エンタメ

“考える人”ヨシタケシンスケの「大人が読んでも面白い」絵本の世界

2018年08月17日更新
“考える人”ヨシタケシンスケの「大人が読んでも面白い」絵本の世界
「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」でトップ10のうち4冊もランクインしたのが、ヨシタケシンスケさんの絵本と書籍。2013年に『りんごかもしれない』で絵本作家デビューしてから5年。いかにして、子どもだけでなく、周りの大人たちの心もつかむ絵本をたくさん生み出しているのか。「絵本作家という意味ではまだ全然、新人なんです」と語りながら、作品のありようについて常に考え続けているヨシタケさんに“大人の絵本の楽しみ方”を聞きました。 ヨシタケシンスケさん。2人の小学生の父親でもある この記事の画像(11枚) ◆ ◆ ◆ 「大人が読んでも面白いですね」と言われてうれしい理由 ――絵本作家として...

キーワード

  • 絵本
  • 子ども
  • 大人
  • ヨシタケ
  • 意味
  • 絵本作家
  • ヨシタケシンスケ
  • 要素
  • 冊子
  • 福音館書店
  • パン
  • 新書
  • ページ