ライフスタイル

女の幸せな生き方とは何か?勝ち組・負け組だと思う瞬間11選も

2018年08月15日更新
女の幸せな生き方とは何か?勝ち組・負け組だと思う瞬間11選も

女の幸せとは|幸せを感じる瞬間5選 女の幸せとは|幸せを感じる瞬間①結婚したとき 女の幸せとして女性が幸せを感じる瞬間のひとつめは、結婚したときです。

やはり、女の幸せとしてまず挙がるのは、結婚です。

結婚というのは、自分が愛する人と出会い、生涯かけて一緒に過ごしていくことです。

恋愛での幸せ以上に、将来的な安心感が得られることが大きなポイントです。

彼氏がいたとしても、将来性がないものもあります。

その瞬間の幸せは味わえても、心からホッとするような幸せは感じられません。

しかし、結婚をしたということになれば、お互いに信頼できる相手と生きることの幸せを感じることができるのです。

女の幸せとは|幸せを感じる瞬間②仕事で成功したとき 女の幸せとして女性が幸せを感じる瞬間の2つめは、仕事で成功したときです。

女性でも仕事を持ってバリバリと働く人が増えています。

結婚だけを目標にせず、仕事でも一生懸命働く女性は、仕事に対しても目標を持って臨んでいます。

例え結婚したとしても、仕事を続けたいと考えます。

自分の仕事で成功を納めたり、自分でビジネスをスタートさせ軌道に乗ったなど、仕事で成功するということも女性の幸せのひとつです。

男性であっても、女性であっても仕事での成功は喜びがあるでしょう。

女性であっても、仕事での成功というのは自分の生きる力の自信や、収入面などの喜びにもなります。

女の幸せとは|幸せを感じる瞬間③子供を持ったとき 女の幸せとして女性が幸せを感じる瞬間の3つめは、子供を持ったときです。

結婚をし、子供を持つことは女性にとって幸せの瞬間です。

特に出産を経験できるのは、女性だけの特典であり、女性としての大きな喜びを感じられます。

そして、新たな家族が誕生する喜びをパートナーと分かち合える事も幸せです。

特に子供を望んでいる女性であれば、自分の子供を持つということは、他には代えられない幸せを得られます。

子供を持ち、その子供を育てるという母としての幸せを経験できるのは、大きな幸せだといえるでしょう。

女の幸せとは|幸せを感じる瞬間④お金にゆとりがあると感じたとき 女の幸せとして女性が幸せを感じる瞬間の4つめは、お金にゆとりがあると感じたときです。

やはり、生活をする上で経済的な余裕というのは、幸せのバロメーターでもあります。

もちろん幸せの価値はお金ではありませんが、お金を得ることで自分の欲求を満たすことにもつながります。

節約ばかりする人生はやはり楽しみに欠けます。

幸せを感じるためには、自分の好きな事をすることも大切です。

経済的な余裕ができれば、楽しみも増え心にゆとりを持てます。

お金の心配をしながら贅沢をすれば、ストレスを感じますが、お金の余裕があれば心からたのしむことができます。

女の幸せとは|幸せを感じる瞬間⑤信頼できる女性の友達に恵まれたとき 女の幸せとは、女性が幸せを感じる瞬間5つめは、同性の友達に恵まれたときです。

女性である幸せを感じられる女性の友達の存在は、家族とは別ですが、非常に大切なものとなります。

自分が辛い時期に支えてくれたり、一緒に時間を共有することで、幸せな瞬間を味わうことができます。

大切な同性の友達であれば、特別なことをしなくても、ただおしゃべりをしたり、気持ちを語るだけでも素敵な時間を過ごす事ができます。

そして、中々逢えない距離にいたとしても、連絡を取れる友達がいることは、大きな幸せとなるでしょう。

女の幸せとは|自分が勝ち組だと感じる瞬間6選 女の幸せとは|自分が勝ち組だと感じる瞬間①結婚で裕福な暮らしとなった 女の幸せとは、自分が勝ち組だと感じる瞬間のひとつめは、結婚をしたことで裕福な暮らしが得られたことです。

結婚相手に経済力のある相手を選んだことで、結婚後の暮らしが豊かになった場合、いわゆる玉の輿のような状況です。

女性が結婚相手に求めるものは、経済力が含まれている場合が多くあります。

もちろんお金だけではありませんが、ある程度の経済力は生活の為に必要です。

一定以上の裕福さがある家庭を持てたのであれば、勝ち組と感じるのは当然だといえます。

他に付随するものがどうかはわかりませんが、経済的なメリットというのは、勝ち組と言われる理由のひとつになります。

女の幸せとは|自分が勝ち組だと感じる瞬間②子供がいること 女の幸せとは、自分が勝ち組だと感じる瞬間2つめは、子供がいることです。

結婚をし、子供を持てたということは、女性として幸せを感じられることであり、勝ち組みと考えられる場合もあります。

諸事情で子供が出来ないという人でも、養子縁組を考えることで、子供を持つ幸せを得られている人はいます。

子供がいることを勝ち組と捉えられるかと言えば、考え方によっては、勝ち組と捉えない人もいるかもしれません。

しかし、子供を持つことで大変さはあっても、何にも代えられない大切な経験を得られる事ができます。

そういった意味を含めて、勝ち組と考えられるでしょう。

女の幸せとは|自分が勝ち組だと感じる瞬間③何かの仕事で活躍している 女の幸せとは、自分が勝ち組だと感じる瞬間3つめは、仕事で活躍をしている事です。

キャリアアップを目指して自分の仕事を頑張ることで、出世をしたり、新たに自分でビジネスを始めるなど、仕事で活躍する女性は、勝ち組だといえるでしょう。

出世やキャリアアップによって、収入がアップする事も大きなポイントです。

結婚と仕事を両立して続ける女性も多くおり、家庭を持ちながらも自分のキャリアに挑戦し続ける女性は、ハードではありながらも仕事のやりがいを感じられ、経済的な余裕も持つことができます。

女性であっても、キャリアがあるということは強みであり、勝ち組と言われる要因となるでしょう。

女の幸せとは|自分が勝ち組だと感じる瞬間④温かい家庭が作れた 女の幸せとは、自分が勝ち組だと感じる瞬間4つめは、温かい家庭が作れたときです。

結婚し子供に恵まれ新しい家族ができることは、女性として幸せを感じられる事です。

そして、家族での生活というのは、毎日様々なことが起き、笑いや涙に溢れます。

時には喧嘩もしたり、子供の問題を抱えることもあります。

しかし、信頼や絆でつながった家族というのは、大切な存在となり、温かな家庭を作れたのであれば、勝ち組だといえるでしょう。

家族には色々な形があり、状況も様々ですが、自分にとって大切な家庭を持てたということは、最高の幸せではないでしょうか。

女の幸せとは|自分が勝ち組だと感じる瞬間⑤自立して生きる道を掴んだ 女の幸せとは、自分が勝ち組だと感じる瞬間の5つめは、自立して生きる道を掴んだことです。

働きながらスキルを身に着け、貯めたお金で不動産を購入し、結婚をしなくても一人で生活する基盤を持つことは、勝ち組と考えて良いでしょう。

両親などにも頼らず、将来を見据えて自立する基盤を作っておけば安心です。

もちろん借金を背負うような事ではなく、自分の貯金などを上手く使う事で、女性であっても自立した生き方を選ぶ事ができます。

結婚という道を選ばない人も世の中にはいます。

その代わり、自身で生活ができる基盤を持つことは、生きていく為の先行投資として重要だと言えるでしょう。

女の幸せとは|自分が勝ち組だと感じる瞬間⑥自由な生き方を掴んだ 女の幸せとは、自分が勝ち組だと感じる瞬間の6つめは、自由な生き方を掴んだ女性です。

何かを見つけ、自分の生き方を大きく変えて生きる事を選ぶのは、今まであった安定を捨てたり、当たり前のようにあった環境をガラリと変える冒険のような状態です。

それ以上に大切な事を生きがいとして見つけられた人は勝ち組です。

世間体や周りの目などを気にせず、人生の方向を大きく変え、生きがいをみつけたのであれば、心が豊かになる勝ち組なのです。

お金や物質などには代えられない幸せの形を見つけられた女性は、勇気があり素敵だといえるでしょう。

女の幸せとは|自分が負け組だと感じる瞬間5選 女の幸せとは|自分が負け組だと感じる瞬間①30代を過ぎても独身 女の幸せとは、自分が負け組だと感じる瞬間のひとつめは、30代を過ぎても独身である事です。

結婚が勝ち組だとすると、必然的に独身であることは負け組とされてしまいやすいと言えます。

もちろん、結婚をしないと考えている人もおり、絶対に負け組だと言う事ではありませんが、一般的に言われやすいと言えます。

結婚を女性の幸せだと考える人や、世間体などを気にしてしまう人などは、結婚をしていない事で負け組だと考えてしまいます。

結婚や子供がいない人生についての関連記事も参考にしてみて下さい。

女の幸せとは|自分が負け組だと感じる瞬間②安定した職業についていない 女の幸せとは、自分が負け組だと感じる瞬間の2つめは、安定した職業についていない事です。

職を転々としていたり、正社員雇用ではなく、派遣などを渡り歩いていたりする事で、安定した仕事がない場合のケースです。

特に30代を過ぎてもその状態が続くと、収入面での不安が出てきます。

職を変えながらも、自分に合った仕事を見つけて、その仕事を続けているのであれば、ある程度の安心感があります。

しかし、どの職場に行っても辞め癖がついていたり、長続きしない場合は、収入も中々増えていかなくなります。

その為、負け組ということになってしまいます。

女の幸せとは|自分が負け組だと感じる瞬間③結婚相手が低収入 女の幸せとは、自分が負け組だと感じる瞬間の3つめは、結婚相手の収入が低いことです。

これは、結婚相手の収入が高いことが勝ち組となることと逆の意味になります。

結婚相手の収入が低いことで、生活レベルが下がってしまうことが負け組と言われてしまう要因となってしまうのです。

あまり仕事をしない相手を選んだり、結婚後何らかの理由で相手の収入が下がったことで、生活が頻拍してしまう事があります。

そんな状況を迎えた事で、裕福な暮らしをする人と比べて負け組と言われてしまうのです。

女の幸せとは|自分が負け組だと感じる瞬間④やりたいことが何みつからない 女の幸せとは、自分が負け組だと感じる瞬間の3つめは、やりたいことがみつからない事です。

周りの女性達は、仕事や趣味、家庭や育児など何らかの事に熱中しているのに、何も熱中できるものがみつからないのは、負け組と思われてしまう理由のひとつとなります。

独身で彼氏もいなく、仕事はしているものの、特に楽しいわけでもなく、趣味も特にない生活は、単調で退屈な生き方になってしまいます。

そんな生活を送っていれば、楽しいことも起きず、ネガティブになりやすくなります。

その結果、負け組とされてしまう事になります。

女の幸せとは|自分が負け組だと感じる瞬間⑤女性友達がいないと感じた時 女の幸せとは、自分が負け組だと感じる瞬間の5つめは、友達がいないと感じたときです。

信頼できる友達がいるという安心感は、勝ち組にあったように、幸せを感じられるポイントとなります。

気づいたら、友人が結婚をして疎遠になったり、仕事が忙しくて疎遠になってしまい、気づいたら友達がいないという場合があります。

気軽に遊べる友達がいなくなり、自分の悩みを側で聞いてくれる人がいなくなってしまうと気持ちもネガティブになってしまいます。

そんな時、負け組だという感情が浮かんでしまう事になります。

女の幸せは結婚だと長年言われ続けてきたのは何故? 女の幸せは結婚!経済的な安定を得られるから 女の幸せは結婚だと長年言われ続けてきたのは、女性が今のように社会進出をする事が当たり前ではなかった事から、生活をしていくために経済力のある男性と結婚をする生き方が一般的な事でした。

そして、男性にとっても結婚は出世に関わる事でもありました。

女性は、結婚をしたら家事や育児に専念し、男性が経済を支えるというのが一般的でした。

その為、結婚をする事で女性は生活の安定を得られる事になるので、結婚が女の幸せと言われてきたのです。

結婚は女の幸せと家族の生き方を豊かにするから 女の幸せは結婚だと長年言われ続けてきた理由には、結婚しない女性は肩身の狭い思いをする事にもあります。

結婚をするのが当たり前であった時代は、結婚ができない女性というのは、恥だという考え方がありました。

世間体を気にする時代であった為、両親や親戚なども肩身の狭い思いをさせてしまいます。

結婚が女の幸せというのは、このような世間体などから考えて、家族も含めて幸せに出来るという事になるのです。

そして、結婚をする事で両親の老後も安心させる事になる為、結婚が女の幸せだと言われていたのです。

女の幸せとは何かを見つけてポジティブになっていこう 女の幸せとは何かを見つけて、ポジティブな生き方をみつけていきましょう。

結婚が女の幸せである場合もありますが、現代では、結婚以外にも生きる道は選べます。

勝ち組、負け組とされがちですが、一概にはカテゴライズできないものです。

自分らしい生きる道が何かを見つけて前向きな生き方を選んでいきましょう。

キーワード

  • 幸せ
  • 結婚
  • 勝ち組
  • 仕事
  • 負け組
  • 子供
  • つめ
  • 生き方
  • 友達
  • 生活
  • お金
  • 家族
  • 家庭
  • 安定
  • 収入