。

前々から好意があったとしても、2人っきりで出掛ける時の対応で冷めてしまうことだってあり得るのです。

初デートを経て、恋愛対象として定まったのであれば、手を繋ぐことにも慣れてくるでしょう。

そうすると、次のスキンシップが頭をよぎる人も出てきます。

しかし、まだ付き合う前です。

付き合う前だから、どこまでスキンシップして良いのか?迷う時期でもあります。

互いに恋愛対象と認識している場合は、デートを何回か重ねるうちに、付き合う前でもハグやキスに発展することはあり得ます。

ただし、付き合う前にどこまでスキンシップするか?については、たとえ大学生でも個人差があるようです。

付き合う前のスキンシップはどこまで?大学生編③ハグやキスは Instagram 友達などに「付き合う前にどこまでスキンシップする?」と質問してみると分かると思いますが、付き合うにどこまでスキンシップするのかは人それぞれの価値観が関係してきます。

付き合う前はハグまで・キスまでという人や、肉体まで・全て無しな人も少なからずいます。

大学生の場合はハグまでは問題無いが、キスは付き合う前にするものではないとしている場合も多いです。

大学生は交際する・別れるが短期間でもおかしくは無い頃ですので、デートを何回かしてから交際して初キスに至るケースも少なくありません。

20歳を超えた大学生であれば、付き合う前のスキンシップとしてハグやキスはしても良いかもしれませんが、学業に勤しむ者としてはあまり良い目で見られないでしょう。

価値観は色々ですが、とりあえず言えることは、付き合う前のスキンシップにどこまでもは無く、行ってもキスまでが最高ということです。

付き合う前のスキンシップはどこまで?大学生編④楽しいの違い Instagram 「楽しい」と思うことには、個人で違いがあります。

大学生でも色事や性的に頭が持っていかれている人もいますし、心根から真面目で堅い恋愛しかしたくない人もいます。

また、ワイワイするのが楽しい人もいれば、2人で過ごす静穏な時が楽しい人もいるでしょう。

付き合う前のスキンシップはどこまでか?という質問に対しての答えには、その人の価値観が現れます。

堅い人ほど、どこまで?の幅が狭い傾向にあるのはイメージしやすいでしょう。

そして、ワイワイ好きな人ほど、どこまで?の幅が広い傾向にあるのもイメージしやすいかと思います。

付き合う前のスキンシップがどこまで良いと考えるのか?は、その人のことを客観的に見ていれば分かります。

あなたが、どこまで?の幅が広い人を好ましく思わないなら、同じようにスキンシップに対して真面目さ・堅さがあるタイプを選ぶべきと言えます。

付き合う前のスキンシップはどこまで?社会人の場合3つ 付き合う前のスキンシップはどこまで?社会人編①ハグはOK Instagram 社会人になると、付き合う前にどこまでスキンシップOKか?の幅が広くなる傾向あります。

ハグに関しては、思春期あたりから過敏になる感じが見られますが、社会人になるとハグ=挨拶のような感覚で捉える人が増えるそうです。

そのため、初デートでもハグはアリとする人が多いとされます。

しかし、生理的に受け付けないタイプとはできません。

それは、年齢も性別も問わず言えることでしょう。

また、ハグと言っても自然なものが好ましく、いやらしいものは嫌われる原因となります。

付き合う前であることは、忘れないようにしましょう。

交際している中でいやらしいハグをするのはあるかもしれませんが、付き合う前には良くないです。

段階としては、付き合う前にデートを重ねるなら、ハグの前に手を繋ぐことがあっても良いでしょう。

付き合う前のスキンシップはどこまで?社会人編②キスは賛否 Instagram 付き合う前のキスに関しては、社会人になるとOKとNOの人が半々くらいの率で分かれます。

OKの意見には「社会人で大人だから付き合う前にキスくらいは良いかな」などがあり、NOの意見には「軽い人と思われたくないから」などがありました。

キス文化がある国では付き合う前にキスするのは当たり前!というイメージを持つ人もいますが、恋愛のキスは違います。

宗教に基づく考え方はありますが、基本的に人それぞれの思想があり、キス文化がある地域でも恋愛のキスを付き合う前にすることへは賛否あります。

また、キスOKと言っても「付き合う前にディープな感じはNO」という人は多いです。

雰囲気や相手の態度を見て、キスの有無・程度は考えた方が良いでしょう。

付き合う前のスキンシップはどこまで?社会人編③9%は初デートでも肉体可 Instagram 付き合う前のスキンシップはどこまでか?という話題では、社会人になると肉体関係の話も当たり前のように含まれてきます。

ある社会人女性向けアンケートによれば「付き合う前に肉体は無し」とする人が多い中、100%中9%くらいは「付き合う前は肉体までOK」としているそうです。

社会人になると、肉体の相性に目を向ける人が若干増えることが関係していると言われています。

しかし、軽々しいのを嫌う人は多いので、一般的には「付き合う前に肉体は無し」と考えている人が大半です。

また、貞操観念の有無や性に関する真面目さが分かります。

付き合う前に肉体までOKな人は、それに欠ける部分があることは否定できません。

しかし、付き合う前はダメとしていても、それが強く存在しているとも言い切れません。

性に関する真面目さを重んじるなら、価値観を聞いたり、行動や態度の観察をすると良いでしょう。

付き合う前にスキンシップをする男性心理4つ 付き合う前にスキンシップをする男性心理①好きだから Instagram 付き合う前のスキンシップには、「好意」の男性心理があります。

しかし、スキンシップの部位や仕方にもよります。

部位では、顔へのスキンシップは「キスの予感をさせる」ため、好意の心理が窺えます。

手へのスキンシップも「手を繋ぐ予感」をさせるので、好意の心理があると考えられます。

男性は女性よりも基本的にスキンシップ好きだと言われているため、好きな人には触れたがるそうです。

また、好きな人・魅力のある女性に触れられることを嬉しいと感じる男性も多いとされます。

ただし、全員がそうでは無いことは踏まえてください。

付き合う前にスキンシップをする男性心理②可愛いから Instagram 頭や髪にスキンシップする場合には、「可愛いなぁ」とか「守ってあげたいな」という男性心理が働いている可能性があります。

動物や子供に対する感情と似ており、ただその意味合いだけのこともあれば、恋愛的な好意の意味を含む場合もあるそうです。

付き合う前にこのスキンシップをする男性には、大きく分けて2つのタイプがいます。

1つは下心の無い兄さん気質の人、もう1つは願わくば下心の人です。

前者は恋愛感情よりも、妹のように思っている節が強いです。

後者の場合は、隙あらばのタイプと、同意が得られればのタイプがいます。

付き合う前にスキンシップをする男性心理③距離感確認 Instagram 付き合う前にスキンシップする男性の中には、距離感を確認したい心理が働いている人もいます。

「自分にどのくらい気を許しているのか?」といったことを、スキンシップで確かめているのです。

この心理が働いているスキンシップでは、本命であるほどいやらしい感じのものはしてきません。

多くは肩にスキンシップをし、肩に手を回しても大丈夫なくらいなのか?をチェックするのだと言われています。

しかし、下心を持って肩に触れたり、距離感確認の心理を働かせる人もいます。

その場合、いやらしい感じが分かると思いますので、好ましく無いなら拒否を示しましょう。

付き合う前にスキンシップをする男性心理④下心がある Instagram 腰・胸・尻・太腿へのスキンシップは、「下心」の心理が強いと言われています。

増して、付き合う前にそれらの部位にスキンシップをしてきた場合には、体だけを目当てとしている可能性があります。

つまり、交際する気は無いということです。

女性側のことを大切に扱えるタイプでは無いので、自分の幸せ・将来のこと・軽い女に思われたく無いなどがあるなら、拒否を示すべきと言えます。

しつこく来ることはあるかもしれませんが、落とせそうに無い人にはこないので、拒否を示し続けましょう。

付き合う前にスキンシップをする女性心理4つ 付き合う前にスキンシップをする女性心理①仲良くなりたい Instagram 付き合う前にスキンシップする女性には、「仲良くなりたい」心理が働いている可能性があります。

あるいは、「私の好意に気付いてほしい」心理を持っている可能性が考えられます。

女性は興味の無い相手にスキンシップはしないので、好きだから仲良くなりたい・好意に気付いてほしい・あなたが必要など、好意や好感の意味を込めてスキンシップすることが多いと言われています。

付き合う前にスキンシップをする女性心理②気持ちを知るため Instagram 付き合う前にスキンシップをする女性には「相手が自分のことをどう思っているのか知りたい」心理が働いていることもあり、これは言い換えれば試しているようなものです。

スキンシップは触れることですので、好意を持たれていない場合には反応を見れば大方分かります。

逆に好意を持たれている場合も大方分かるため、付き合う前・告白前に自分への気持ちを知る目的でスキンシップを行う女性もいます。

付き合う前にスキンシップをする女性心理③ライバル対策 Instagram 他の女性の前でわざわざスキンシップを取り、仲が良さそうに見せる場合は「この人は私のものだから」というライバルを寄せ付けないようにしたい心理が働いている可能性があります。

このタイプの女性は独占欲が高く、性格的に怖い部分があることが窺えます。

ライバルとしてはなかなかの強敵になるかもしれませんが、その男性のことが好きなら、あなたはあなたらしく純粋な心で接して行けば良いでしょう。

付き合う前にスキンシップをする女性心理④自信あるアピール法 Instagram 付き合う前にスキンシップする女性の中には、「スキンシップでアピールするしか自信が無い」心理を持っている人もいます。

このタイプは自身が持つ女性的なスタイルを過信していたり、全ての男性は胸に弱いと思い込んでいたり、触れば意識されるという思想を持っている節があります。

そして、付き合う前にどこまでOK?の価値観が低い傾向にあります。

同性から見ると違和感や不快を覚えるようなスキンシップの場合は、「触れる=性的=落ちる」と思い込んでいる可能性が高いです。

好意を持たせたいにしても方法が下品なので、それで落ちる男性も男性です。

どこまでOK?告白寸前の相手へのスキンシップをする際の注意点4つ 告白寸前にするスキンシップの注意点①過度にならない Instagram 告白寸前ともなると、大分距離感が縮まってる感覚を得られているかと思いますが、だからと言って調子に乗ってはいけません。

誠実なお付き合いを考えるのであれば、告白寸前でも「どこまで良いか?」はちゃんと考えながら、深いスキンシップは控えましょう。

付き合う前のスキンシップは、男性は「女性からしてるのを待つべし!」だと言われています。

誠実なお付き合いを考えている女性ほど男性からのスキンシップには警戒を示すことが多いので、女性からスキンシップしてくれるのを待った方が良いと言えます。

告白寸前にするスキンシップの注意点②手を繋ぐことは男性がリードを Instagram 上には「女性からのスキンシップを待つべし!」と書きましたが、手を繋ぐくらいは男性側がリードしても良いでしょう。

それ以上のことは考えず、紳士な姿勢であるのが一番です。

その姿勢は、付き合ってからも、結婚してからも続くことが望ましく、女性側にも男性からの優しさや愛情を受け取る意識が必要になります。

結婚をしたいなら、先のことも考えて、一緒に居ても大丈夫な相手なのか?を判断すべきと言えます。

告白寸前にするスキンシップの注意点③キスはムードによる Instagram 付き合う前・告白寸前のキスは、ムードによってはOKです。

特に社会人ではそういったムードになることが多いため、キスだけで終わるなら、誠実な恋愛の中でも付き合う前にキスをすることもあります。

告白寸前でキスをして、告白に至ることもあるでしょう。

ただし、ディープなキスは避けましょう。

告白寸前のキスは、お互いに好意を持っているなら軽いものは許されますが、女性は深いキスを好まない人が少なくないので、告白寸前で嫌われないように配慮する意識は必要になります。

告白寸前であろうと、寸前でなかろうと、相手を大切にする意識は重要です。

告白寸前にするスキンシップの注意点④誠実な恋愛を望むなら肉体は× Instagram 告白寸前くらいの距離感になると、肉体の関係が頭をよぎることもあるでしょう。

しかし、誠実なお付き合いを考えるなら付き合う前の肉体関係は避けた方が良いです。

肉体の相性は、交際してからでも分かるからです。

肉体関係はパートナー同士がもつものですので、誠実な人ほど付き合う前にはしません。

ただし、告白して直ぐにそうなるのは、告白の価値が低いと考えられます。

誠実な恋愛や結婚生活を求めるなら、相手の言動をよく観察・分析し、冷静かつ現実的に判断をすることです。

付き合う前はどこまでOK?恋愛やデートの定義が書かれた本・書籍は? 愛情セミナー Instagram 男女から結婚、その後のことにかけて書かれた、恋愛バイブルのような書籍です。

実体験に基づいた内容も多く、実際に読んだ人の評価も良い傾向にあります。

内容には、少し難しい部分もあれば、この教えを貫くのは簡単では無いと思えることもあるようですが、参考にしてみてはいかがでしょう。

Amazonで詳細を見る 付き合う前にどこまでスキンシップするかは人それぞれ!ただし誠意は大事 付き合う前のスキンシップはどこまで?についてお伝えしましたが、どこまでスキンシップできるのか?どこまでしたいのか?は個人や目的により異なります。

ただ、誠実性のことを踏まえると、付き合う前や初デート時はキスまでが限度だと考えられています。

はじまりが肉体であったとしても、その後は誠実に関係性を続けているカップルも世の中には存在しますが、状況によって「それでも良い」と言えることもあれば「それは間違っている」となることもあるので、現実的な判断をすることが人としての行動だと言えます。

大切なのは、現実的に大切にすべき存在を大切にできるのか?です。

その意識に欠ける人とは、一緒に居ても良くないことばかりであり、不満も蓄積されるでしょう。

パートナーが互いに大切にし合える関係性、家庭を持つなら、子供の良い手本となるような夫婦や家庭を築くことを考えて、相手を選びましょう。

キーワード

  • スキンシップ
  • キス
  • 好意
  • OK
  • 告白寸前
  • ハグ
  • 心理
  • 社会人
  • 大学生
  • 肉体
  • 恋愛
  • 誠実
  • 男性心理
  • 可能性
  • 告白