恋愛

付き合ってすぐスピード結婚した理由7選|出会い方や不安などは?

2018年08月13日更新
付き合ってすぐスピード結婚した理由7選|出会い方や不安などは?

付き合ってすぐ結婚!スピード結婚ってどのくらい早い? 彼氏・彼女の関係になってから1年未満 付き合ってすぐ結婚することをスピード結婚と言いますが、この基準についてはご存知でしょうか。

スピード結婚は、交際1年に満たないカップルが結婚を決めることを言います。

中には、交際開始から2か月ほどですぐに結婚をしてしまうスピード結婚カップルもいます。

スピード結婚にはメリットもデメリットもある! このスピード結婚ですが、世間的にはあまり良く言われないと言うデメリットがあります。

この理由にはどのようなところがあるのでしょうか。

また、デメリットがありながらも、付き合ってすぐに結婚したいと考えるカップルは後を絶ちません。

それぞれの理由やメリット、デメリットはどこにあるのでしょうか。

付き合ってすぐスピード結婚した理由7選 理由①付き合ってすぐ結婚したい完璧な運命の相手だった 付き合ってすぐに結婚してしまった理由の一つ目には、「運命の人に出会った」と感じたことが挙げられます。

付き合ってすぐであったとしても、相手との相性が良く、お互いにフィーリングが合って運命だと思えば、結婚してしまってもおかしくはありません。

一生大事にできるような素敵な人と出会ったからこそ、結婚を躊躇うような理由はないように感じてしまうのです。

彼氏、彼女と言う枠組みで一緒にいるよりも、夫婦になってしまった方が強固な絆が生まるものです。

すぐに結婚したい二人は、運命的に出会ったからこそなのかもしれません。

理由②子どもができたのですぐ結婚しなければいけなかった スピード結婚の理由としてよく挙げられるのは、子どもができたからというものです。

いわゆる「授かり婚」ということですね。

ロマンチックと言うよりは現実的な理由からの結婚ではありますが、子どもが生まれる前にと考えると、付き合ってすぐでも結婚を決めてしまわなければいけない状況です。

理由③元彼氏・元彼女とのダラダラした恋愛にうんざりしていた 付き合ってすぐ結婚したカップルは、お互い、交際直前まで付き合っていた相手がいた可能性が高いものです。

その相手との結婚を夢見ていたのに、なぜかダラダラと付き合い続け、結婚できない状態にあったのではないでしょうか。

結婚できるわけでもなく付き合い続ける関係性は、結婚願望が高い人であれば、苛立ち、失望していくものでしょう。

そんな関係にきっぱりと見切りをつけて次の人を探している心理だったからこそ、次の彼氏、次の彼女とは、すぐに結婚をしたいという気持ちになったのです。

理由④すぐ結婚したいほど条件があっていた スピード結婚を決めた理由として、相手の条件が理想的だったというものもあります。

結婚はロマンチックな側面だけではなく、現実的な条件が重要です。

年収や家庭に対する考え方など、最終的にはそういった条件が合わなければ結婚することはできません。

交際開始からすぐに結婚したいと思える相手と言うのは、それらの現実的な条件がぴったり合っている相手だからこそでしょう。

少しでも条件から外れていれば、様子見で結婚を躊躇ってしまいます。

結婚の現実的な側面が、スピード婚を後押ししたということになりますね。

理由⑤子供を作るタイムリミットが近付いていた 付き合ってすぐに結婚を決めた理由には、子どもを作るためのタイムリミットが近付いていたというものもあります。

女性の場合には、35歳くらいがぎりぎりの年齢だと言われています。

男性は年齢は関係ありませんが、老後のことを考えると早めに作っておいた方が良いことは確かですよね。

子どもを望んでいない二人なら良いかもしれませんが、子どもを望んでいるカップルの場合には、年齢的な制限も考えると、すぐに結婚を決めてしまった方が良いケースもあります。

年齢的に焦りを感じているので、結婚に躊躇いがないということもあるでしょう。

理由⑥結婚に対して親があまりにうるさかった 結婚をうるさく急かすような親がいる場合には、すぐに結婚したいと思ってもおかしくはありません。

現代では晩婚化が進んでいますので、適齢期の娘や息子が結婚していないとなると、親も焦ります。

付き合ってすぐに結婚を決めたのは、親や周囲からの圧力に負けたという理由もあるでしょう。

理由⑦結婚前提で付き合っていた そもそも結婚前提でき付き合っているカップルの場合には、ゴールが見えているので、付き合ってすぐの結婚であったとしてもおかしくありません。

結婚前提でのお付き合いは、例えば婚活やお見合いで出会ったのなら当たり前の話ですよね。

結婚を目的としているので、長々と付き合っていても意味がないカップルもいるのです。

付き合ってすぐ結婚はありえない派の不安7選 不安①付き合ってすぐの結婚は世間体が悪い 付き合ってすぐの結婚が抱える不安の一つは、世間的に受け入れてもらえないというものがあります。

世の中の人は、スピード婚にあまり良い顔をしません。

親や親戚も「もう少し相手のことを知ってからにしては?」と言ってくるかもしれませんね。

そうした世間の声に耐えなければいけないのが、付き合ってすぐの結婚です。

交際期間の短い結婚は、色々探られることもありますし、それくらいなら、ゆっくり付き合って結婚を考えても良いのではと、スピード結婚を躊躇う人も少なくありません。

不安②付き合ってすぐの結婚は離婚率が高い 付き合ってすぐの結婚は、離婚率が高いという問題もあります。

誰しも完璧な結婚をすることは難しいかもしれませんが、特にスピード婚の場合には、結婚生活が上手くいかなくなることが多いことで知られているのです。

自分もそうなったら、と言う不安はスピード結婚にはつきものですね。

不安③スピード婚では嫌なところが目に入っていない 付き合ってすぐの結婚は、出会いから間もなく結婚してしまうので、相手のことが完璧に分かっている状態ではありません。

だからこそ、相手の嫌な部分を知らないままに結婚してしまう可能性があるのです。

人間は誰も完璧な存在ではありませんが、耐えられる嫌な部分と、耐えられない嫌な部分があるはずです。

結婚してから相手の嫌な部分がたくさん見えてしまう可能性が高いのが、付き合ってすぐに結婚するカップルの特徴です。

不安④恋愛の盛り上がりと結婚は別物 恋愛で盛り上がっているときには結婚への気持ちが高まりますが、恋愛と結婚は別物であり、両者を混合していると、結婚に失敗する可能性が高くなります。

恋愛で盛り上がるのは、交際開始から3ヶ月ころまでです。

この時期までに結婚を決めると、ラブラブな状態で婚約することになるでしょう。

恋愛に試練が訪れるのは、その後からです。

長く付き合っていると相手に飽きることもありますし、相手の嫌な部分が露呈してくる時期もあります。

それを越えて結婚を決めれば、結婚生活でも障害に耐えられるかもしれません。

スピード結婚は、恋愛における試練を乗り越えないままに結婚するのが問題点なのです。

不安⑤譲れない条件が全ては見えていない 結婚の現実的な「条件」をお互いに把握しきっていないままの結婚が、スピード結婚です。

もちろん、結婚前にそれぞれの条件を確認してはいますが、その全てが見えていないままに結婚をする可能性が高いのです。

あとから「譲れない条件」を満たしていないことに気づいても時すでに遅しとなるのです。

不安⑥「好き」が理由ではない可能性がある 結婚は現実的なものではありますが、一片のロマンも混じらない結婚となりかねないのが、スピード結婚です。

付き合ってすぐに結婚を決められたのは、相手の条件しか確認していないからかもしれません。

結婚は条件ですが、そこに愛情のかけらもなければ、一緒にいても空しいだけですよね。

通常は、お互いの愛情が深まってから結婚をすることになります。

好きだという気持ちがあるからこそ、色々な問題に耐えて家庭を作ろうとするのです。

ですが、スピード結婚の場合は、片方は愛情を全く持たずに結婚しているかもしれません。

これは家庭不和を招きかねない問題であり、スピード結婚の落とし穴ともなるでしょう。

不安⑦お互いの親戚との関係が不透明なまま 付き合ってすぐの結婚の場合には、お互いの親戚との関係がよく分からないままと言う問題もあります。

交際期間が長ければ、その間にお互いの家族との交流もあるでしょう。

ですが、交際期間が短い結婚の場合には、完璧に相手の家庭を把握しないままに結婚を決めてしまう可能性があるのです。

結婚は、両者が合意することで成り立ってはいますが、お互いの家族を全く無視するわけにはいきません。

相手のことが好きでも、相手の家族とは水と油の関係になる可能性もあるのです。

スピード結婚の場合には、こうした相手の家族との関係は把握できないのが問題です。

付き合ってすぐ結婚した人との出会いはどんな感じだった? 出会い①婚活やお見合いですぐ結婚 付き合ってすぐのスピード結婚の出会いとして多くあるのが、婚活パーティーやお見合いでの出会いです。

こういった「結婚を目的とした男女」として出会った場合には、恋愛感情よりも先に、お互いの条件や結婚に対する考え方をチェックすることとなります。

結婚したいと思って出会っているので、結婚を躊躇う理由はありません。

言い方を変えれば、お見合いや婚活パーティーはスピード婚で着る相手を探す場所ということになるかもしれませんね。

お見合い結婚に関しては、以下の関連記事も参考になりますよ。

お見合い婚の実際に興味がある方はぜひこちらも見てみてください。

出会い②大失恋後に付き合ってすぐ結婚 付き合ってすぐに結婚した彼氏、彼女の出会いとしては、大失恋後という状況もよくあるようですね。

お互いに大事な人をなくしたばかりで、誰でも良いから一緒にいたい、誰でも良いから結婚したいと思っている状態なのです。

その状態の時に出会って付き合えば、すぐに結婚したいという気持ちになってもおかしくはありません。

彼氏・彼女共に結婚への気持ちが高まった中での交際なので、何もためらうことなく結婚を決めてしまうのです。

最も、相手のことが完璧には見えていない状態にはありますが、気持ちが高まっているので、周囲の声も耳に入っていない可能性もありますね。

出会い③友人との急接近で付き合ってすぐ結婚 付き合ってすぐに結婚する二人の出会い自体は、交際開始よりかなり前ということもあります。

それまでに友人としてはお互いのことを知り尽くしているという状態なのです。

男女の友人の場合、いつまでも友情関係が続くわけでもありません。

急接近して恋愛関係になるということもあるはずです。

友人歴が長い相手なら、お互いのことを理解しているので、全く相手のことを知らないままに結婚を決めたということはありません。

友人としてではなく、彼氏や彼女として良い関係を築けると分かれば、すぐに結婚を決めてもおかしくはないのです。

出会い④一目ぼれしてすぐに結婚 付き合ってすぐに結婚したいと思ったカップルの場合には、どちらかが相手に一目ぼれをしているケースも多くあるようです。

一目ぼれで相手に夢中になっているので、少なくともどちらかは、「他の人に渡したくない」「運命だ」と思っているのです。

そのため、猛烈にアピールをして結婚を急ぐことになるのです。

一目惚れは本当にあるのか?一目惚れをして彼氏・彼女の関係にまでなれるのか?一目惚れをすると人はどうなってしまうのか?というところに興味がある方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

一目惚れをする男女の心理について学ぶことができるはずです。

付き合ってすぐ結婚にはメリットもデメリットもある! 付き合ってすぐの結婚のメリットやデメリットは理解できましたでしょうか。

スピード結婚には良い面もありますが、悪いところもたくさんあります。

目の前にいる将来の「伴侶」となる彼氏や彼女のことをしっかり見極めて、後悔のない結婚をしたいですね。

スピード婚に関しては、以下の記事も関連した内容です。

付き合ってすぐ結婚をするカップルについて興味がある方は、ぜひ以下の関連記事にも目を通してみてくださいね。

キーワード

  • 結婚
  • スピード
  • 理由
  • 条件
  • すぐ
  • 不安
  • カップル
  • 可能性
  • 彼氏
  • 恋愛
  • 状態
  • デメリット
  • 子ども
  • 完璧
  • お見合い